RADWIMPSの記事一覧

(109件)

01年、横浜で高校生活を送っていた桑原彰(g)と野田洋次郎(vo)という2人の出会いから活動は始まり、バンド名にRAD(強烈、良い)とWIMP(弱虫、軟弱な)を繋ぎ合せて作り出した単語“RADWIMPS”と命名。ちなみに、メンバー達はバンド名を自ら「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」と説明している。
02年、地元横浜のライヴ・ハウスで初のライヴを敢行。その頃からすでに、桑原彰は「オレはRADWIMPSで食って行く」とかたく心に決め、バンド一本の道を選んでいるところに彼の中途半端ではない気持ちが伝わってくるだろう。その頃から徐々に彼らのライヴと曲の良さが口コミで10代の間に広まり始め、03年、好きな人への想いを高校生らしく綴った詩が胸を締めつけられる「もしも」を1万枚限定の100円でリリースし、即完売。そして遂に、同じ年である高校3年生の夏にデビュー・アルバム『RADWIMPS』を発売。現在より音の厚みに欠けるものの、彼らお得意のミクスチャー・サウンドや疾走感溢れるポップ・パンク・ソングの原型が詰まった作品を完成させるが、野田洋次郎が大学受験のためバンドは一時活動休止に入ってしまう。
翌年の04年、バンド活動を再開するにあたりメンバー・チェンジを行い、山口智史(ds)と武田祐介(b)が新たに加わりめでたく再出発。すぐさまレコーディングを行い、アコースティック・ギターの調べが美しいロック・バラードとなったシングル「祈跡」を発表する。初の全国ツアーを経験後、翌05年には早くも2ndアルバム『RADWIMPS2〜発展途上〜』をリリース。メロディアスなバラードからファンキーなミクスチャー・ロックまで幅広いタイプの曲を網羅され、一段と逞しく成長した彼らの勇士に俄然注目が集まることとなる。
そして、ミディアム・テンポのシングル「25コ目の染色体」で念願のメジャー・デビューを飾る。また『ROCK IN JAPAN FES.2005』『SUMMER SONIC 05』にも出演を果たし、邦楽シーンに確固たる地位を築いた。その後も彼らは休むことなく、06年2月にメジャー1stアルバム『RADWIMPS 3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』をリリース。このアルバムはロング・セラーとなり、さらに多くの人々に彼らの名を知らしめることとなった。さらにフェスティバル出演や、横浜BLITZワンマン2デイズなどの大舞台を重ねながら「ふたりごと」「有心論」「セツナレンサ」というそれぞれ全くタイプの異なるシングルを立て続けに発表する。そして、前作から10ヶ月というハイ・ペースでメジャー2ndアルバム『RADWIMPS4〜おかずのごはん〜』をリリース。野田自身の経験が反映された、心に染みる切ないラヴ・ソングが数多く収録されているこのアルバムで、彼らの人気はさらに絶大なものとなった。凄まじい勢いでジャパニーズ・ロックの最前線を更新し続ける彼ら。ますます際立つ唯一無二な世界に触れれば、重要アーティストが登場したと感じずにはいられないだろう。

RADWIMPS、『天気の子 complete version』収録楽曲詳細&ジャケットビジュアル公開

RADWIMPS、『天気の子 complete version』収録楽曲詳細&ジャケットビジュアル公開

『ミュージックステーション』でRADWIMPSが『天気の子』特別映像とともにパフォーマンス

『ミュージックステーション』でRADWIMPSが『天気の子』特別映像とともにパフォーマンス

RADWIMPS、映画『天気の子』で新海誠監督と再タッグ 新曲使用した予告篇を公開

RADWIMPS、映画『天気の子』で新海誠監督と再タッグ 新曲使用した予告篇を公開

RADWIMPS、初スタジアムワンマン含む『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』開催

RADWIMPS、初スタジアムワンマン含む『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』開催

『サマソニ』出演者に[ALEXANDROS]、RADWIMPS、BLACKPINKら15組追加

『サマソニ』出演者に[ALEXANDROS]、RADWIMPS、BLACKPINKら15組追加

Aimer、さユり、清原果耶……野田洋次郎、提供曲から感じる歌い手への“愛情とリスペクト”

Aimer、さユり、清原果耶……野田洋次郎、提供曲から感じる歌い手への“愛情とリスペクト”

