GLAYの記事一覧

(67件)

GLAYとはTAKURO(g)、TERU(vo)、JIRO(b)、HISASHI(g)から成る、現在日本でもっとも著名なロック・バンド。ライヴでの動員数、セールスともに、前人未踏な記録を打ち立てているのは、周知のとおりだ。
「キャンプ・ファイヤーで歌えるような楽曲を作っていきたい」——これはソングライターであるTAKUROの弁だが、彼らの音楽に対する姿勢をこれほど如実に物語った表現はないだろう。シング・アロングを考慮した底なしにメロディアスなヴォーカル・ライン、ポジティヴかつ普遍的な詞世界、心地よいミキシング……つまり、老若男女だれもが共有できる音楽を目指すということだ。確かに彼らの音楽には、レア・グルーヴもなければ、ドラムン・ベースもヒップホップもない。要するに先鋭的なテイストをもつ音楽とはまったくもって程遠いGLAY流のロックだと言っていいだろう。しかし、その源泉たる表現欲求はあまりに純粋であり、聴くものすべての心を打つのだ。
94年の1stシングル「RAIN」でメジャー・デビュー以降、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得した2ndアルバム『BEAT out!』の先行シングルとして発売された8thシングル「グロリアス」がCMソングに抜擢され、瞬く間にGLAYというロック・バンドが世の中の音楽リスナーに認知された。
以降、「BELOVED」「口唇」「HOWEVER」など立て続けにヒットを記録、97年に発表された初のベスト・アルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』では、500万枚を超える爆発的なセールスを打ちたて、当時の歴代アルバム・セールスを更新して歴代1位となった。その後も、「誘惑」「Winter,again」「Way of Difference」「逢いたい気持ち」「G4」などのヒット曲をコンスタントにリリースしている。
06年8月に、氷室京介とのコラボレート・シングル「ANSWER」を発売後、味の素スタジアムにて『KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM“SWING ADDICTION”』を氷室京介と共に開催した。08年8月には、『GLAY VERB TOUR 2008 in U.S』と銘打ち、初となるアメリカ公演を敢行。大晦日には幕張メッセにて約4年ぶりとなるカウントダウン・ライヴを開催し大成功を収めた。
デビュー15周年を迎える09年3月には、13分間にわたる壮大でドラマティックなロック・ナンバー「SAY YOUR DREAM」を通算40枚目のシングルとして発表。本作は、永遠などありえないと知った大人のロック・バンドの切ないほど狂おしい願いを込めた誇り高き明日へのモニュメントでもあるのだ。そしてデビュー日と同日である5月25日(月)には、映画『ラスト・ブラッド』主題歌に起用された「I am xxx」をリリース予定。4月〜11月にかけて、メンバープロデュース・ライヴを皮切りに、全国ホール・ツアー、日産スタジアムでの15万人動員ライヴ、全国アリーナ・ツアーの開催が決定している。デビュー15周年を迎えた彼らを誰も止めることは出来ない——。

