KEN THE 390の記事一覧

(7件)

日本のヒップホップをより拡大させる新世代の旗手。99年から活動を開始、年間100本を超えるクラブでのライヴをはじめ、フリー・スタイル・バトルでの数々の輝かしい戦歴により、その名は全国区へ。同時に作品ではスムースなラップと豊富なボキャブラリーに的確なライミングを絡ませる独自のスタイルを確立している。
06年3月には1stソロ・アルバム『プロローグ』を発表。現場での機能を重視した初期の作風はより洗練され、音源ならではのスムースなラップ・アプローチも見せるようになり、07年6月には2ndソロ・アルバム『My Life』をリリース。リード曲「H.I.P」ではDJ WATARAIのビートにMUMMY-D(RHYMESTER)をフィーチャー。堂々と渡り合うフレッシュなラップで新世代の息吹をリスナーに届け、他にもDJ MITSU THE BEATSやRomancrew、COMA-CHIなど豪華メンツが参加するなど早くも名盤の風格をものにする。続いて07年11月には、アウトテイクと新曲を混ぜ合わせた外伝的作品『More Life』を発表、常に鮮度の高い作品を発表する姿勢を維持してみせた。
08年には<avex>内のレーベル<rhythmzone>と契約、08年10月にミニ・アルバム『FANTASTIC WORLD』でメジャー・デビュー。この発売を皮切りに、さらにその活動の幅を広げながら、次々と新しいラップのスタイルを提示し続けている。

AbemaTV、「HIPHOPチャンネル」開設 KEN THE 390、Zeebra出演の開局記念特番も

AbemaTV、「HIPHOPチャンネル」開設 KEN THE 390、Zeebra出演の開局記念特番も

KEN THE 390、デビュー10周年を記念したオールタイムベストリリース 4都市巡るツアーも

KEN THE 390、デビュー10周年を記念したオールタイムベストリリース 4都市巡るツアーも

KREVA主催『908 FESTIVAL』の意義とは 若手フックアップ+異ジャンル混合の効果を読む

KREVA主催『908 FESTIVAL』の意義とは 若手フックアップ+異ジャンル混合の効果を読む

KREVA、環ROY、泉まくら……ラッパーたちの作詞術に迫る『ラップのことば2』を読む

KREVA、環ROY、泉まくら……ラッパーたちの作詞術に迫る『ラップのことば2』を読む

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版