コラムの記事一覧

(7569件)

映画界の最新動向や興行成績の分析に加え、アクターやディレクターの功績にも迫るコラムを多数掲載。

2022年以降は複数の黒人スーパーヒーローが活躍? 『ブラックパンサー』続編の行方を占う

2022年以降は複数の黒人スーパーヒーローが活躍? 『ブラックパンサー』続編の行方を占う

こんにちは、杉山すぴ豊です。ここ1週間のマーベル、DCのアメコミヒーロー映画まわりのニュースや気になった噂をセレクト、解説付きで…

ガル・ガドット、ジョス・ウェドン監督から脅迫された 他キャストも抗議する事の顛末とは

ガル・ガドット、ジョス・ウェドン監督から脅迫された 他キャストも抗議する事の顛末とは

DCユニバースでワンダーウーマンとして活躍する女優ガル・ガドットが、先日行われたイスラエルのN12ニュースでのインタビューにて、…

今期ドラマはサプライズ満載! 『着飾る恋』『まめ夫』『コントが始まる』などの“仕掛け”

今期ドラマはサプライズ満載! 『着飾る恋』『まめ夫』『コントが始まる』などの“仕掛け”

放送開始前から、「ラインナップが凄すぎる」と話題を集めていた2021年4月期のテレビドラマ。中村倫也(『珈琲いかがでしょう』(テ…

『きれいのくに』の世界観を生み出す独特の台詞回し “中途半端”を表現した青木柚の好演も

『きれいのくに』の世界観を生み出す独特の台詞回し “中途半端”を表現した青木柚の好演も

よるドラ『きれいのくに』(NHK総合)は、第5話(全8回)にて折り返しに入った。パパ活で暴行事件に遭うれいら(岡本夏美)が主軸に…

“大阪のお母ちゃん”になった千代の帰るべき場所 『おちょやん』が描く“家族”と“家”

“大阪のお母ちゃん”になった千代の帰るべき場所 『おちょやん』が描く“家族”と“家”

路地に人影が見える。割烹着姿のみつえ(東野絢香)があわてて外に飛び出し、通りの向こうの人物と顔を見合わせる。「おかえり!」。千代…

川上洋平に続き長岡亮介も ミュージシャンが俳優として起用される理由は“新鮮さ重視”?

川上洋平に続き長岡亮介も ミュージシャンが俳優として起用される理由は“新鮮さ重視”?

坂元裕二脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)にペトロールズや東京事変などで活躍するミュージシャンの…

『きれいのくに』に滲む作家・加藤拓也の底知れなさ “10代”と“夫婦”、2つの得意手

『きれいのくに』に滲む作家・加藤拓也の底知れなさ “10代”と“夫婦”、2つの得意手

『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)の坂元裕二、『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK総合)の渡辺…

『ドラゴン桜』鈴鹿央士と東大専科が対決 「バカとブスこそ東大に行け」に込められた真意

『ドラゴン桜』鈴鹿央士と東大専科が対決 「バカとブスこそ東大に行け」に込められた真意

「バカとブスこそ東大に行け!」。伝説の受験ドラマの代名詞となったセリフが、16年の時を経て響きわたる。受験テクニックを伝授するド…

狩野とコタローの優しさが今こそ必要? 『コタローは1人暮らし』明らかになった悲痛な事実

狩野とコタローの優しさが今こそ必要? 『コタローは1人暮らし』明らかになった悲痛な事実

「優しさ」という、目には見えないもの。しっかりと感じよう、返せるならばきちんと返していこう。『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日…

『ここぼく』があぶり出す意味のカモフラージュ 『ワンダーウォール』のアンサーの側面も

『ここぼく』があぶり出す意味のカモフラージュ 『ワンダーウォール』のアンサーの側面も

「この物語はフィクションです」と言うときの「フィクション」はどのくらいフィクションなのか? 『今ここにある危機とぼくの好感度につ…