「トラコ」「アタル」「カホコ」「ミタ」 遊川和彦が“スーパーキャラ”で描く物語の共通点

「トラコ」「アタル」「カホコ」「ミタ」 遊川和彦が“スーパーキャラ”で描く物語の共通点

遊川和彦脚本、橋本愛主演のドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)がスタートした。謎多き家庭教師のトラコ(橋本愛)が、家庭教師…

『カムカムエヴリバディ』“父”たちの人生の歩み 金太、平助、錠一郎、稔が繋いだバトン

『カムカムエヴリバディ』“父”たちの人生の歩み 金太、平助、錠一郎、稔が繋いだバトン

まもなくエンディングを迎える『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)は、祖母から孫にかけての三世代のヒロインによる100年のファミ…

『スパイダーマン』に刻まれた珠玉の名台詞 ピーター・パーカーと親愛なる隣人に寄せて

『スパイダーマン』に刻まれた珠玉の名台詞 ピーター・パーカーと親愛なる隣人に寄せて

「全ての運命が集結する」――キャッチフレーズ通りの展開に心震わされた『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。MCU版『スパイダ…

小学校ドラマは時代を映す鏡?  『熱中時代』から『二月の勝者』までを辿る

小学校ドラマは時代を映す鏡?  『熱中時代』から『二月の勝者』までを辿る

『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系、以下『二月の勝者』)が最終回を迎えた。中学受験のための学習塾を舞台にした作品だが…

『密告はうたう』重苦しいムードに光る松岡昌宏の意志 信じないことで辿り着く真実とは

『密告はうたう』重苦しいムードに光る松岡昌宏の意志 信じないことで辿り着く真実とは

松岡昌宏主演の警察ミステリー『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』がいよいよ佳境を迎える。  「警察の中の警察」と…

鈴木浩介、中村倫也、伊武雅刀は“その後のマクベス”? 『コントが始まる』大人たちの優しさ

鈴木浩介、中村倫也、伊武雅刀は“その後のマクベス”? 『コントが始まる』大人たちの優しさ

人生は伏線回収の連続であり、そこで得られた人と人との縁を大切にしていくことで、他人から失敗だと思われる人生だって、前を向いて生き…

『ドラゴン桜』第2シリーズでの大きな変化 いつの時代も求められるのは“熱い説教”?

『ドラゴン桜』第2シリーズでの大きな変化 いつの時代も求められるのは“熱い説教”?

TBS日曜劇場『ドラゴン桜』が好調だ。ライトな学園コメディだった第1シリーズとまったく異なるシリアスな展開と重厚な演出に、当初は…

風刺コメディー『ここぼく』は現実と地続きの物語 日本社会の問題と“好感度”の関係とは?

風刺コメディー『ここぼく』は現実と地続きの物語 日本社会の問題と“好感度”の関係とは?

松坂桃李主演ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK総合)は、「ここぼく」というファニーな通称とは裏腹に、とても…

川上洋平に続き長岡亮介も ミュージシャンが俳優として起用される理由は“新鮮さ重視”?

川上洋平に続き長岡亮介も ミュージシャンが俳優として起用される理由は“新鮮さ重視”?

坂元裕二脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)にペトロールズや東京事変などで活躍するミュージシャンの…

『俺の家の話』に登場するプロレス要素を解説 “スーパー世阿弥マシン”の元ネタとは?

『俺の家の話』に登場するプロレス要素を解説 “スーパー世阿弥マシン”の元ネタとは?

宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演のドラマ『俺の家の話』(TBS系)は、年老いた父親の介護に直面する主人公の奮闘を描くドラマだが、そこ…

『カムカムエヴリバディ』で“朝ドラ史上最高齢ヒロイン”に 深津絵里の“母親像”への期待

『カムカムエヴリバディ』で“朝ドラ史上最高齢ヒロイン”に 深津絵里の“母親像”への期待

2021年度後期放送のNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は「NHKのラジオ英語講座」を題材に、祖母、母、娘の3世代の…

『半沢直樹』が“あるべき未来”に向けて遺した名ゼリフ 仕事や社会に向き合う視聴者の活力に

『半沢直樹』が“あるべき未来”に向けて遺した名ゼリフ 仕事や社会に向き合う視聴者の活力に

『半沢直樹』(TBS系)の人気の理由として、勧善懲悪の爽快さ、迫力のある演技合戦などがよく挙げられるが、数々の名ゼリフも印象深い…

スピンオフドラマ熱望! 複数のヒーローたちが輝いた『半沢直樹』

スピンオフドラマ熱望! 複数のヒーローたちが輝いた『半沢直樹』

『半沢直樹』(TBS系)が熱狂的な支持の中、最終回まで見事に完走した。怒鳴り合いがパワハラそのものではないかという指摘や、役者た…