hideの記事一覧

(14件)

ヒデ:X JAPANのライヴ中に設けられたメンバーのソロ・コーナーで既に、バンドの1ギタリストという枠に収まらない自己演出能力やアーティストとしての突出した才能を見せていたhide。彼がソロ・キャリアをスタートさせたのは93年。「最初は"どうせバケツの底を叩いたって買うんだろ"って思った」とは当時の彼の弁。バンドの知名度を利用する気はまったくない。むしろそれを取っ払ったとこで勝負したい、という純で潔い姿勢ゆえの発言だった。
彼のソロ・キャリアは、カラフルかつポップな2枚のシングル「eyes love you」と「50%50」でスタート。アルバム、ツアー・ビデオなどコンスタントに作品をリリースする傍ら、"いいものは世に広めたい"という至極まっとうな理由で<LEMONed>を設立。"自分は彼らの単なるファンだから"とプロデュース流行りの昨今、才能あるバンドやデザイナーたちに何ら手を加えることなく、チャンスと活動の場を与え世に送り出す。また、都内数ヶ所をリンクさせたオールナイトのクラブ・イベントを企画するなど、常に新しいアイデアを意欲的に実現していった。
自身の作品に関しても、マニュピレーターのI.N.A.と二人三脚で目指してきた革新的な音作りがシングル「pink spider」と3枚目のアルバム『ja,zoo』で1つの到達点に。機械モノとロックの融合を目指したそのサウンドを自身はサイボーグ・ロックと呼んでいたが。メロディアスなポップスから重量級のヘヴィ・ロックまであらゆるジャンルを内包したその音は、単なるミクスチャーの枠を超え、極めて魅力的で斬新なオリジナリティを擁していた。
しかし98年、急逝。ちょうど海外ミュージシャンと組んだバンドzilchも長い準備期間を終えてようやく稼働し始めていた——まさに全てがこれから、という時の出来事だった。

“hideが遺したもの”とは何だったのか 愛とリスペクト溢れる『SONGS』放送内容から考察

“hideが遺したもの”とは何だったのか 愛とリスペクト溢れる『SONGS』放送内容から考察

『SONGS「hideが遺したもの」』放送決定 吉井和哉、生駒里奈、MIYAVIが魅力を語る

『SONGS「hideが遺したもの」』放送決定 吉井和哉、生駒里奈、MIYAVIが魅力を語る

aiko、エレカシ、RADWIMPS、三代目JSB……トップアーティストたちの新作から見える現在地

aiko、エレカシ、RADWIMPS、三代目JSB……トップアーティストたちの新作から見える現在地

MIYAVIがhide「ピンクスパイダー」をカバーする意義 “音楽”を開拓してきた二者の共通点を探る

MIYAVIがhide「ピンクスパイダー」をカバーする意義 “音楽”を開拓してきた二者の共通点を探る

LUNA SEA、X JAPAN、BUCK-TICK…音楽シーンに再び革命を起こすか? 2018年の動向に注目

LUNA SEA、X JAPAN、BUCK-TICK…音楽シーンに再び革命を起こすか? 2018年の動向に注目

LUNA SEAの“ROSIER”はまさに〈VISUAL SHOCK〉だった 市川哲史×藤谷千明〈V系〉対談

LUNA SEAの“ROSIER”はまさに〈VISUAL SHOCK〉だった 市川哲史×藤谷千明〈V系〉対談

私が〈hide〉と 呑み倒してた日々ーー市川哲史が濃密な10年間を振り返る

私が〈hide〉と 呑み倒してた日々ーー市川哲史が濃密な10年間を振り返る

hideと付き合った濃密な日々 市川哲史が綴った「18年目のラブレター」

hideと付き合った濃密な日々 市川哲史が綴った「18年目のラブレター」

hide、未発表曲収録の生誕50th記念作発売へ 本人の歌声サンプルを元にボーカロイドで再現

hide、未発表曲収録の生誕50th記念作発売へ 本人の歌声サンプルを元にボーカロイドで再現

X JAPAN、全世界ベストアルバム先行配信開始 HIDEへの追悼曲「Without You」も収録

X JAPAN、全世界ベストアルバム先行配信開始 HIDEへの追悼曲「Without You」も収録

hide、17回忌イベントにファン2200人超 今なお衰えぬ影響力の源泉とは

hide、17回忌イベントにファン2200人超 今なお衰えぬ影響力の源泉とは

hide、旅立ちから16年……先進的エンターテイナーとしての功績を振り返る

hide、旅立ちから16年……先進的エンターテイナーとしての功績を振り返る

UVERworld、マニピュレーター加入の意義とは? バンド編成から読み解くロックシーンの変化

UVERworld、マニピュレーター加入の意義とは? バンド編成から読み解くロックシーンの変化

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版