> 作品評

作品評の記事一覧

(1007件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

『映画刀剣乱舞』は良質な国産ファンタジー “ネオ時代劇”的シナリオが広く支持される要因に?

『映画刀剣乱舞』は良質な国産ファンタジー “ネオ時代劇”的シナリオが広く支持される要因に?

『蜘蛛の巣を払う女』にみる、『ミレニアム』映画シリーズの真価

『蜘蛛の巣を払う女』にみる、『ミレニアム』映画シリーズの真価

“疑う”木村拓哉と“信じる”長澤まさみ 『マスカレード・ホテル』観る者惑わすキャストの怪しい魅力

“疑う”木村拓哉と“信じる”長澤まさみ 『マスカレード・ホテル』観る者惑わすキャストの怪しい魅力

ヴァネロペとラルフが象徴する「和解と別離」 『シュガー・ラッシュ2』が描く現実のほろ苦さ

ヴァネロペとラルフが象徴する「和解と別離」 『シュガー・ラッシュ2』が描く現実のほろ苦さ

『アリー/ スター誕生』は“本格派”の映画に 古い物語を現代にフィットさせた新たな解釈

『アリー/ スター誕生』は“本格派”の映画に 古い物語を現代にフィットさせた新たな解釈

菊地成孔の『アリー/ スター誕生』評:完璧さのインフレーション

菊地成孔の『アリー/ スター誕生』評:完璧さのインフレーション

The Wisely Brothers 真舘晴子が語る『ザ・スリッツ』 「女性であることの可能性はどんな方向にも生かせる」

The Wisely Brothers 真舘晴子が語る『ザ・スリッツ』 「女性であることの可能性はどんな方向にも生かせる」

Sexy Zone 中島健人、王子から“ロミオ”へ華麗なる転身? 『ニセコイ』はキラキラ映画の新機軸に

Sexy Zone 中島健人、王子から“ロミオ”へ華麗なる転身? 『ニセコイ』はキラキラ映画の新機軸に

『シュガー・ラッシュ:オンライン』ジェンダーロールから自由に プリキュアとの共通点を探る

『シュガー・ラッシュ:オンライン』ジェンダーロールから自由に プリキュアとの共通点を探る

2018年に“納得”できる形で成立 『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパーの堅実な手腕

2018年に“納得”できる形で成立 『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパーの堅実な手腕

『グリンチ』はなぜシンプルな構成になったのか? 大人のための楽しみ方を指南

『グリンチ』はなぜシンプルな構成になったのか? 大人のための楽しみ方を指南

『来る』評価二分の理由は“二つの先進性の絡み合い”にあり? 中島哲也監督の作風から探る

『来る』評価二分の理由は“二つの先進性の絡み合い”にあり? 中島哲也監督の作風から探る

Sexy Zone 中島健人、“脱・王子”で次のステージへ? 映画『ニセコイ』で新境地見せる

Sexy Zone 中島健人、“脱・王子”で次のステージへ? 映画『ニセコイ』で新境地見せる

宮台真司の『A GHOST STORY』評(前編):『アンチクライスト』に繋がる<森>の映画

宮台真司の『A GHOST STORY』評(前編):『アンチクライスト』に繋がる<森>の映画

岡田准一主演『来る』に隠された「あれ」の正体 原作との比較から考える

岡田准一主演『来る』に隠された「あれ」の正体 原作との比較から考える

山田孝之の“本気”が観るものを揺さぶるーー『ハード・コア』は山下敦弘×向井康介の集大成に

山田孝之の“本気”が観るものを揺さぶるーー『ハード・コア』は山下敦弘×向井康介の集大成に

初主演映画『ニート・ニート・ニート』で見せた躍進 安井謙太郎は“邪道”もサラリとこなす演技派に

初主演映画『ニート・ニート・ニート』で見せた躍進 安井謙太郎は“邪道”もサラリとこなす演技派に

塚本晋也が描き続けた“暴力的な反暴力”のメッセージ 『鉄男』から『斬、』までの軌跡を辿る

塚本晋也が描き続けた“暴力的な反暴力”のメッセージ 『鉄男』から『斬、』までの軌跡を辿る

安井謙太郎の輝きが物語を突き動かす 『ニート・ニート・ニート』が伝える“大人へのステップ”

安井謙太郎の輝きが物語を突き動かす 『ニート・ニート・ニート』が伝える“大人へのステップ”

ジャッキー・チェンは今もワン&オンリー! 『ポリス・ストーリー REBORN』は大満足の出来

ジャッキー・チェンは今もワン&オンリー! 『ポリス・ストーリー REBORN』は大満足の出来

『ハード・コア』はなぜ現代社会と重なった? 山田孝之と佐藤健が抱える空虚の正体

『ハード・コア』はなぜ現代社会と重なった? 山田孝之と佐藤健が抱える空虚の正体

蘇るデスマーチの記憶…… 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の“お仕事映画”感

蘇るデスマーチの記憶…… 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の“お仕事映画”感

ディーン・フジオカとは一体何者なのか? 『海を駆ける』が映し出す、不条理で魅惑的な世界

ディーン・フジオカとは一体何者なのか? 『海を駆ける』が映し出す、不条理で魅惑的な世界

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版