> 作品評

作品評の記事一覧

(813件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

食肉処理場が舞台のラブストーリー 『心と体と』が描くシンプルで崇高な愛のドラマ

食肉処理場が舞台のラブストーリー 『心と体と』が描くシンプルで崇高な愛のドラマ

ひとりの少年を通して世界と出会う 『泳ぎすぎた夜』が思い出させる“自由な冒険心”

ひとりの少年を通して世界と出会う 『泳ぎすぎた夜』が思い出させる“自由な冒険心”

『鋼鉄の雨』は韓国版『シン・ゴジラ』か? 韓国映画に通底する“未完の近代”としての自画像

『鋼鉄の雨』は韓国版『シン・ゴジラ』か? 韓国映画に通底する“未完の近代”としての自画像

松江哲明が語る『ドキュメンタル』の革新性 「この番組には“笑い”しかない」

松江哲明が語る『ドキュメンタル』の革新性 「この番組には“笑い”しかない」

『パシフィック・リム:アップライジング』なぜ賛否両論に? 不満の声が出る理由を検証

『パシフィック・リム:アップライジング』なぜ賛否両論に? 不満の声が出る理由を検証

トッド・ヘインズは少数者の孤独な魂に寄り添う 『ワンダーストラック』が示す数奇なつながり

トッド・ヘインズは少数者の孤独な魂に寄り添う 『ワンダーストラック』が示す数奇なつながり

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』から考える、アメリカ娯楽映画の状況と展望

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』から考える、アメリカ娯楽映画の状況と展望

『娼年』は女性の性的欲望を可視化して賞賛する 松坂桃李、覚悟の演技が生んだ説得力

『娼年』は女性の性的欲望を可視化して賞賛する 松坂桃李、覚悟の演技が生んだ説得力

『ちはやふる -結び-』ヒットの理由ーーキャストや監督らの絶妙なバランスが“奇跡”生む

『ちはやふる -結び-』ヒットの理由ーーキャストや監督らの絶妙なバランスが“奇跡”生む

『ボス・ベイビー』なぜ人気作に? 脚本の整合性を超えた実存主義的な姿勢

『ボス・ベイビー』なぜ人気作に? 脚本の整合性を超えた実存主義的な姿勢

『リメンバー・ミー』はなぜ感動を呼ぶ? “優しさ”がもたらした深いテーマ性

『リメンバー・ミー』はなぜ感動を呼ぶ? “優しさ”がもたらした深いテーマ性

『アナと雪の女王/家族の思い出』はなぜ盛り上がりに欠けた? 長編第2作への期待

『アナと雪の女王/家族の思い出』はなぜ盛り上がりに欠けた? 長編第2作への期待

映像の組み合わせ方によって“リズム”が生まれる 『坂道のアポロン』にみる、三木孝浩監督の手腕

映像の組み合わせ方によって“リズム”が生まれる 『坂道のアポロン』にみる、三木孝浩監督の手腕

『毛虫のボロ』が成し遂げたことの意味とは? 宮崎駿監督による“紛れもない本気の新作”を徹底考察

『毛虫のボロ』が成し遂げたことの意味とは? 宮崎駿監督による“紛れもない本気の新作”を徹底考察

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版