新型コロナウイルスの記事一覧

(94件)

新型コロナウイルスの記事一覧です

福嶋亮大が語る、パンデミック以降の倫理と表現 「隣人愛という概念は、改めて注目すべき」

福嶋亮大が語る、パンデミック以降の倫理と表現 「隣人愛という概念は、改めて注目すべき」

仏作家アルベール・カミュが1947年に発表した小説『ペスト』に再び注目が集まるなど、新型コロナウイルスの影響で書籍の消費動向にも…

アニメを交えて最終話を放送する作品も? コロナ禍で新たな打開策を模索する米エンタメ界

アニメを交えて最終話を放送する作品も? コロナ禍で新たな打開策を模索する米エンタメ界

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大によって、外出自粛や在宅勤務が続く中、エンターテインメント業界は、これまで対応したことのない…

韓流スター・ジェジュン『週刊朝日』独占告白「僕は傷つきやすい」 山P、Mattらとの交友も語る

韓流スター・ジェジュン『週刊朝日』独占告白「僕は傷つきやすい」 山P、Mattらとの交友も語る

ジェジュンが表紙を飾った『週刊朝日』5/29号が、5月19日に発売される。  シャツの胸元を大きく開けたワイルドでセクシーなポ…

ブックストア・エイド発起人たちが語る、本屋を守る意味 「メディアとしての書店の強みがある」

ブックストア・エイド発起人たちが語る、本屋を守る意味 「メディアとしての書店の強みがある」

新型コロナウイルスによる外出自粛要請で、飲食店や映画館、小劇場、ライブハウスなど様々な実店舗が壊滅的な打撃を被っている。緊急事態…

本屋を支える「ブックストア・エイド基金」、2,000万円突破 新動画企画もスタート

本屋を支える「ブックストア・エイド基金」、2,000万円突破 新動画企画もスタート

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言、政府からの自粛要請が続き、全国の新刊書店・古書店が困難を迎えている状況下で、本屋…

『週刊朝日』氷川きよし総力特集 「アイシャドウ塗って思い切りやりなさい」と背中を押した母

『週刊朝日』氷川きよし総力特集 「アイシャドウ塗って思い切りやりなさい」と背中を押した母

氷川きよしが表紙を飾った『週刊朝日』最新号が、5月12日に発売された。昨年のイメージチェンジで大きな話題を呼んだ氷川の実像に迫る…

One World、Nirvana Tribute、PlayOn Fest……オンライン上に引き継がれた海外チャリティーライブの現在

One World、Nirvana Tribute、PlayOn Fest……オンライン上に引き継がれた海外チャリティーライブの現在

いつの間にか「STAY HOME」という言葉が生活の中に溶け込み、ライブハウスや映画館にでかけた日々を遠い昔のように感じる。新型…

野﨑まど『タイタン』が問いかける“仕事”の意義 人類と人工知能がたどり着いた境地とは

野﨑まど『タイタン』が問いかける“仕事”の意義 人類と人工知能がたどり着いた境地とは

思いもよらない事象を人々が暮らすこの世界にぶち込んで、社会や政治が振りまわされる様子を描きながら人々の営みの本質に迫る。そんな設…

最強の整理術・バレットジャーナルの正しい使い方とは? 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』で原点に立ち返る

最強の整理術・バレットジャーナルの正しい使い方とは? 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』で原点に立ち返る

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出てからというもの、外出自粛の日々が続いている。仕事もテレワークが増え、普段とは違…

世界の終わり、絶望山、破滅町、失望島……人類の闇へ誘う旅行ガイド『世界でいちばん虚無な場所』

世界の終わり、絶望山、破滅町、失望島……人類の闇へ誘う旅行ガイド『世界でいちばん虚無な場所』

『世界でいちばん虚無な場所』とはいったいどういうことだろう。虚無を辞書に引くと「なにも存せず、むなしいこと」とある。目次をひらき…

『コロナの時代の僕ら』から考える、コロナ禍とミステリ小説の相似

『コロナの時代の僕ら』から考える、コロナ禍とミステリ小説の相似

中国から世界へと広まり、各国で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症。なかでも爆発的に感染者が増加し、多くの死者がでているのがイタ…