BUCK-TICKの記事一覧

(21件)

85年に、櫻井敦司(vo)、今井寿(g)、星野英彦(g)、樋口豊(b)、ヤガミトール(dr)の5人により活動を開始する。自主制作盤の発表やライヴ活動を経て、87年に『SEXUAL×××××!』でメジャー・デビュー。88年にリリースしたシングル「JUST ONE MORE KISS」が大ヒットし、BOOWYイズムの第一継承者的な位置づけで人気を博す。また、89年の3rdアルバム『TABOO』からは、それまでのイメージを一新するかのようなダウナーでダークなサウンド・スタイルに傾倒していく。その後、今井のドラッグ使用による逮捕でメンバー全員が半年間謹慎。そして、同年12月に行われた東京ドームでのコンサート「バクチク現象」が43000人を動員し完全復活を果たす。90年に発表したアルバム『悪の華』はオリコン初登場第1位を記録。本来携えていた耽美的な世界観が一気に開花した秀作となった。以降もコンスタントにアルバムをチャート上位に送り込み、カルト的なファンを獲得している。また、インダストリアル・ロックの要素を取り入れ、PIG(UKのインダストリアル・ユニット)とツアーを行ったりと、さらなるサウンドの開拓に余念がない。90年代に始まったヴィジュアル・ロック・シーンの始祖としてだけではなく、日本におけるゴスを通過したインダストリアル・バンドとしても評価が高い。

“バクチク現象”は今も続いているーー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』追加公演を見て

“バクチク現象”は今も続いているーー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』追加公演を見て

BUCK-TICK、新アルバム『No.0』先行試聴トレーラー公開

BUCK-TICK、新アルバム『No.0』先行試聴トレーラー公開

BUCK-TICK、ニューシングル『Moon さよならを教えて』ジャケットとスポット映像を公開

BUCK-TICK、ニューシングル『Moon さよならを教えて』ジャケットとスポット映像を公開

LUNA SEA、X JAPAN、BUCK-TICK…音楽シーンに再び革命を起こすか? 2018年の動向に注目

LUNA SEA、X JAPAN、BUCK-TICK…音楽シーンに再び革命を起こすか? 2018年の動向に注目

BUCK-TICK櫻井敦司が“孤高のKING”にーー『GRAVITY』ビジュアル撮影密着レポート

BUCK-TICK櫻井敦司が“孤高のKING”にーー『GRAVITY』ビジュアル撮影密着レポート

BUCK-TICK櫻井敦司とジュエリーブランド『GRAVITY』の邂逅ーーこうづなかば氏に聞く

BUCK-TICK櫻井敦司とジュエリーブランド『GRAVITY』の邂逅ーーこうづなかば氏に聞く

今井寿と藤井麻輝によるユニット・SCHAFT再始動の衝撃ーー名盤『SWITCHBLADE』を改めて振り返る

今井寿と藤井麻輝によるユニット・SCHAFT再始動の衝撃ーー名盤『SWITCHBLADE』を改めて振り返る

BUCK-TICK、年末恒例の武道館ライブ決定 長野、大阪、札幌、横浜でもライブ開催へ

BUCK-TICK、年末恒例の武道館ライブ決定 長野、大阪、札幌、横浜でもライブ開催へ

『LUNATIC FEST.』が蘇らせる、90年代V系遺産 市川哲史が当時の秘話を明かす

『LUNATIC FEST.』が蘇らせる、90年代V系遺産 市川哲史が当時の秘話を明かす

LUNA SEAが演出する「V系シーンの総決算」 市川哲史が『LUNATIC FEST.』の意義を説く

LUNA SEAが演出する「V系シーンの総決算」 市川哲史が『LUNATIC FEST.』の意義を説く

X JAPAN、BUCK-TICKが『LUNATIC FEST.』に出演決定 LUNA SEAメンバーが直々にオファー

X JAPAN、BUCK-TICKが『LUNATIC FEST.』に出演決定 LUNA SEAメンバーが直々にオファー

BUCK-TICKの歌詞はなぜ古びない? 様式美をすり抜ける「ふざけ」感覚を分析

BUCK-TICKの歌詞はなぜ古びない? 様式美をすり抜ける「ふざけ」感覚を分析

「hideは新しい音楽を見つけるのが本当に早かった」市川哲史が振り返るhideの功績

「hideは新しい音楽を見つけるのが本当に早かった」市川哲史が振り返るhideの功績

BUCK-TICKサウンドはなぜ変貌し続ける? 大いなる実験作『或いはアナーキー』を紐解く

BUCK-TICKサウンドはなぜ変貌し続ける? 大いなる実験作『或いはアナーキー』を紐解く

BUCK-TICK、先行曲コンセプトは「宇宙と革命」?新アルバム『或いはアナーキー』の方向性を読む

BUCK-TICK、先行曲コンセプトは「宇宙と革命」?新アルバム『或いはアナーキー』の方向性を読む

SEKAI NO OWARI、初週10万枚の大台へ 強力なライブ動員力がCDセールスを後押し

SEKAI NO OWARI、初週10万枚の大台へ 強力なライブ動員力がCDセールスを後押し

BUCK-TICK新曲アートワークはSF感のある仕上がり ファンの記憶力を試すクイズも実施中

BUCK-TICK新曲アートワークはSF感のある仕上がり ファンの記憶力を試すクイズも実施中

BUCK-TICKはなぜかくも長く愛される? ロック界きっての不老伝説を追う

BUCK-TICKはなぜかくも長く愛される? ロック界きっての不老伝説を追う

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版