清掃ロボが各種施設床面の7割から新型コロナウイルスを検出

清掃ロボが各種施設床面の7割から新型コロナウイルスを検出

 ソフトバンクロボティクス株式会社は、各種施設の人通りが多い場所の床面検査を実施。その約7割から新型コロナウイルスが検出されたことを発表した。

 今回の結果は、多くの施設の床面に新型コロナウイルスが付着していることを意味し、「withコロナ」の時代にはそれを前提に清掃オペレーションを構築する必要性を示すもの。これを受けて、ソフトバンクロボティクスは、除菌清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」を用いてより多くの施設の安心・安全な利用を促進する「Go Back プロジェクト」を、2020年10月26日より展開する。

 同プロジェクトでは、「Whiz」の導入から運用構築までを徹底的にサポートする「トライアルパック」を新たに提供開始し、除菌の実証実験データなどを共有する「実証実験ライブラリ」もリニューアル公開。世界中で「Whiz」を提供するソフトバンクロボティクスの科学的清掃のノウハウが学べる「Whiz トレーニングプログラム」も、サポートの一環として引き続き提供するという。

※1 ソフトバンクロボティクスとBMSA(認定特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会)の共同調査。17施設の人通りの多い場所でソフトバンクロボティクスの除菌清掃ロボット「Whiz」を稼働し、同ロボットに搭載されたHEPAフィルターを回収して無菌ふき取り綿棒で検体を採取。BMSAによりNested PCR法で検査を実施したところ、12施設で陽性反応が出た。Nested PCR法は、通常のPCR法と比較して検出感度を高くして測定する方法

■関連リンク
『Whiz』公式ページ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる