>  > チャート一刀両断!

チャート一刀両断!の記事一覧

(250件)

一線で活躍するライターが、シングル/アルバムチャートを分析。音楽シーンを読み解くヒントに。

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

ジャニーズWESTが『WESTival』で示す振り幅の広さ グループは今後どう化けていく?

ジャニーズWESTが『WESTival』で示す振り幅の広さ グループは今後どう化けていく?

トレンドセッターとしてのTVは健在? 安室、欅坂、TWICEら紅白勢上位占めた年始複合チャート

トレンドセッターとしてのTVは健在? 安室、欅坂、TWICEら紅白勢上位占めた年始複合チャート

NMB48「ワロタピーポー」のポイントは“軽薄さ”にあり? 秋元康のプロデュース力光る作品に

NMB48「ワロタピーポー」のポイントは“軽薄さ”にあり? 秋元康のプロデュース力光る作品に

安室奈美恵は“200万枚を売り上げた最後のアーティスト”となるか? 2017年最終週チャート分析

安室奈美恵は“200万枚を売り上げた最後のアーティスト”となるか? 2017年最終週チャート分析

A.B.C-Z、年末を飾る新シングルの聴きどころは? 豪華作家陣によるサウンドと歌詞から考察

A.B.C-Z、年末を飾る新シングルの聴きどころは? 豪華作家陣によるサウンドと歌詞から考察

椎名林檎、提供曲から辿る音楽的な変遷 『逆輸入~航空局~』に見る“音楽家”としての本分

椎名林檎、提供曲から辿る音楽的な変遷 『逆輸入~航空局~』に見る“音楽家”としての本分

Kis-My-Ft2「赤い果実」で打ち出した新たな側面 “演じながら歌う”楽曲スタイルから考察

Kis-My-Ft2「赤い果実」で打ち出した新たな側面 “演じながら歌う”楽曲スタイルから考察

150万枚突破の安室奈美恵と躍進続けるMy Hair is Bad それぞれがチャートアクションで示したもの

150万枚突破の安室奈美恵と躍進続けるMy Hair is Bad それぞれがチャートアクションで示したもの

UNISON SQUARE GARDENが追求する、3ピースバンドの可能性ーー最新曲から考察

UNISON SQUARE GARDENが追求する、3ピースバンドの可能性ーー最新曲から考察

安室奈美恵『Finally』は単なるベストではない 25年を経て辿り着いた“最新作”としての捉え方

安室奈美恵『Finally』は単なるベストではない 25年を経て辿り着いた“最新作”としての捉え方

欅坂46『風に吹かれても』、2週連続売上首位の理由は? カップリング曲や販売形態から考察

欅坂46『風に吹かれても』、2週連続売上首位の理由は? カップリング曲や販売形態から考察

東方神起、ベスト盤ヒットの背景 “復帰作”と“根強い人気”以外にも理由が?

東方神起、ベスト盤ヒットの背景 “復帰作”と“根強い人気”以外にも理由が?

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

ドリカムは“Jポップの始祖”である 最新作『THE DREAM QUEST』&過去作から伝わる存在感

ドリカムは“Jポップの始祖”である 最新作『THE DREAM QUEST』&過去作から伝わる存在感

Sexy Zone「ぎゅっと」が伝えるメッセージとは バンドシーンの才能も起用した“応援歌”を分析

Sexy Zone「ぎゅっと」が伝えるメッセージとは バンドシーンの才能も起用した“応援歌”を分析

Happinessは“最高”の新作でJ-POPを更新する Ava1ancheら迎えた『GOLD』収録曲を聴く

Happinessは“最高”の新作でJ-POPを更新する Ava1ancheら迎えた『GOLD』収録曲を聴く

DAOKO×米津玄師、テイラー・スウィフト、乃木坂46…複合チャートに反映された若年層の動向

DAOKO×米津玄師、テイラー・スウィフト、乃木坂46…複合チャートに反映された若年層の動向

内田彩、チャートアクション好調の意義 声優アーティストの存在感さらに高まるか?

内田彩、チャートアクション好調の意義 声優アーティストの存在感さらに高まるか?

関ジャニ∞「奇跡の人」は何を問いかける? 「関白宣言」から続くさだまさしのスタンスから読む

関ジャニ∞「奇跡の人」は何を問いかける? 「関白宣言」から続くさだまさしのスタンスから読む

“セールス”と“話題性”の乖離をどう捉えるか? 最新複合チャートに見る音楽シーンの現状

“セールス”と“話題性”の乖離をどう捉えるか? 最新複合チャートに見る音楽シーンの現状

桑田佳祐とBLACKPINKが並ぶ最新チャートから読む、J-POPの現在

桑田佳祐とBLACKPINKが並ぶ最新チャートから読む、J-POPの現在

Flower、歌とダンス意識した「たいようの哀悼歌」で初の首位獲得 同曲が引き出したグループの魅力

Flower、歌とダンス意識した「たいようの哀悼歌」で初の首位獲得 同曲が引き出したグループの魅力

星野源「Family Song」、複合チャートでも納得の結果 “最先端のJ-POP”生み出す流儀とは?

星野源「Family Song」、複合チャートでも納得の結果 “最先端のJ-POP”生み出す流儀とは?

長渕剛、最新作『BLACK TRAIN』での音楽的チャレンジ 自らの表現をどうアップデートした?

長渕剛、最新作『BLACK TRAIN』での音楽的チャレンジ 自らの表現をどうアップデートした?

乃木坂46「逃げ水」、実験的サウンドでチャート独走 前例のない“三段パンチ”構成とは?

乃木坂46「逃げ水」、実験的サウンドでチャート独走 前例のない“三段パンチ”構成とは?

山下達郎『COME ALONG』は今こそ有効? シリーズ最新作が伝えた“ラジオ”の強み

山下達郎『COME ALONG』は今こそ有効? シリーズ最新作が伝えた“ラジオ”の強み

Mr.ChildrenがJ-POPシーンに君臨する理由ーー「himawari」にみる“バンドの凄み”

Mr.ChildrenがJ-POPシーンに君臨する理由ーー「himawari」にみる“バンドの凄み”

欅坂46の魅力は“レジスタンス”の外側にも広がっているーー1stアルバムで花開くもう一方の要素

欅坂46の魅力は“レジスタンス”の外側にも広がっているーー1stアルバムで花開くもう一方の要素

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版