Music

音楽・アーティストのニュースとレビュー

音楽記事一覧
『ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-』レポ

『ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-』レポ

平和で幸せな世の中を楽しめる時が来るように。そんな意味が込められた今回のツアー『ARAKI LIVE ARK -撃壌之歌-』。あらきは、6月10日の福岡・BEAT STATION公演を皮切りに5公演を…

RASが生んだ感動のステージ

RASが生んだ感動のステージ

RAISE A SUILEN(以下、RAS)の単独ライブ『OVERKILL』が6月19日、富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催された。この春、メンバーの夏芽(Dr./マスキング役)と紡木吏佐…

XG、初配信ライブの衝撃

XG、初配信ライブの衝撃

今年3月にデビューした7人組HIPHOP/R&Bガールズグループ、XG。デビュー曲「Tippy Toes」のMVはYouTubeで1734万回以上、またChoreograpgyビデオは795万…

nobodyknows+「THE FIRST TAKE」出演を振り返る

nobodyknows+「THE FIRST TAKE」出演を振り返る

名古屋を拠点に2000年代初頭から活動を続けるnobodyknows+の人気が再燃している。人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で6月10日に公開された彼らの代表曲「ココロオド…

観月ありさ、音楽で表現したこれからの“らしさ”

観月ありさ、音楽で表現したこれからの“らしさ”

1991年にシングル『伝説の少女』でデビューした観月ありさが、アーティスト活動30周年を記念したアルバム『Ali30』をリリースした。モデル、俳優として活躍しながら、そうした活動の中心にはいつも音楽が…

山下達郎、11年ぶりアルバムが持つ説得力

山下達郎、11年ぶりアルバムが持つ説得力

参照:  2022年7月4日付のオリコン週間アルバムランキングで首位を獲得したのは山下達郎『SOFTLY』で、推定売上枚数は151,181枚。ついでStray Kids『CIRCUS』が131,92…

Movie

音楽・映画ニュース・TVドラマ情報とレビュー

映画記事一覧
人気漫画の実写化とアニメ化、どっちが好み?

人気漫画の実写化とアニメ化、どっちが好み?

漫画原作の映像作品は多々あるが『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(以下、『ハコヅメ』)や『東京リベンジャーズ』のように、実写とアニメの両方が作られるケースも近年は増えている。  かつてはアニ…

成田凌と葵わかなで演劇界の“事件”再び

成田凌と葵わかなで演劇界の“事件”再び

成田凌と葵わかなが主演を務める舞台『パンドラの鐘』が、Bunkamura シアターコクーンでの上演を終え、森ノ宮ピロティホールでの上演がスタートする。本作は、1999年に野田秀樹が発表した戯曲を、気鋭…

『BTTF』秀逸な小ネタの数々を紹介

『BTTF』秀逸な小ネタの数々を紹介

映画監督のスティーヴン・スピルバーグは映画製作者としても有能で、彼が自ら設立した映画会社アンブリン・エンターテインメントは、1984年から1986年にかけて凄まじい勢いで新作映画の製作に当たった。 …

ソ・イングク×オ・ヨンソ『美男堂の事件手帳』

ソ・イングク×オ・ヨンソ『美男堂の事件手帳』

「生きづらい世の中だが、がんばれよ! ファイティン!」  演じる役によって変幻自在の俳優ソ・イングク主演の待望の新作ドラマ『美男堂の事件手帳』がNetflixにて6月27日から配信中。早くもNetf…

『鎌倉殿の13人』頼朝は大泉洋の真骨頂

『鎌倉殿の13人』頼朝は大泉洋の真骨頂

『鎌倉殿の13人』(NHK総合)6月26日の第25回で、大泉洋演じる“鎌倉殿”こと源頼朝が 倒れた。頼朝は、その回の放送、いやその前からずっと、自分の死期を悟っているようなところがあった。  第23…

『ちむどんどん』恋敵が善人である理由

『ちむどんどん』恋敵が善人である理由

“朝ドラ”ことNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。第12週「古酒交差点」は恋愛編に入った。子どもの頃から他者の恋心に疎く、智(前田公輝)の気持ちを察することのなかった暢子(黒島結菜)が初めて恋に目…

人生の景色が変わる『わたしは最悪。』

人生の景色が変わる『わたしは最悪。』

リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は思い通りの人生を過ごせていない宮川が『わたしは最悪。』をプッシュします…

Tech

テクノロジー×エンタメの情報とレビュー

テック記事一覧
キーボードの文字はなぜQWERTY順?

