> 作品評

作品評の記事一覧

(932件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

宮台真司の『愛しのアイリーン』評:「愛」ではなく「愛のようなもの」こそが「本当の愛」であるという逆説に傷つく体験

宮台真司の『愛しのアイリーン』評:「愛」ではなく「愛のようなもの」こそが「本当の愛」であるという逆説に傷つく体験

運命に翻弄される存在から“主体”の獲得へ 『寝ても覚めても』朝子の一歩を捉えたカメラの誠実さ

運命に翻弄される存在から“主体”の獲得へ 『寝ても覚めても』朝子の一歩を捉えたカメラの誠実さ

豊田利晃監督の本当の意味での“復帰作”に 『泣き虫しょったんの奇跡』で再び放たれた輝き

豊田利晃監督の本当の意味での“復帰作”に 『泣き虫しょったんの奇跡』で再び放たれた輝き

アクションで描かれる善と悪のカルマ 『SPL 狼たちの処刑台』が体現する香港ノワールの真髄を読む

アクションで描かれる善と悪のカルマ 『SPL 狼たちの処刑台』が体現する香港ノワールの真髄を読む

今のステイサムは演技も人の頭に回し蹴りもできる! 『MEG』は役者としての総決算に

今のステイサムは演技も人の頭に回し蹴りもできる! 『MEG』は役者としての総決算に

“青春”は大人だけが持つ宝物だ 『高崎グラフィティ。』が描く“あの頃”の本当の姿

“青春”は大人だけが持つ宝物だ 『高崎グラフィティ。』が描く“あの頃”の本当の姿

現代を生きる私たちは何を直視すべきか? 『検察側の罪人』が投げかけた問いを考える

現代を生きる私たちは何を直視すべきか? 『検察側の罪人』が投げかけた問いを考える

劇場版も癒し効果バツグン! 「明日からまたがんばろう」と思える『のんのんびより』の魅力

劇場版も癒し効果バツグン! 「明日からまたがんばろう」と思える『のんのんびより』の魅力

木村拓哉と二宮和也の組み合わせを楽しむだけではない 『検察側の罪人』の“異様さ”を解説

木村拓哉と二宮和也の組み合わせを楽しむだけではない 『検察側の罪人』の“異様さ”を解説

なぜ私たちは“木村拓哉”を求め続けてしまうのか 『検察側の罪人』最上役の生々しさを紐解く

なぜ私たちは“木村拓哉”を求め続けてしまうのか 『検察側の罪人』最上役の生々しさを紐解く

探究心こそ人生の最高のスパイス 『ペンギン・ハイウェイ』が教えてくれる、謎に挑むことの楽しさ

探究心こそ人生の最高のスパイス 『ペンギン・ハイウェイ』が教えてくれる、謎に挑むことの楽しさ

全てが過剰! アンディ・ラウ×ハーマン・ヤウ『ショックウェイブ』から感じる香港映画の意地

全てが過剰! アンディ・ラウ×ハーマン・ヤウ『ショックウェイブ』から感じる香港映画の意地

欠落感漂う日本の劇場長編アニメーション界の“希望の灯” 『ペンギン・ハイウェイ』を徹底解剖

欠落感漂う日本の劇場長編アニメーション界の“希望の灯” 『ペンギン・ハイウェイ』を徹底解剖

木村拓哉と二宮和也、アプローチの異なる名演! 『検察側の罪人』が必見作である理由

木村拓哉と二宮和也、アプローチの異なる名演! 『検察側の罪人』が必見作である理由

浜辺美波が“恋愛の楽しさ”を真っ向から示してくれる 『センセイ君主』は“大人”竹内涼真の魅力満載

浜辺美波が“恋愛の楽しさ”を真っ向から示してくれる 『センセイ君主』は“大人”竹内涼真の魅力満載

ブルボンヌの『カランコエの花』評:クラスにも職場にもいるLGBTのリアルな現状

ブルボンヌの『カランコエの花』評:クラスにも職場にもいるLGBTのリアルな現状

子供たちと負け犬音楽家を引き寄せる“音楽”の力 『オーケストラ・クラス』は生々しいドラマを描く

子供たちと負け犬音楽家を引き寄せる“音楽”の力 『オーケストラ・クラス』は生々しいドラマを描く

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版