> 作品評

作品評の記事一覧

(971件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

『ヴェノム』はなぜ批評家と観客の間で評価の違いが生じたのか? 『ブラックパンサー』と比較検証

『ヴェノム』はなぜ批評家と観客の間で評価の違いが生じたのか? 『ブラックパンサー』と比較検証

真の主人公は田中圭? 『スマホを落としただけなのに』で課される“愛の試練”

真の主人公は田中圭? 『スマホを落としただけなのに』で課される“愛の試練”

Hi-STANDARDの“すべて”が明かされる 初のドキュメンタリー映画が伝える、巨大な夢と愛の核心

Hi-STANDARDの“すべて”が明かされる 初のドキュメンタリー映画が伝える、巨大な夢と愛の核心

『ここは退屈迎えに来て』橋本愛と門脇麦が演じる、“人々の関わり”の物語

『ここは退屈迎えに来て』橋本愛と門脇麦が演じる、“人々の関わり”の物語

佐藤健は大切なものに気づくことができたのか 『億男』高橋一生が伝えたかった“無限の価値”

佐藤健は大切なものに気づくことができたのか 『億男』高橋一生が伝えたかった“無限の価値”

ジャクソンハイツは楽園ではない フレデリック・ワイズマンが浮き彫りにした世界を考えるヒント

ジャクソンハイツは楽園ではない フレデリック・ワイズマンが浮き彫りにした世界を考えるヒント

二分された“東京”と“地方”は何を意味する? 『ここは退屈迎えに来て』が描く人々の心の事情

二分された“東京”と“地方”は何を意味する? 『ここは退屈迎えに来て』が描く人々の心の事情

小説の“翻案”、もしくは映画としての“再構築”? 『ハナレイ・ベイ』が描く「距離」と「触れる」

小説の“翻案”、もしくは映画としての“再構築”? 『ハナレイ・ベイ』が描く「距離」と「触れる」

主人公の姿には私たちの“自画像”が映し出されている 荻野洋一の『世界で一番ゴッホを描いた男』評

主人公の姿には私たちの“自画像”が映し出されている 荻野洋一の『世界で一番ゴッホを描いた男』評

賛否分かれる反応が拡散!? 阿部サダヲ×吉岡里帆『音量を上げろタコ!』は “沼感”を楽しみたい!

賛否分かれる反応が拡散!? 阿部サダヲ×吉岡里帆『音量を上げろタコ!』は “沼感”を楽しみたい!

吉沢亮は徐々に自信をつけ、杉野遥亮はその逆をいく 『あのコの、トリコ。』2人の違った魅力

吉沢亮は徐々に自信をつけ、杉野遥亮はその逆をいく 『あのコの、トリコ。』2人の違った魅力

新たな発見を与えてくれる役割に 『ムタフカズ』が照らし出すアニメーション業界の現状

新たな発見を与えてくれる役割に 『ムタフカズ』が照らし出すアニメーション業界の現状

少女の通過儀礼から無我の境地までも描く 『若おかみは小学生!』がもたらす極上の映画体験

少女の通過儀礼から無我の境地までも描く 『若おかみは小学生!』がもたらす極上の映画体験

視覚障害をメタファーにしたビターなラブストーリー 『かごの中の瞳』は“女性の欲望の解放”を描く

視覚障害をメタファーにしたビターなラブストーリー 『かごの中の瞳』は“女性の欲望の解放”を描く

主人公は別物だけど話は一緒? 『賭博黙示録カイジ』の中国実写版、『動物世界』の力業

主人公は別物だけど話は一緒? 『賭博黙示録カイジ』の中国実写版、『動物世界』の力業

宮台真司の『寝ても覚めても』評:意味論的にも視覚論的にも決定的な難点がある

宮台真司の『寝ても覚めても』評:意味論的にも視覚論的にも決定的な難点がある

ラップはすべてスマホのスピーカーから鳴っていた 磯部涼が『フロリダ・プロジェクト』を解説

ラップはすべてスマホのスピーカーから鳴っていた 磯部涼が『フロリダ・プロジェクト』を解説

古い価値観を感じさせるも映画の作られ方は“現代的” 『スカイスクレイパー』の作品構造を読み解く

古い価値観を感じさせるも映画の作られ方は“現代的” 『スカイスクレイパー』の作品構造を読み解く

まるでスポーツの団体戦! 『バッド・ジーニアス』の後ろめたくも清々しい映画体験

まるでスポーツの団体戦! 『バッド・ジーニアス』の後ろめたくも清々しい映画体験

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版