中央公論新社の記事一覧

(37件)

中央公論新社の記事一覧です

いま大人たちは子どもたちのために何ができるのか? 文芸書ランキングに見る“居場所”への課題

いま大人たちは子どもたちのために何ができるのか? 文芸書ランキングに見る“居場所”への課題

6月期の文芸書月間ベストセラーランキング、本屋大賞を受賞した町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』に続いたのは林真理子の『小説80…

文芸書ランキング、社会の“SOS”を反映か? 『52ヘルツのクジラたち』や『お探し物は図書室まで』が伝える声

文芸書ランキング、社会の“SOS”を反映か? 『52ヘルツのクジラたち』や『お探し物は図書室まで』が伝える声

参考:週間ベストセラー【単行本 文芸書ランキング】(5月11日トーハン調べ)  ついに発行部数50万部を突破した宇佐見りんの『…

橋田壽賀子の最期と人生を石井ふく子が語る『婦人公論』 竹内涼真カラーグラビアも掲載

橋田壽賀子の最期と人生を石井ふく子が語る『婦人公論』 竹内涼真カラーグラビアも掲載

桐島かれんが表紙に登場した『婦人公論』5月11日号が、2021年4月27日に中央公論新社より発売される。  4月4日に亡くなっ…

爪切男×カマたくが語る、頑張りすぎない“中道”の生き方 「悩みがないことが、むしろ僕らの悩み(笑)」

爪切男×カマたくが語る、頑張りすぎない“中道”の生き方 「悩みがないことが、むしろ僕らの悩み(笑)」

2018年の『死にたい夜にかぎって』で本格的に作家デビューした爪切男。珍しすぎる恋愛エピソードを綴った同作は、各所で話題となりテ…

生田斗真に起きた心境の変化とは? 中谷美紀表紙の『婦人公論』で語る

生田斗真に起きた心境の変化とは? 中谷美紀表紙の『婦人公論』で語る

中谷美紀が表紙を飾る『婦人公論』2月24日号が、2021年2月9日に中央公論新社より発売された。  今号では、生田斗真がカラー…

「動物園は、いつの時代も社会の縮図」 文化史研究者が語る、“動物の権利”の歴史

「動物園は、いつの時代も社会の縮図」 文化史研究者が語る、“動物の権利”の歴史

動物園は、あなたにとってどんな場所だろうか? 小さい頃に遠足で行った場所、学生時代にデートで行った場所、大人になって家族と行った…

宇佐見りん、加藤シゲアキ、凪良ゆう、町田そのこ……本屋大賞ノミネート10作品が発表

宇佐見りん、加藤シゲアキ、凪良ゆう、町田そのこ……本屋大賞ノミネート10作品が発表

2021年本屋大賞のノミネート作品が発表された。 伊吹有喜『犬がいた季節』双葉社 青山美智子『お探し物は図書室まで』ポプラ社…

凪良ゆう&瀬尾まいこ、本屋大賞受賞者の新作が2作ランクイン 文芸書ランキング

凪良ゆう&瀬尾まいこ、本屋大賞受賞者の新作が2作ランクイン 文芸書ランキング

週間ベストセラー【単行本 文芸書ランキング】(11月4日トーハン調べ) 1位『半沢直樹 アルルカンと道化師』池井戸潤 講談社 …