>  > 音楽シーン分析

音楽シーン分析の記事一覧

(1296件)

J-POP、ロック、アイドル、ヴィジュアル系、ボカロ……ジャンルが多く複雑な音楽シーンを、さまざまな角度から分析します。音楽業界の“いま”が分かる!

ゴールデンボンバー、四星球、フレデリック……独自の武器を磨き続けるバンドの新作

ゴールデンボンバー、四星球、フレデリック……独自の武器を磨き続けるバンドの新作

特撮ソングはなぜ人の心を熱くさせる? 近年のスーパー戦隊シリーズ楽曲と渡辺宙明の功績から考察

特撮ソングはなぜ人の心を熱くさせる? 近年のスーパー戦隊シリーズ楽曲と渡辺宙明の功績から考察

『第61回グラミー賞』で象徴的だった人種と女性問題への提起 受賞作やスピーチなどから解説

『第61回グラミー賞』で象徴的だった人種と女性問題への提起 受賞作やスピーチなどから解説

『高等ラッパー』と『SMTM』の影響力が絶大?『Korean Hiphop Awards』からシーンを読む

『高等ラッパー』と『SMTM』の影響力が絶大?『Korean Hiphop Awards』からシーンを読む

赤坂BLITZ、ライブハウス営業終了へ 「赤坂エンタテインメント・シティ構想」で街全体が進化?

赤坂BLITZ、ライブハウス営業終了へ 「赤坂エンタテインメント・シティ構想」で街全体が進化?

あいみょん、CHAI、吉田凜音……明確な意志を備えた女性シンガーの新作

あいみょん、CHAI、吉田凜音……明確な意志を備えた女性シンガーの新作

「ハーフタイムショー」はなぜ物議を醸した? Maroon 5出演背景からパフォーマンスまで解説

「ハーフタイムショー」はなぜ物議を醸した? Maroon 5出演背景からパフォーマンスまで解説

関西弁の歌詞の“名曲”が多い理由 言葉がメロディに与える影響を考える

関西弁の歌詞の“名曲”が多い理由 言葉がメロディに与える影響を考える

IZ*ONE、PENTAGON……第3次韓流ブーム、キーワードは“グローバル“?

IZ*ONE、PENTAGON……第3次韓流ブーム、キーワードは“グローバル“?

Nulbarich、Nissy、Eve……海外でも通用する可能性を持った日本のアーティストの新作

Nulbarich、Nissy、Eve……海外でも通用する可能性を持った日本のアーティストの新作

ボーカルが作詞をしないバンドから考える、“バンドのボーカルと歌詞”の関係性について

ボーカルが作詞をしないバンドから考える、“バンドのボーカルと歌詞”の関係性について

SACRA MUSIC MIX CD『MiX』は最良のアニクラ入門盤に 本作の魅力を解説

SACRA MUSIC MIX CD『MiX』は最良のアニクラ入門盤に 本作の魅力を解説

LDHはカルチャーそのものを世界に発信するーーLDH USA徹底レポ第3回「24karats」篇

LDHはカルチャーそのものを世界に発信するーーLDH USA徹底レポ第3回「24karats」篇

LDHのシステムは世界でも求められているーーLDH USA徹底レポ第2回「EXPG STUDIO」LA校 篇

LDHのシステムは世界でも求められているーーLDH USA徹底レポ第2回「EXPG STUDIO」LA校 篇

LDH流の“日本食”をLAで堪能 LDH USA徹底レポ第1回「LDH Kitchen The Robata」篇

LDH流の“日本食”をLAで堪能 LDH USA徹底レポ第1回「LDH Kitchen The Robata」篇

iKONとBTSが3冠獲得 『Gaon Chart Music Awards』から2019年のK-POPシーンを考察

iKONとBTSが3冠獲得 『Gaon Chart Music Awards』から2019年のK-POPシーンを考察

THE RAMPAGE、DEAN FUJIOKA、ベボベ、女王蜂……J-POP発、世界レベルのダンスチューン

THE RAMPAGE、DEAN FUJIOKA、ベボベ、女王蜂……J-POP発、世界レベルのダンスチューン

「Plastic Love」世界的ヒットに“3つの文脈” tofubeatsカバーリリースを機に解説

「Plastic Love」世界的ヒットに“3つの文脈” tofubeatsカバーリリースを機に解説

けものフレンズ2、五等分の花嫁……“歌声での芝居”を存分に味わえるキャラソン主題歌

けものフレンズ2、五等分の花嫁……“歌声での芝居”を存分に味わえるキャラソン主題歌

サマソニのヘッドライナーに通底する独自のカラー 過去20年間のラインナップから考える

サマソニのヘッドライナーに通底する独自のカラー 過去20年間のラインナップから考える

King Gnu、ネクライトーキー……2019年バンドシーンの傾向を『バズリズム02』恒例企画から考察

King Gnu、ネクライトーキー……2019年バンドシーンの傾向を『バズリズム02』恒例企画から考察

JP THE WAVYからKOHH、SKY-HI、SALUまで 日韓ラッパーのコラボが活発化

JP THE WAVYからKOHH、SKY-HI、SALUまで 日韓ラッパーのコラボが活発化

TWICE、Red Velvetらもカバー 「Baby Shark(サメの家族)」世界的ヒットの背景

TWICE、Red Velvetらもカバー 「Baby Shark(サメの家族)」世界的ヒットの背景

ヴィジュアル系が「ブーム」から「文化」へ “1999年”がシーンにもたらしたもの

ヴィジュアル系が「ブーム」から「文化」へ “1999年”がシーンにもたらしたもの

電気グルーヴ、フジファブリック、バニラズ……2019年に周年迎えるグループの新作

電気グルーヴ、フジファブリック、バニラズ……2019年に周年迎えるグループの新作

“フェスシーンの多様化”の土台にあるもの 常連バンドの躍進が生みだす新たなサイクル

“フェスシーンの多様化”の土台にあるもの 常連バンドの躍進が生みだす新たなサイクル

au三太郎シリーズがCMソングを超えてヒット生む理由 AI、WANIMA、GReeeeNら楽曲から考察

au三太郎シリーズがCMソングを超えてヒット生む理由 AI、WANIMA、GReeeeNら楽曲から考察

宇多田ヒカル 、King Gnu、リトグリ、V6、青山テルマ……日本語のグルーヴの最新型示す新作

宇多田ヒカル 、King Gnu、リトグリ、V6、青山テルマ……日本語のグルーヴの最新型示す新作

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版