坂元裕二の記事一覧

(128件)

坂元裕二の記事一覧です

恋愛映画から不良漫画まで なぜ“ファミレス”が物語の舞台に選ばれるのか?

恋愛映画から不良漫画まで なぜ“ファミレス”が物語の舞台に選ばれるのか?

『コントが始まる』(日本テレビ系)と『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、以下『まめ夫』)は、春クールに話題とな…

『まめ夫』の元夫たちは“妖精”? とわ子の命題を通して描かれた、矛盾を肯定する生き方

『まめ夫』の元夫たちは“妖精”? とわ子の命題を通して描かれた、矛盾を肯定する生き方

急にできた空き時間や訪れた休日に、携帯に手を伸ばして誰かに連絡するか1人のまま自由に過ごすか考える時、ふと思い出す大豆田とわ子の…

『大豆田とわ子と三人の元夫』は理想の男女関係を描き出した 坂元裕二の過去作と比較考察

『大豆田とわ子と三人の元夫』は理想の男女関係を描き出した 坂元裕二の過去作と比較考察

※本稿は『大豆田とわ子と三人の元夫』最終回のネタバレを含みます。  男性の脚本家で坂元裕二ほどのフェミニストはいないのではない…

『まめ夫』は“生き方”そのものを問うドラマだ 坂元裕二が描く、時の流れに翻弄される人々

『まめ夫』は“生き方”そのものを問うドラマだ 坂元裕二が描く、時の流れに翻弄される人々

ディテールを突き詰めることによって、若者の恋愛の「リアル」をビタースウィートな形で描き出した映画『花束みたいな恋をした』のあとだ…

大豆田とわ子にとって小鳥遊の存在とは 『まめ夫』“三人の元夫”が体現するもの

大豆田とわ子にとって小鳥遊の存在とは 『まめ夫』“三人の元夫”が体現するもの

現在放送中の『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)では、3回離婚した大豆田とわ子(松たか子)が元夫たちとの交友を…

『大豆田とわ子と三人の元夫』はラブコメ? ホラー? 描かれない存在が意味するもの

『大豆田とわ子と三人の元夫』はラブコメ? ホラー? 描かれない存在が意味するもの

火曜21時からカンテレ・フジテレビ系で放送されている坂元裕二脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(以下、『まめ夫』)は、住宅…

『まめ夫』第2章に訪れた寂しさの正体 “なくならない”人の温もりを描く坂元裕二の意図は?

『まめ夫』第2章に訪れた寂しさの正体 “なくならない”人の温もりを描く坂元裕二の意図は?

フルーツサンドからフルーツがこぼれ落ちてしまう、大豆田とわ子(松たか子)のコミカルな日常から幕を開けた『大豆田とわ子と三人の元夫…

坂元裕二が突きつける、他人が物語を作り出す傲慢さ 『まめ夫』は私たちの日常に入り込む

坂元裕二が突きつける、他人が物語を作り出す傲慢さ 『まめ夫』は私たちの日常に入り込む

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)の日常が、気づいたらこちらの日常の中に入り込んでいると思うことがある…

オダギリジョー、爽やか登場から一転のおぞましさ 『まめ夫』小鳥遊はもう1人のとわ子?

オダギリジョー、爽やか登場から一転のおぞましさ 『まめ夫』小鳥遊はもう1人のとわ子?

毎週火曜21時からカンテレ・フジテレビ系で放送されているドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(以下、『まめ夫』)は、住宅建設会社し…

成馬零一 × 西森路代が語る、ドラマ評論の現在地【後半】:価値観が変化する時代、“物語”が直面する課題とは

成馬零一 × 西森路代が語る、ドラマ評論の現在地【後半】:価値観が変化する時代、“物語”が直面する課題とは

ドラマやバラエティなど、数多ある番組のチェックは全録の導入でとても楽になったと語る西森路代氏とネット配信を活用しているという成馬…

風間俊介、松岡茉優らによって輝く言葉たち 肉声だからこそ得られる、坂元裕二作品の妙味

風間俊介、松岡茉優らによって輝く言葉たち 肉声だからこそ得られる、坂元裕二作品の妙味

脚本家・坂元裕二による『不帰かえらずの初恋、海老名SA』『カラシニコフ不倫海峡』『忘れえぬ 忘れえぬ』の3作品を、高橋一生×酒井…

『大豆田とわ子と三人の元夫』慎森は坂元裕二ドラマ定番? “面倒くさい男”の新たな可能性

『大豆田とわ子と三人の元夫』慎森は坂元裕二ドラマ定番? “面倒くさい男”の新たな可能性

火曜21時からカンテレ・フジテレビ系で放送されている坂元裕二脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(以下、『まめ夫』)は、三回…