>  >  > 関ジャニ 丸山、オリジナルラップ披露

関ジャニ∞ 丸山隆平、Zeebra、R-指定と共にジャムセッション披露 「今日しかない詞を書いた」

関連タグ
Zeebra
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)の11月13日放送回のゲストに、Zeebra、KEN THE 390、R-指定、言xTHEANSWERの4人が出演した。

realsound-kanjanifont.jpg

 

 同番組は、ライブ&トークハウス“関ジャム”にゲストアーティストが出演し、ライブとトークを披露する音楽番組。名曲の制作秘話や当時の暴露話、ふだん見ることのできないアーティストたちの素顔が飛び出すコミカルな展開と、ゲストの持ち歌をオリジナルアレンジで関ジャニ∞とセッションする、レアなコラボレーションが見どころだ。ほかにも番組には、山崎弘也(アンタッチャブル)、あばれる君が登場した。

 番組では「フリースタイルラップバトルの楽しみ方」「ラッパーの生活やお金事情」「ラップが上手くなる練習法」などのトークを展開。R-指定は超絶テクである「聖徳太子ラップ」について、「即興と分かってもらうためにお題を5つくらいもらって、それをフリースタイルで(お題を)入れ込んでラップしていく」と説明し、「関ジャニ∞」「金目の煮付け」「バナナボート」などのワードをラップに入れ込み、パフォーマンスしていった。

 「関ジャニ∞」というワードには、<難なくこなす感覚ならば関ジャムじゃなく><インフィニティー韻踏みながら>とグループに紐つけた即興ラップを披露し、スタジオのメンバーを驚かせた。

      

「関ジャニ∞ 丸山隆平、Zeebra、R-指定と共にジャムセッション披露 「今日しかない詞を書いた」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版