Zeebraの記事一覧

(28件)

猛者ラッパーたちが犇くジャパニーズ・ヒップホップ・シーンを、マイク1本で血気盛んにサヴァイヴ、いやシーン全体を牽引している“鼻息荒いシマウマ”——それがZeebraだ。
Zeebraはイケイケなパーティ・チューンからハードコアなストリート・チューンまで、実に多種多様なトラックを巧妙かつ軽妙に乗りこなす。そんな彼の最大の武器は、ドスを効かせたダミ声で押しまくる、一気に沸点に達するような熱血ラップ。韻をテクニカルかつ執拗なまでに踏み倒すその猪突猛進たるハード・ラップで、Zeebraは否応なしにすべてのリスナーを圧倒してきた。また繰り出されるリリックのすべてが実生活に基づいたものであり、悪名高き城南の不良時代/プレイボーイな側面/辛い幼少期の生い立ち……という多様なトピックを赤裸々なまでにさらけ出している。また、そういった“ワル”を前面に押し出したスタンスは“和製ギャングスタ・ラッパー”そのものであり、彼の武勇伝に憧れる若きBボーイたちの胸をアツくさせる。どうも最近はシーンのシンボリックな存在になってしまったようだが、言い換えればZeebraはもはや“カリスマ”なのだ。
そのライヴ・パフォーマンスにおいても重厚たる風格を感じさせ、任侠映画の兄貴よろしく、オーディエンスをグイグイとアジテートしていく。もちろんその親分肌な気質により、若手ラッパーたちからの支持も厚いと聞く。
さまざまなミュージシャンとのコラボレーション及びマスメディアへの積極的な露出(最近はその演技っぷりも板についてきた)によって、アーティストとしての実力とアクの強いキャラを一般リスナーにも強烈にアピール。——今や、日本で最も忙しいラッパーとしてヒップホップ街道を全速力で爆進中だ。

Zeebra×鹿野 淳のヒップホップ×ロック対談 Creepy Nutsとの出会いやシーンでの存在感語る

Zeebra×鹿野 淳のヒップホップ×ロック対談 Creepy Nutsとの出会いやシーンでの存在感語る

HIPHOP普及を支えたラジオという存在 Zeebraが発足させた「WREP」開局を機に変遷を辿る

HIPHOP普及を支えたラジオという存在 Zeebraが発足させた「WREP」開局を機に変遷を辿る

AbemaTV、「HIPHOPチャンネル」開設 KEN THE 390、Zeebra出演の開局記念特番も

AbemaTV、「HIPHOPチャンネル」開設 KEN THE 390、Zeebra出演の開局記念特番も

関ジャニ∞ 丸山隆平、Zeebra、R-指定と共にジャムセッション披露 「今日しかない詞を書いた」

関ジャニ∞ 丸山隆平、Zeebra、R-指定と共にジャムセッション披露 「今日しかない詞を書いた」

『フリースタイルダンジョン』、初の特別編を『AbemaTV』で放送 地上波とは異なる内容に

『フリースタイルダンジョン』、初の特別編を『AbemaTV』で放送 地上波とは異なる内容に

『フリースタイルダンジョン』はなぜ人気? “スポ根的エンターテインメント”でシーン底上げとなるか

『フリースタイルダンジョン』はなぜ人気? “スポ根的エンターテインメント”でシーン底上げとなるか

KGDRが解説する、ヒップホップ名作映画とその影響 Kダブ「『ワイルド・スタイル』には歴史的価値がある」

KGDRが解説する、ヒップホップ名作映画とその影響 Kダブ「『ワイルド・スタイル』には歴史的価値がある」

キングギドラ、20周年で本格的に再稼働 『空からの力』リマスタリング盤リリース

キングギドラ、20周年で本格的に再稼働 『空からの力』リマスタリング盤リリース

高校生RAP選手権、双子チャンピオン「2WIN」デビュー Zeebraプロデュースのアルバムも制作中

高校生RAP選手権、双子チャンピオン「2WIN」デビュー Zeebraプロデュースのアルバムも制作中

『ホットロード』主題歌の尾崎豊はアリかナシか? 不良文化と音楽の関わりを再考

『ホットロード』主題歌の尾崎豊はアリかナシか? 不良文化と音楽の関わりを再考

ヒップホップとヤンキーはどう交差してきたか? 映画『TOKYO TRIBE』と不良文化史

ヒップホップとヤンキーはどう交差してきたか? 映画『TOKYO TRIBE』と不良文化史

Zeebra新レーベル・GRAND MASTERのEGOが新曲MV公開 未成年入場可のリリパも開催

Zeebra新レーベル・GRAND MASTERのEGOが新曲MV公開 未成年入場可のリリパも開催

サガミ主催のイベントにANARCHY、Zeebraら出演 この夏、最後の“出会いの場”を提供

サガミ主催のイベントにANARCHY、Zeebraら出演 この夏、最後の“出会いの場”を提供

磯部涼×中矢俊一郎 対談新連載「グローバルな音楽と、日本的パイセン文化はどう交わるか?」

磯部涼×中矢俊一郎 対談新連載「グローバルな音楽と、日本的パイセン文化はどう交わるか?」

Zeebraが語る、キッズ無料の夏フェスを開催する理由「ヒップホップをどう拡大させていけるか」

Zeebraが語る、キッズ無料の夏フェスを開催する理由「ヒップホップをどう拡大させていけるか」

「クラブと風営法」問題の現状と課題とは 音楽ライター磯部涼が弁護士に訊く

「クラブと風営法」問題の現状と課題とは 音楽ライター磯部涼が弁護士に訊く

成熟期を迎えた「JPOPラップ」 スパイス的扱いからクオリティ重視へ

成熟期を迎えた「JPOPラップ」 スパイス的扱いからクオリティ重視へ

内田裕也「いいとも」でロック魂を熱弁 「骨は折れても、心は折れてない」

内田裕也「いいとも」でロック魂を熱弁 「骨は折れても、心は折れてない」

『龍が如く』新作にONE OK ROCKが楽曲提供 極道ダンディズムの世界に新風吹くか 

『龍が如く』新作にONE OK ROCKが楽曲提供 極道ダンディズムの世界に新風吹くか 

「ヒップホップは“バイオレンス”を“競技”に変えた」Zeebraが教える、高校生RAPの見どころ

「ヒップホップは“バイオレンス”を“競技”に変えた」Zeebraが教える、高校生RAPの見どころ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版