>  > チャート一刀両断!

チャート一刀両断!の記事一覧

(318件)

一線で活躍するライターが、シングル/アルバムチャートを分析。音楽シーンを読み解くヒントに。

Aimer、“生まれ持った声で勝負できる”シンガーとしての強さ 2枚同時発売アルバムがチャートイン

Aimer、“生まれ持った声で勝負できる”シンガーとしての強さ 2枚同時発売アルバムがチャートイン

King & Prince、『君を待ってる』でデビュー以来3作連続の1位獲得 平成の最後飾る“応援ソング”に

King & Prince、『君を待ってる』でデビュー以来3作連続の1位獲得 平成の最後飾る“応援ソング”に

Suchmosとユニコーンの最新作が雄弁に語る“ロックバンド”の面白さ チャートインを機に考察

Suchmosとユニコーンの最新作が雄弁に語る“ロックバンド”の面白さ チャートインを機に考察

祭nine.が『デュエル・マスターズ!』OPで通算2作目の1位獲得 歴代主題歌を一挙紹介

祭nine.が『デュエル・マスターズ!』OPで通算2作目の1位獲得 歴代主題歌を一挙紹介

Sexy Zone、あいみょん、sumikaがランクイン 次世代牽引するアーティスト並ぶチャートを分析

Sexy Zone、あいみょん、sumikaがランクイン 次世代牽引するアーティスト並ぶチャートを分析

関ジャニ∞、『crystal』で通算37作目の1位獲得 簡潔な中でポップスを最大限に聴かせる3曲に

関ジャニ∞、『crystal』で通算37作目の1位獲得 簡潔な中でポップスを最大限に聴かせる3曲に

SEKAI NO OWARI、最新作『Lip』『Eye』チャートイン 相次ぐ2枚組アルバムリリースを考える

SEKAI NO OWARI、最新作『Lip』『Eye』チャートイン 相次ぐ2枚組アルバムリリースを考える

NMB48、山本彩卒業後初シングルで首位 「床の間正座娘」と「絶滅黒髪少女」に通ずる主人公像

NMB48、山本彩卒業後初シングルで首位 「床の間正座娘」と「絶滅黒髪少女」に通ずる主人公像

ONE OK ROCK、『Eye of the Storm』が日本の音楽シーンに与える影響 チャート1位機に考察

ONE OK ROCK、『Eye of the Storm』が日本の音楽シーンに与える影響 チャート1位機に考察

IZ*ONE、歌い踊る姿がもたらす昂揚感 日本デビューシングル『好きと言わせたい』でチャートイン

IZ*ONE、歌い踊る姿がもたらす昂揚感 日本デビューシングル『好きと言わせたい』でチャートイン

DEAN FUJIOKAは“ポストJ-POP”の頼もしい担い手に 最新作チャートインを機に考察

DEAN FUJIOKAは“ポストJ-POP”の頼もしい担い手に 最新作チャートインを機に考察

King Gnu、『Sympa』でチャート初登場4位の快挙 常田大希の“鬼才”ぶりに注目

King Gnu、『Sympa』でチャート初登場4位の快挙 常田大希の“鬼才”ぶりに注目

Aimer、女性ソロアーティストとして5年ぶりシングル1位 “シンガー”の魅力を深掘りする内容に

Aimer、女性ソロアーティストとして5年ぶりシングル1位 “シンガー”の魅力を深掘りする内容に

DA PUMP、『紅白』勢並ぶチャートにランクイン ベスト盤で再確認するグループのポテンシャル

DA PUMP、『紅白』勢並ぶチャートにランクイン ベスト盤で再確認するグループのポテンシャル

星野源、2018年最後のチャートで首位獲得 『POP VIRUS』は“根っこ”を語るアルバムに

星野源、2018年最後のチャートで首位獲得 『POP VIRUS』は“根っこ”を語るアルバムに

SKE48、合算シングルランキング発表後初の1位に 最新シングル『Stand by you』収録曲を分析

SKE48、合算シングルランキング発表後初の1位に 最新シングル『Stand by you』収録曲を分析

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』、バンドがサウンドにこだわる利点を考える

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』、バンドがサウンドにこだわる利点を考える

SUPER JUNIOR、国境を越えたコラボ曲「One More Time」 チャート上位は海外志向に?

SUPER JUNIOR、国境を越えたコラボ曲「One More Time」 チャート上位は海外志向に?

西野カナ、初登場で1、2位を独占 ベスト盤『Love Collection 2』から感じた“変化”

西野カナ、初登場で1、2位を独占 ベスト盤『Love Collection 2』から感じた“変化”

乃木坂46、『帰り道は遠回りしたくなる』で首位獲得の歴史を更新 収録曲からポイントを考察

乃木坂46、『帰り道は遠回りしたくなる』で首位獲得の歴史を更新 収録曲からポイントを考察

EXOは日本のポップミュージックと世界を接続する風穴に? 最新作収録曲のサウンドを分析

EXOは日本のポップミュージックと世界を接続する風穴に? 最新作収録曲のサウンドを分析

米津玄師の創作活動はより自由になったーー対照的な2曲並ぶ『Flamingo / TEENAGE RIOT』評

米津玄師の創作活動はより自由になったーー対照的な2曲並ぶ『Flamingo / TEENAGE RIOT』評

NMB48 山本彩の卒業シングル『僕だって泣いちゃうよ』は“功労者”の門出にふさわしい作品に

NMB48 山本彩の卒業シングル『僕だって泣いちゃうよ』は“功労者”の門出にふさわしい作品に

04 Limited Sazabys『SOIL』は新たな一歩示す作品に 発想の豊かさ感じる最新作を聞く

04 Limited Sazabys『SOIL』は新たな一歩示す作品に 発想の豊かさ感じる最新作を聞く

Kis-My-Ft2、新曲「君、僕。」は歌謡のメソッド駆使した1曲に 視覚的な歌詞と音作りを分析

Kis-My-Ft2、新曲「君、僕。」は歌謡のメソッド駆使した1曲に 視覚的な歌詞と音作りを分析

レキシは“大衆の求めるポップアーティスト”として定着? 最新作『ムキシ』から考える

レキシは“大衆の求めるポップアーティスト”として定着? 最新作『ムキシ』から考える

AKB48、『センチメンタルトレイン』で“アイドルの不在”をどう昇華した? MVと楽曲から考える

AKB48、『センチメンタルトレイン』で“アイドルの不在”をどう昇華した? MVと楽曲から考える

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版