キーボードの文字はなぜQWERTY順?

テクノロジーの世界で使われる言葉は日々変化するもの。近頃よく聞くようになった言葉や、すでに浸透しているけれど、意外とわかっていなかったりする言葉が、実はたくさんある。  本連載はこうした用語の解説記…

Ankerのハンディクリーナーの使い心地は?

Ankerのハンディクリーナーの使い心地は?

数ヶ月前に車を買い替えたことで、どこへ行くにも運転が楽しい。洗車も以前より頻繁にするし、車の中も可能な限り美しく保ちたいと思っている。  しかし、子育てをしているとなかなかそうもいかないもの。どうし…

弁護士に聞く「VTuberの法律トラブル」

弁護士に聞く「VTuberの法律トラブル」

2022年3月、弁護士法人モノリス法律事務所は、VTuber法務の専門チームを発足した。同事務所はもともと、YouTuberのみならず、いくつかのVTuber運営もクライアントに名を連ねており、また2…

にじさんじ・赤羽葉子の「神秘性」

にじさんじ・赤羽葉子の「神秘性」

現在のVTuberシーンにおけるトップランナーの一つであるにじさんじ。そのなかにおいてもタレントの活躍する分野は日々拡がっている。  メインとなる生配信に加え、事務所が主導する企画への参加や監修、主…

世界でもっとも恐ろしい灯台で24時間を過ごす

世界でもっとも恐ろしい灯台で24時間を過ごす

アメリカの人気エンタメ系グループYouTuber「JStu」(チャンネル登録者数703万人)が、世界でもっとも恐ろしい”灯台”に、24時間宿泊する動画を投稿した。該当の動画は、2022年6月25日公開…

ゲームの利用実態から見えてきた“業界の思惑”

ゲームの利用実態から見えてきた“業界の思惑”

ゲームビジネスに特化したマーケティングリサーチとコンサルティングを主事業とする株式会社ゲームエイジ総研は6月23日、ダウンロード購入と、サブスクリプション・クラウドゲーミングの利用状況に関する調査結果…

はじめしゃちょー、ハワイにセカンドハウス?

はじめしゃちょー、ハワイにセカンドハウス?

昨年3億円の事務所兼自宅を購入したばかりのはじめしゃちょーが、新たにセカンドハウスを買い求めるべくハワイへと飛んだ。  豪邸の魅力に取り憑かれてしまったのか。昨年8月、自身ゆかりの地である静岡に建つ…

Book

ブック情報とレビュー

ブック記事一覧
『ベルセルク』連載再開 伝説の再始動に祝福を

『ベルセルク』連載再開 伝説の再始動に祝福を

※本稿には、『ベルセルク』第365話・第366話の内容について触れている箇所がございます。未読の方はご注意ください。(筆者)  伝説が、再び動き出した。2022年6月24日発売の「ヤングアニマル」(…

創作漫画の導入、プロの添削でどう変化?

創作漫画の導入、プロの添削でどう変化?

漫画の導入部分を描く上で大切なこととはーー漫画家を目指す人が抱きそうな、素朴な疑問を解決してくれる動画がYouTube上にアップされた。  動画をアップしたのは、元週刊少年漫画誌の連載作家・ペガ…

7月刊行のライトノベル、注目の作品は?

7月刊行のライトノベル、注目の作品は?

7月のライトノベルは、SFやアクション系の新シリーズが面白そう。女性に人気のシリーズ最新刊や完結編も出て楽しませてくれそうだ。  7月1日にスニーカー文庫から登場のメソポ・たみあ『刻をかける怪獣』は…

多和田葉子+村田沙耶香 評

多和田葉子+村田沙耶香 評

書評とは何か。それは「書物の小さな変異株」を作ることである。書物はウイルスと同じく、変異によって拡大する。  批評家の福嶋亮大が、文芸書と思想書を横断し、それらの小さな変異株を配列しながら、21…

結城真一郎インタビュー

結城真一郎インタビュー

平成生まれとして初の日本推理作家協会賞を受賞、3冊目の長編作品『救国ゲーム』(新潮社)が第22回本格ミステリ大賞の候補作に選出されるなど、今もっとも注目が集まるミステリ作家の一人、結城真一郎。その初と…