> 作品評

作品評の記事一覧

(857件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

“内”にではなく“外”に開かれた希望ーー『空気人形』に通ずる『万引き家族』の空虚や孤独の可能性

“内”にではなく“外”に開かれた希望ーー『空気人形』に通ずる『万引き家族』の空虚や孤独の可能性

イーサン・ホークの“追い込まれ演技”を存分に堪能 『リミット・オブ・アサシン』は“怪作”だ!

イーサン・ホークの“追い込まれ演技”を存分に堪能 『リミット・オブ・アサシン』は“怪作”だ!

『バーフバリ 王の凱旋』完全版と国際版は何が違う? “ゴールデン・スパイス映画”のすごさを分析

『バーフバリ 王の凱旋』完全版と国際版は何が違う? “ゴールデン・スパイス映画”のすごさを分析

山田孝之と長澤まさみが恋に落ちる “笑い”と“ロマンチックさ”が絶妙な『50回目のファーストキス』

山田孝之と長澤まさみが恋に落ちる “笑い”と“ロマンチックさ”が絶妙な『50回目のファーストキス』

『デッドプール2』が提示する、社会のはみ出し者の視点からの解答 ヒーローとしての真の魅力を探る

『デッドプール2』が提示する、社会のはみ出し者の視点からの解答 ヒーローとしての真の魅力を探る

血みどろホラー・サスペンスの新たな快作! 『消された女』は最後まで観客の好奇心を刺激する

血みどろホラー・サスペンスの新たな快作! 『消された女』は最後まで観客の好奇心を刺激する

ウェス・アンダーソン監督自身が体現する“希望” 『犬ヶ島』は“新たな世界の見方”を伝える

ウェス・アンダーソン監督自身が体現する“希望” 『犬ヶ島』は“新たな世界の見方”を伝える

食い足りなさに感じる不思議な魅力 『デッドプール2』は“思春期に帰れる”

食い足りなさに感じる不思議な魅力 『デッドプール2』は“思春期に帰れる”

二つの世界を描いた二つの演出 『リディバイダー』は崩壊しつつある現実社会を映し出す

二つの世界を描いた二つの演出 『リディバイダー』は崩壊しつつある現実社会を映し出す

女性主人公の韓国ノワールに新たな一歩ーー『修羅の華』が描く、愛の狂気とシスターフッド

女性主人公の韓国ノワールに新たな一歩ーー『修羅の華』が描く、愛の狂気とシスターフッド

映画『恋は雨上がりのように』はなぜ説得力がある? 小松菜奈や大泉洋による再現度を考察

映画『恋は雨上がりのように』はなぜ説得力がある? 小松菜奈や大泉洋による再現度を考察

カッコ悪いけれど、カッコいいーー映画『馬の骨』が描く、『イカ天』魂にあふれた渾身の生き様

カッコ悪いけれど、カッコいいーー映画『馬の骨』が描く、『イカ天』魂にあふれた渾身の生き様

瑛太が体現する“結論付けられない現実”ーー映画『友罪』が投げかける“少年A”の問題を考える

瑛太が体現する“結論付けられない現実”ーー映画『友罪』が投げかける“少年A”の問題を考える

10年以上を経て完成したSFファンタジー『ユートピア』 時間をかけるにふさわしいテーマとは?

10年以上を経て完成したSFファンタジー『ユートピア』 時間をかけるにふさわしいテーマとは?

アメリカ社会の現状を描き出すーー『フロリダ・プロジェクト』が重要な作品になった理由

アメリカ社会の現状を描き出すーー『フロリダ・プロジェクト』が重要な作品になった理由

『四月の永い夢』が描く、喪失感からの解放 “気づき”によって世界は“詩的”なものへ

『四月の永い夢』が描く、喪失感からの解放 “気づき”によって世界は“詩的”なものへ

不道徳さと道徳的な要素が密接に絡み合う 『モリーズ・ゲーム』の立体的で複雑な人間像

不道徳さと道徳的な要素が密接に絡み合う 『モリーズ・ゲーム』の立体的で複雑な人間像

実写映画を超える思春期のリアル 『リズと青い鳥』に見る、京都アニメーション作品の映画的手法

実写映画を超える思春期のリアル 『リズと青い鳥』に見る、京都アニメーション作品の映画的手法

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版