『虎に翼』寅子にはどんな恋が訪れる? “初恋は実りづらい”朝ドラの傾向を振り返る

『虎に翼』寅子にはどんな恋が訪れる?

 NHK連続テレビ小説『虎に翼』第4週、明律大学女子部を卒業した寅子(伊藤沙莉)は晴れて明律大学法学部へと進学した。学びの場が男女共学になり、寅子をはじめとする女子部出身者たちは、一気に男子学生との交流が増えた。

 「初手が肝心」と勇んで行った最初の授業では、花岡(岩田剛典)の紳士的な振る舞いにより、男性たちからひどいことなどを言われずにすんだ。これまで寅子たちが出会ってきた男は、轟(戸塚純貴)のように「男性の方が偉い」というようなことを言いたがっていた。だが、どうやら法学部はそんな人たちの方が少数派のよう。そのことに寅子たちはほっと胸を撫で下ろしていた。

『虎に翼』

 でもどんな人にも、意外な一面はあるもの。花岡の一声で企画されたピクニックで、多くのことが明らかになった。たとえば、みなが好青年だと思っていた花岡は、おそらく無意識に女性を見下してしまう傲慢さを持っていたし、轟はその発言から悪目立ちしてしまうが、根は優しくいい人だった。どうやら法学部の面々は、まだお互いに「男性だから」「女性だから」という概念に囚われて、ぶつかってしまうことの方が多いようだ。彼らにキュンとするような恋が訪れるのはもう少し先かもしれない。

 近年の朝ドラでも、数多くの「初恋」が描かれてきた。特にひとつのことに一生懸命になる朝ドラヒロインたちの初恋はとても甘酸っぱい。『ブギウギ』(2023度年後期)のヒロイン・スズ子(趣里)は梅丸楽劇団(UGD)の旗揚げのため、一緒に大阪から上京した秋山(伊原六花)がダンサー仲間の1人に恋をしたことをきっかけに、自身も恋愛を意識し始める。そして演出家の松永(新納慎也)にほのかな恋心を抱いたのだった。しかし、松永にはアメリカに残してきた恋人がおり、あえなく散ってしまう。

 朝ドラヒロインの恋模様は多種多様だが、共通してるのは、相手から思いを打ち明けられ、意識するというよりは、自分から恋に落ちていくこと。そして初恋は実りづらいものだ。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる