ANARCHYの記事一覧

(15件)

日本の男性ラッパー。1995年よりソロアーティストとして活動を開始し、2006年に発表した1stアルバム『Rob The World』が、インディーズ作品としては異例の好セールスを記録。各音楽誌で年間ベストアルバムとして選出される。2008年、初の自伝『痛みの作文』を出版。同年6月に初のニューヨークライヴを敢行。9月には2ndアルバム『Dream and Drama』を発売し、収録曲「Fate」のMVが『スペースシャワーTV VIDEO MUSIC AWARDS 09』にてBEST HIP HOP VIDEOを受賞した。ドープ感とエンタテインメント性が融合したトラックやリリックが高く評価されており、2011年12月にBillboard LIVE TOKYOにて、日本人ヒップホップアーティストとして初の単独公演に挑んだ。2013年11月、4thアルバム『DGKA(DIRTY GHETTO KIDS ANARCHY)』を米国のヒップホップ最大手配信サイト「Datpiff」にてフリーダウンロードで公開。公開直後から順調にダウンロード数を伸ばし、海外有力アーティストを押しのけてデイリーランキングで1位を獲得したが、アクセス殺到のため回線に負荷がかかり、未明にはダウンロード不可能な状態に。彼の新作への注目度の高さが思わぬ形で証明される形となった。また、2000年よりJC、NAUGHTY、YOUNG BERY、DJ AKIOらと結成したRUFF NECKとしても活躍しており、2012年に初のフルアルバム『RUFF TREATMENT』をリリースしている。

KOHH、ANARCHY、SALU……異彩を放つ“ネームドロップ”がもたらす効果を解説

KOHH、ANARCHY、SALU……異彩を放つ“ネームドロップ”がもたらす効果を解説

ANARCHY、13,000円の新アルバムで問う“音楽の価値” サブスク時代に与えるインパクトを考察

ANARCHY、13,000円の新アルバムで問う“音楽の価値” サブスク時代に与えるインパクトを考察

野村周平が気弱なラッパー青年に ANARCHY初監督作『WALKING MAN』製作決定

野村周平が気弱なラッパー青年に ANARCHY初監督作『WALKING MAN』製作決定

AKLO×ANARCHY、初コラボ曲発売 裏稼業営むピザ屋に扮した二人の初共演MVも

AKLO×ANARCHY、初コラボ曲発売 裏稼業営むピザ屋に扮した二人の初共演MVも

AKLO、IO & Young Juju、AK-69、PUNPEE、ANARCHY、MTVで日替わりプレイリスト披露

AKLO、IO & Young Juju、AK-69、PUNPEE、ANARCHY、MTVで日替わりプレイリスト披露

ラッパーが役者として重宝される理由は? YOUNGDAIS、ANARCHYらの活躍に見る魅力

ラッパーが役者として重宝される理由は? YOUNGDAIS、ANARCHYらの活躍に見る魅力

キングギドラ、20周年で本格的に再稼働 『空からの力』リマスタリング盤リリース

キングギドラ、20周年で本格的に再稼働 『空からの力』リマスタリング盤リリース

ANARCHYが“丸刈り動画”公開 3年ぶりワンマンを前に決意表明

ANARCHYが“丸刈り動画”公開 3年ぶりワンマンを前に決意表明

『ホットロード』主題歌の尾崎豊はアリかナシか? 不良文化と音楽の関わりを再考

『ホットロード』主題歌の尾崎豊はアリかナシか? 不良文化と音楽の関わりを再考

ヒップホップとヤンキーはどう交差してきたか? 映画『TOKYO TRIBE』と不良文化史

ヒップホップとヤンキーはどう交差してきたか? 映画『TOKYO TRIBE』と不良文化史

サガミ主催のイベントにANARCHY、Zeebraら出演 この夏、最後の“出会いの場”を提供

サガミ主催のイベントにANARCHY、Zeebraら出演 この夏、最後の“出会いの場”を提供

磯部涼×中矢俊一郎 対談新連載「グローバルな音楽と、日本的パイセン文化はどう交わるか?」

磯部涼×中矢俊一郎 対談新連載「グローバルな音楽と、日本的パイセン文化はどう交わるか?」

ANARCHY、ニューアルバムのフリーダウンロードを開始! 参加アーティストにはMACCHO、SIMONも

ANARCHY、ニューアルバムのフリーダウンロードを開始! 参加アーティストにはMACCHO、SIMONも

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版