> 作品評

作品評の記事一覧

(935件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

『バーフバリ 王の凱旋』は歴史に残る娯楽超大作だーー黒澤明やジョージ・ルーカスの精神を受け継ぐ

『バーフバリ 王の凱旋』は歴史に残る娯楽超大作だーー黒澤明やジョージ・ルーカスの精神を受け継ぐ

アメリカ史の裏に隠された血塗られた暗部 『ブリムストーン』が示した、新たな西部劇映画の可能性

アメリカ史の裏に隠された血塗られた暗部 『ブリムストーン』が示した、新たな西部劇映画の可能性

ジャッキー・チェンは西洋と東洋の価値観を結び付けるーー『カンフー・ヨガ』が優れた作品となった理由

ジャッキー・チェンは西洋と東洋の価値観を結び付けるーー『カンフー・ヨガ』が優れた作品となった理由

ケンゴマツモトの『リュミエール!』評:最初が全部詰まっていて“ずっと観てられる”映画

ケンゴマツモトの『リュミエール!』評:最初が全部詰まっていて“ずっと観てられる”映画

“17歳の大林宣彦”による映画への誓い 荻野洋一の『花筐/HANAGATAMI』評

“17歳の大林宣彦”による映画への誓い 荻野洋一の『花筐/HANAGATAMI』評

松江哲明の『IT/イット』評:配信ドラマ的手法で表現された今日的な“恐怖”

松江哲明の『IT/イット』評:配信ドラマ的手法で表現された今日的な“恐怖”

ジェシカ・チャステインの装いが意味するものーー『ユダヤ人を救った動物園』が描く勇気と正しさ

ジェシカ・チャステインの装いが意味するものーー『ユダヤ人を救った動物園』が描く勇気と正しさ

大林宣彦監督の圧倒的な執念ーー『花筐/HANAGATAMI』の幻惑的で自由な映画世界

大林宣彦監督の圧倒的な執念ーー『花筐/HANAGATAMI』の幻惑的で自由な映画世界

菊地成孔の『密偵』評:「日帝時代」を描くエンタメ作が凄い勢いで進化している現在って?

菊地成孔の『密偵』評:「日帝時代」を描くエンタメ作が凄い勢いで進化している現在って?

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は人生に深く結びつく傑作だーーその神秘的な作風を読む

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は人生に深く結びつく傑作だーーその神秘的な作風を読む

ジョン・カーニー監督はいかにして“音楽映画の名匠”となったか? そのキャリアを考察

ジョン・カーニー監督はいかにして“音楽映画の名匠”となったか? そのキャリアを考察

『ビジランテ』は入江悠の次の10年を予感させるーー逃れられない地方都市の“郷愁”と“断絶”

『ビジランテ』は入江悠の次の10年を予感させるーー逃れられない地方都市の“郷愁”と“断絶”

篠田麻里子、間宮夕貴、岡村いずみ……“濡れ場”に見る、女たちの強さ 姫乃たまの『ビジランテ』評

篠田麻里子、間宮夕貴、岡村いずみ……“濡れ場”に見る、女たちの強さ 姫乃たまの『ビジランテ』評

アメリカの医療は本当に先進的なのか? 超ハイテク医療ドラマ『ピュア・ジーニアス』の問いかけ

アメリカの医療は本当に先進的なのか? 超ハイテク医療ドラマ『ピュア・ジーニアス』の問いかけ

『全員死刑』の「急にどうした」感 小林勇貴監督は異様な原作をいかに映画化したか?

『全員死刑』の「急にどうした」感 小林勇貴監督は異様な原作をいかに映画化したか?

まさに「2017年的な映画」 『20 センチュリー・ウーマン』が指し示した映画の未来

まさに「2017年的な映画」 『20 センチュリー・ウーマン』が指し示した映画の未来

アニメ映画『GODZILLA』は第二部以降が“本命”に 怪獣映画にアニメのメリットどう生かした?

アニメ映画『GODZILLA』は第二部以降が“本命”に 怪獣映画にアニメのメリットどう生かした?

“強キャラ男子のタッグ”って最高じゃない? カツセマサヒコが『探偵はBARにいる3』を徹底解説

“強キャラ男子のタッグ”って最高じゃない? カツセマサヒコが『探偵はBARにいる3』を徹底解説

瑛太の絶叫、井浦新の狂気ーー登場人物それぞれの罪とは? 大森立嗣監督作『光』が抉り出す“闇”

瑛太の絶叫、井浦新の狂気ーー登場人物それぞれの罪とは? 大森立嗣監督作『光』が抉り出す“闇”

息の長いシリーズになる可能性も!? 探偵モノ×バディ・ムービー『探偵はBARにいる3』の魅力

息の長いシリーズになる可能性も!? 探偵モノ×バディ・ムービー『探偵はBARにいる3』の魅力

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版