坂口健太郎が涙を流す『光のお父さん』本予告公開 主題歌はGLAYが書き下ろし

坂口健太郎が涙を流す『光のお父さん』本予告公開 主題歌はGLAYが書き下ろし

GLAY、新曲「元号」配信に先駆けて歌詞&TAKUROによるコメント公開

GLAY、新曲「元号」配信に先駆けて歌詞&TAKUROによるコメント公開

GLAY、新元号初ツアータイトルに“令和”を反映 新曲「元号」配信リリースも

GLAY、新元号初ツアータイトルに“令和”を反映 新曲「元号」配信リリースも

みゆはん、新アルバム『闇鍋』発売 TERU、GReeeeN、菅波栄純らが楽曲提供

みゆはん、新アルバム『闇鍋』発売 TERU、GReeeeN、菅波栄純らが楽曲提供

GLAY TAKURO、ソロインストアルバム2作目でまだまだ成長「その喜びがエネルギーになった」

GLAY TAKURO、ソロインストアルバム2作目でまだまだ成長「その喜びがエネルギーになった」

GLAY、TERU書き下ろしの新曲がTVアニメ『ダイヤのA actⅡ』オープニングテーマに

GLAY、TERU書き下ろしの新曲がTVアニメ『ダイヤのA actⅡ』オープニングテーマに

GLAY HISASHI、福山雅治に絡み酒をした過去を告白「もう、放送禁止レベルですよ!(笑)」

GLAY HISASHI、福山雅治に絡み酒をした過去を告白「もう、放送禁止レベルですよ!(笑)」

PENTAGON×TERU、KEY×TETSUYA、DAY6×生形真一…日韓アーティストコラボが生むシナジー

PENTAGON×TERU、KEY×TETSUYA、DAY6×生形真一…日韓アーティストコラボが生むシナジー

HISASHIが語る、25周年控えたバンドの現在「僕らは今もすごくGLAYを楽しんでいる」

HISASHIが語る、25周年控えたバンドの現在「僕らは今もすごくGLAYを楽しんでいる」

GLAY、六本木ヒルズアリーナで熱狂パフォーマンス サービス精神溢れた新シングル発売記念ライブ

GLAY、六本木ヒルズアリーナで熱狂パフォーマンス サービス精神溢れた新シングル発売記念ライブ

GLAY、TERU作詞作曲「YOUR SONG」MVをGYAO!にて先行配信

GLAY、TERU作詞作曲「YOUR SONG」MVをGYAO!にて先行配信

GLAY、56thシングル『愁いのPrisoner/YOUR SONG』発売 ルナフェス、函館野外ライブ音源も

GLAY、56thシングル『愁いのPrisoner/YOUR SONG』発売 ルナフェス、函館野外ライブ音源も

GLAY、品川ステラボールで2Days公演開催 函館大型野外ライブに先駆けた“PREMIUM LIVE”に

GLAY、品川ステラボールで2Days公演開催 函館大型野外ライブに先駆けた“PREMIUM LIVE”に

GLAY、アリーナツアー『SUMMERDELICS』パッケージ化 メンバー音声コメント付き特典映像も

GLAY、アリーナツアー『SUMMERDELICS』パッケージ化 メンバー音声コメント付き特典映像も

yahyel・山田健人が語る、映像テクノロジーと表現の核心「VRよりも4DXよりも、想像力が人間の最強の武器」

yahyel・山田健人が語る、映像テクノロジーと表現の核心「VRよりも4DXよりも、想像力が人間の最強の武器」

GLAY、公式サブスクリプション型アプリ配信「僕達の音楽をもっと身近にもっと深く感じてほしい」

GLAY、公式サブスクリプション型アプリ配信「僕達の音楽をもっと身近にもっと深く感じてほしい」

GLAYの4人をより自由にする、ライブという空間 振り幅と勢い感じた『SUMMERDELICS』ツアー

GLAYの4人をより自由にする、ライブという空間 振り幅と勢い感じた『SUMMERDELICS』ツアー

GLAY TERU&TAKURO、スペシャルアコースティックライブ披露「55枚目にしてまた宝物できた」

GLAY TERU&TAKURO、スペシャルアコースティックライブ披露「55枚目にしてまた宝物できた」

GLAY HISASHIが語る、“感覚”を信じた作品づくり「音楽がさらに自由に、みんなのものになった」

GLAY HISASHIが語る、“感覚”を信じた作品づくり「音楽がさらに自由に、みんなのものになった」

GLAY、新曲「あなたといきてゆく」MV公開 監督は山田健人、“四季の移り変わり”を表現

GLAY、新曲「あなたといきてゆく」MV公開 監督は山田健人、“四季の移り変わり”を表現

GLAYが『SUMMERDELICS』で提示した“新たなバンドの楽しみ方” アリーナツアーを機に考察

GLAYが『SUMMERDELICS』で提示した“新たなバンドの楽しみ方” アリーナツアーを機に考察

GLAY、お台場のフリーライブで伝えた“ファンへの感謝” 新旧織り交ぜた楽曲披露で1万人熱狂

GLAY、お台場のフリーライブで伝えた“ファンへの感謝” 新旧織り交ぜた楽曲披露で1万人熱狂

GLAY、本日7月31日“GLAYの日”にお台場フリーライブ開催 GYAO!にて無料配信も

GLAY、本日7月31日“GLAYの日”にお台場フリーライブ開催 GYAO!にて無料配信も

TAKUROが明かす、“4人の個性”を生かした理由「GLAYの看板を背負う覚悟とタイミング整った」

TAKUROが明かす、“4人の個性”を生かした理由「GLAYの看板を背負う覚悟とタイミング整った」

KinKi Kids、GLAY、UVERworld……新作で自らのイメージをどう超えていく?

KinKi Kids、GLAY、UVERworld……新作で自らのイメージをどう超えていく?

GLAY、メンバー全員で語ったアルバム収録曲秘話 『SUMMERDELICS』先行試聴会レポ

GLAY、メンバー全員で語ったアルバム収録曲秘話 『SUMMERDELICS』先行試聴会レポ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版