小野寺系の記事一覧

(224件)

破壊の魅力を描くアニメーション 宮崎駿と庵野秀明、そして『アングリーバード』

破壊の魅力を描くアニメーション 宮崎駿と庵野秀明、そして『アングリーバード』

イーストウッド監督の映画はなぜ“特別”か? 『ハドソン川の奇跡』に見る、余韻の豊かさ

イーストウッド監督の映画はなぜ“特別”か? 『ハドソン川の奇跡』に見る、余韻の豊かさ

映画『聲の形』がメジャーな作風となった理由ーー山田尚子監督は重いテーマにどう魔法をかけた?

映画『聲の形』がメジャーな作風となった理由ーー山田尚子監督は重いテーマにどう魔法をかけた?

スピルバーグが『BFG』で甦らせたテーマとは? 「夢」を通じて描く、創作者へのエール

スピルバーグが『BFG』で甦らせたテーマとは? 「夢」を通じて描く、創作者へのエール

『スーサイド・スクワッド』が悪役たちを“人間らしく”描いた理由ーーデヴィッド・エアーの真意は?

『スーサイド・スクワッド』が悪役たちを“人間らしく”描いた理由ーーデヴィッド・エアーの真意は?

遺産狙いの悪行がなぜ説得力を持つのか? 『後妻業の女』が描く人間の欲望

遺産狙いの悪行がなぜ説得力を持つのか? 『後妻業の女』が描く人間の欲望

『君の名は。』はなぜ若い観客の心をとらえた? 新海誠の作風の変化を読む

『君の名は。』はなぜ若い観客の心をとらえた? 新海誠の作風の変化を読む

闇と光の“反復”はどんな恐怖をもたらすか? 『ライト/オフ』が辿り着いた、映画の根源的表現

闇と光の“反復”はどんな恐怖をもたらすか? 『ライト/オフ』が辿り着いた、映画の根源的表現

新『ゴーストバスターズ』が娯楽映画として成功した理由 性別を乗り越えたリブートの真価を読む

新『ゴーストバスターズ』が娯楽映画として成功した理由 性別を乗り越えたリブートの真価を読む

『ペット』の作風は、ディズニーやピクサーとどう異なる? イルミネーションが追求する娯楽性

『ペット』の作風は、ディズニーやピクサーとどう異なる? イルミネーションが追求する娯楽性

『ジャングル・ブック』の“作り物のジャングル”が示す、圧縮された社会モデル

『ジャングル・ブック』の“作り物のジャングル”が示す、圧縮された社会モデル

『シン・ゴジラ』は“コントロールルーム映画”だった? 速水健朗が庵野監督の意図を読み解く

『シン・ゴジラ』は“コントロールルーム映画”だった? 速水健朗が庵野監督の意図を読み解く

『13日の金曜日』の感覚は、いま映画の最先端に 様式化とポップ化が進んだ80年代ホラー

『13日の金曜日』の感覚は、いま映画の最先端に 様式化とポップ化が進んだ80年代ホラー

今夜放送『もののけ姫』、今こそ考えたい宮崎駿のメッセージ

今夜放送『もののけ姫』、今こそ考えたい宮崎駿のメッセージ

『シン・ゴジラ』は日本の何を破壊する? 庵野秀明監督が復活させた“おそろしい”ゴジラ像

『シン・ゴジラ』は日本の何を破壊する? 庵野秀明監督が復活させた“おそろしい”ゴジラ像

ゴシップガール vs 人食い鮫!? ブレイク・ライヴリーが『ロスト・バケーション』に挑んだ理由

ゴシップガール vs 人食い鮫!? ブレイク・ライヴリーが『ロスト・バケーション』に挑んだ理由

映画は人類史における一大犯罪をどう描くべきか? 『サウルの息子』の演出が投げかける問い

映画は人類史における一大犯罪をどう描くべきか? 『サウルの息子』の演出が投げかける問い

『ファインディング・ドリー』が持つ、小市民映画としてのやさしさーー痛みとともに描く人生の意味

『ファインディング・ドリー』が持つ、小市民映画としてのやさしさーー痛みとともに描く人生の意味

前作から20年『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の政治性をどう捉える?

前作から20年『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の政治性をどう捉える?

スポーツ界最悪の薬物スキャンダルの真実ーー『疑惑のチャンピオン』が問いかけるもの

スポーツ界最悪の薬物スキャンダルの真実ーー『疑惑のチャンピオン』が問いかけるもの

黒沢清監督が仕掛ける“違和感”の意味ーー『クリーピー 偽りの隣人』の演出を読む

黒沢清監督が仕掛ける“違和感”の意味ーー『クリーピー 偽りの隣人』の演出を読む

『リング』『呪怨』では描けなかった領域へーー『貞子vs伽椰子』を成功させた白石晃士監督の手腕

『リング』『呪怨』では描けなかった領域へーー『貞子vs伽椰子』を成功させた白石晃士監督の手腕

ヒッチコックからイーライ・ロスへ 『ノック・ノック』とヴィジット・スリラーの系譜

ヒッチコックからイーライ・ロスへ 『ノック・ノック』とヴィジット・スリラーの系譜

『デッドプール』が“R指定で最も売れた作品”となった理由ーー善悪を超えたヒーローの革新性

『デッドプール』が“R指定で最も売れた作品”となった理由ーー善悪を超えたヒーローの革新性

押井守監督は「戦争」を問い直すーー最新作『ガルム・ウォーズ』の“艦隊戦”が映し出すもの

押井守監督は「戦争」を問い直すーー最新作『ガルム・ウォーズ』の“艦隊戦”が映し出すもの

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版