RADWIMPS、『Rolling Stone Japan』最新号の表紙に 『ゾンビランドサガ 』ポスターも

RADWIMPS、『Rolling Stone Japan』最新号の表紙に 『ゾンビランドサガ 』ポスターも

“野田洋次郎のラブソング”が持つ本質的な魅力ーーRADWIMPS「そっけない」を聞いて

“野田洋次郎のラブソング”が持つ本質的な魅力ーーRADWIMPS「そっけない」を聞いて

RADWIMPS、新アルバムにONE OK ROCK Taka、あいみょんら参加 収録曲MVも公開

RADWIMPS、新アルバムにONE OK ROCK Taka、あいみょんら参加 収録曲MVも公開

RADWIMPS 野田洋次郎、『淡麗グリーンラベル』新CMで「なんでもないや」ピアノ弾き語り

RADWIMPS 野田洋次郎、『淡麗グリーンラベル』新CMで「なんでもないや」ピアノ弾き語り

RADWIMPS、2年ぶり新アルバム発売 ライブ映像作品も同時発売へ

RADWIMPS、2年ぶり新アルバム発売 ライブ映像作品も同時発売へ

『RADWIMPS 18祭(フェス)』、ナレーションは“18歳”の浜辺美波に

『RADWIMPS 18祭(フェス)』、ナレーションは“18歳”の浜辺美波に

「『エヴァ』作詞家と言われるのは飽きました」 及川眠子が語る、作詞家人生と時代の変化

「『エヴァ』作詞家と言われるのは飽きました」 及川眠子が語る、作詞家人生と時代の変化

RADWIMPS、18歳世代1000人との企画『RADWIMPS18祭』オンエア

RADWIMPS、18歳世代1000人との企画『RADWIMPS18祭』オンエア

RADWIMPS、秦 基博、ビッケブランカ…コミックス・ウェーブ・フィルム作品主題歌の共通点を探る

RADWIMPS、秦 基博、ビッケブランカ…コミックス・ウェーブ・フィルム作品主題歌の共通点を探る

RADWIMPS、近未来都市を舞台にした新曲「カタルシスト」MV公開

RADWIMPS、近未来都市を舞台にした新曲「カタルシスト」MV公開

aiko、エレカシ、RADWIMPS、三代目JSB……トップアーティストたちの新作から見える現在地

aiko、エレカシ、RADWIMPS、三代目JSB……トップアーティストたちの新作から見える現在地

RADWIMPSは映画『空海ーKU-KAIー』主題歌とどう向き合ったのか? 真摯なスタンスを読む

RADWIMPSは映画『空海ーKU-KAIー』主題歌とどう向き合ったのか? 真摯なスタンスを読む

RADWIMPS、菅田将暉、Rei、スカイピース、Rei©hi……各シーンでカリスマ性放つ新作

RADWIMPS、菅田将暉、Rei、スカイピース、Rei©hi……各シーンでカリスマ性放つ新作

RADWIMPS、染谷将太主演『空海ーKU-KAIー』の主題歌「Mountain Top」MV公開

RADWIMPS、染谷将太主演『空海ーKU-KAIー』の主題歌「Mountain Top」MV公開

RADWIMPSが『「君の名は。」オーケストラコンサート』で示した映画音楽の新しい形

RADWIMPSが『「君の名は。」オーケストラコンサート』で示した映画音楽の新しい形

RADWIMPS、テナー、パスピエ……変化していくバンドの“現状”が伝わる新作

RADWIMPS、テナー、パスピエ……変化していくバンドの“現状”が伝わる新作

嵐 松本潤×野田洋次郎、挑戦することの意義を語り合う 「僕らは“今”のちょっと先を生き続けてる」

嵐 松本潤×野田洋次郎、挑戦することの意義を語り合う 「僕らは“今”のちょっと先を生き続けてる」

RADWIMPS野田洋次郎、『ハロー張りネズミ』最終回に出演決定 「盛大にお祝いできれば」

RADWIMPS野田洋次郎、『ハロー張りネズミ』最終回に出演決定 「盛大にお祝いできれば」

『ハロー張りネズミ』劇伴音楽、バトルとホラー要素をどう表現? “絵合わせ”の演出に注目

『ハロー張りネズミ』劇伴音楽、バトルとホラー要素をどう表現? “絵合わせ”の演出に注目

ACIDMAN主催フェス、最終出演者にthe HIATUS、BRAHMAN、MWAM、RADWIMPS

ACIDMAN主催フェス、最終出演者にthe HIATUS、BRAHMAN、MWAM、RADWIMPS

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版