> 作品評

作品評の記事一覧

(761件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

『地球防衛軍5』はなぜ過度な演出がない? “足さない美学”に見る、作り手の絶対の自信

『地球防衛軍5』はなぜ過度な演出がない? “足さない美学”に見る、作り手の絶対の自信

『マンハント』はあらゆる面で怪作! ジョン・ウー、アクション映画への帰還を読む

『マンハント』はあらゆる面で怪作! ジョン・ウー、アクション映画への帰還を読む

北原里英、“女優道”への歩み 白石和彌監督作『サニー/32』は“映画と観客”の関係を再考させる

北原里英、“女優道”への歩み 白石和彌監督作『サニー/32』は“映画と観客”の関係を再考させる

『犬猿』は2018年を代表する1作となる 『男はつらいよ』に連なる“愚兄賢弟”と“愚妹賢姉”の物語

『犬猿』は2018年を代表する1作となる 『男はつらいよ』に連なる“愚兄賢弟”と“愚妹賢姉”の物語

チャン・ハンユーと福山雅治の“正義を信じる心” 『マンハント』はジョン・ウーの希望の結晶だ

チャン・ハンユーと福山雅治の“正義を信じる心” 『マンハント』はジョン・ウーの希望の結晶だ

高橋洋は恐怖に魅せられ続けている 荻野洋一の『霊的ボリシェヴィキ』評

高橋洋は恐怖に魅せられ続けている 荻野洋一の『霊的ボリシェヴィキ』評

物事の二面性と中間性を体現する『スリー・ビルボード』の衝撃

物事の二面性と中間性を体現する『スリー・ビルボード』の衝撃

悲劇と見せかけた喜劇のラスト 『RAW~少女のめざめ~』が描く強烈すぎる愛への渇望

悲劇と見せかけた喜劇のラスト 『RAW~少女のめざめ~』が描く強烈すぎる愛への渇望

松江哲明の『ロング,ロングバケーション』評:ただの“いい映画”ではない、風格と実験性

松江哲明の『ロング,ロングバケーション』評:ただの“いい映画”ではない、風格と実験性

菊地成孔の『ゆれる人魚』評:懐かしの<カルト映画>リヴァイヴァルとしての『ゆれる人魚』

菊地成孔の『ゆれる人魚』評:懐かしの<カルト映画>リヴァイヴァルとしての『ゆれる人魚』

地獄のような体験を観客に味わわせる映画『デトロイト』は、現在のアメリカの状況をもあぶり出す

地獄のような体験を観客に味わわせる映画『デトロイト』は、現在のアメリカの状況をもあぶり出す

湯浅政明監督とスタジオの化学反応が生み出した奇跡 BD化を機に『マインド・ゲーム』の真価に迫る

湯浅政明監督とスタジオの化学反応が生み出した奇跡 BD化を機に『マインド・ゲーム』の真価に迫る

満島ひかりの代表作のひとつにーー全ての必然性が揃った『海辺の生と死』

満島ひかりの代表作のひとつにーー全ての必然性が揃った『海辺の生と死』

『スリー・ビルボード』が描く、善悪混淆と人間の多面性

『スリー・ビルボード』が描く、善悪混淆と人間の多面性

サエキけんぞうの『早春』評:新しい女性像を示した1970年のジェーン・アッシャー

サエキけんぞうの『早春』評:新しい女性像を示した1970年のジェーン・アッシャー

『劇場版 アイドルキャノンボール2017』は“中年アイドルファン”の気持ちを代弁する

『劇場版 アイドルキャノンボール2017』は“中年アイドルファン”の気持ちを代弁する

ジャパニーズ・ホラーはただの流行りものではなかったーー『ザ・リング リバース』に見るその行方

ジャパニーズ・ホラーはただの流行りものではなかったーー『ザ・リング リバース』に見るその行方

『ロング,ロングバケーション』は最高にゴキゲンな作品だーー老夫婦のユーモアに満ちた愛の煌めき

『ロング,ロングバケーション』は最高にゴキゲンな作品だーー老夫婦のユーモアに満ちた愛の煌めき

何がリンチただ一人の語りを可能にしたのか? 『デヴィッド・リンチ:アートライフ』を読み解く

何がリンチただ一人の語りを可能にしたのか? 『デヴィッド・リンチ:アートライフ』を読み解く

“人肉食”は物語にとって味付け? 『RAW~少女のめざめ~』は誰もが共感できる青春映画だ

“人肉食”は物語にとって味付け? 『RAW~少女のめざめ~』は誰もが共感できる青春映画だ

全員嘘つきのラブバトル 海外ドラマ『インポスターズ 愛しの結婚詐欺師』が描く、複数の恋のかたち

全員嘘つきのラブバトル 海外ドラマ『インポスターズ 愛しの結婚詐欺師』が描く、複数の恋のかたち

目撃せよ、中国アニメ復活の瞬間! 『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』の高揚

目撃せよ、中国アニメ復活の瞬間! 『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』の高揚

殺人鬼カップルのメチャクチャさについていけない! 『ハネムーン・キラーズ』と『地獄愛』

殺人鬼カップルのメチャクチャさについていけない! 『ハネムーン・キラーズ』と『地獄愛』

『8年越しの花嫁』は安直な“メディア商品”ではないーー作り手たちが紡いだ愛のメタファーの反復

『8年越しの花嫁』は安直な“メディア商品”ではないーー作り手たちが紡いだ愛のメタファーの反復

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版