SFの記事一覧

(195件)

SFの記事一覧です

なぜ日本でも“ミリタリーSF”は成立するようになった? 「星系出雲の兵站」シリーズ誕生の背景を探る

なぜ日本でも“ミリタリーSF”は成立するようになった? 「星系出雲の兵站」シリーズ誕生の背景を探る

SFのサブジャンルのひとつに、ミリタリーSFがある。ミリタリーSFの定義は、なかなか難しい。大雑把に書くと、軍人が主人公、戦争や…

浅野いにお『デデデデ』の突き抜けた面白さ ふたつの「大きなウソ」を組み合わせた手腕に迫る

浅野いにお『デデデデ』の突き抜けた面白さ ふたつの「大きなウソ」を組み合わせた手腕に迫る

浅野いにおの『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』が、第66回(2020年度)小学館漫画賞の一般向け部門を受賞した。…

SF作家ふたたび集結〈人類滅亡〉を語りあう 劉慈欣、ケン・リュウもVTR出演!

SF作家ふたたび集結〈人類滅亡〉を語りあう 劉慈欣、ケン・リュウもVTR出演!

『世界SF作家会議』が、2021年1月6日26時05分よりフジテレビにて地上波放送される(関東ローカル)。  2020年7月に…

SF作家はシリコンバレーに敗北したのか? ジェームズ・キャメロン『SF映画術』から考える

SF作家はシリコンバレーに敗北したのか? ジェームズ・キャメロン『SF映画術』から考える

SFというジャンルは、近未来のイメージを示し、科学の発展の夢や悪夢を描き、現実の社会に大きな影響を与えてきた。また、現実社会の変…

鴻巣友季子が語る、マーガレット・アトウッド作品の魅力 「『侍女の物語』は警告の書だったのに対し、『誓願』は現実を映す鏡」

鴻巣友季子が語る、マーガレット・アトウッド作品の魅力 「『侍女の物語』は警告の書だったのに対し、『誓願』は現実を映す鏡」

近年、ディストピア小説がブームだ。そのなかで再評価されている名作の1つが、マーガレット・アトウッド『侍女の物語』(1985年)。…

まつもと泉は「ラブコメ漫画の開拓者」だったーー永遠の名作『きまぐれオレンジ☆ロード』の功績

まつもと泉は「ラブコメ漫画の開拓者」だったーー永遠の名作『きまぐれオレンジ☆ロード』の功績

80年代に一世を風靡したラブコメ漫画の名作『きまぐれオレンジ☆ロード』の作者・まつもと泉が、10月6日に亡くなっていたということ…

SF映画のタイポグラフィは「未来」をどう視覚化してきたのか? 『SF映画のタイポグラフィとデザイン』

SF映画のタイポグラフィは「未来」をどう視覚化してきたのか? 『SF映画のタイポグラフィとデザイン』

『2001年宇宙の旅』以降のSF映画作品を題材に、SF映画のストーリーテリングとデザインの関係を探る『SF映画のタイポグラフィと…

伴名練『日本SFの臨界点』でアンソロジストとしても才能発揮 粒揃いのSF傑作集

伴名練『日本SFの臨界点』でアンソロジストとしても才能発揮 粒揃いのSF傑作集

 伴名練は凄い。……というのは、すでに周知の事実だろう。2019年に刊行されたSF短篇集『なめらかな世界と、その敵』は、…

『アベンジャーズ』『バーフバリ』『T-34』のVFXチーム集結 ロシア映画『ワールドエンド』公開へ

『アベンジャーズ』『バーフバリ』『T-34』のVFXチーム集結 ロシア映画『ワールドエンド』公開へ

ロシア映画『The Blackout(英題)』が『ワールドエンド』の邦題で近日公開されることが決定した。  本作は、ロシアン・…

韓国文学の異端児 パク・ミンギュの面白さとは? 翻訳家・斎藤真理子×岸本佐知子 対談

韓国文学の異端児 パク・ミンギュの面白さとは? 翻訳家・斎藤真理子×岸本佐知子 対談

韓国の文学賞を総なめしている作家パク・ミンギュ。日本でも2014年に発売された短編集『カステラ』(韓国発売2005年)で、訳者で…

中国SF『三体』は理系が苦手でも楽しめる! キャラクター小説としての魅力を考察

中国SF『三体』は理系が苦手でも楽しめる! キャラクター小説としての魅力を考察

私は理系科目が物凄く苦手だ。高校生のとき「上手くいってたら80点、失敗していても60点は取れてるな」と思った数学のテストで0点を…

ウィルはなぜ“裏側の世界”で生き抜いた? 『ストレンジャー・シングス 裏側の世界』レビュー

ウィルはなぜ“裏側の世界”で生き抜いた? 『ストレンジャー・シングス 裏側の世界』レビュー

2016年7月にシーズン1が配信されて以来、世界中のファンを熱狂させ続けているNetflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シ…