批評の記事一覧

(7件)

批評の記事一覧です

「小説トリッパー」編集長・池谷真吾が語る、文芸誌の領域 「境界線はなくなり〈すべて〉が小説になった」

「小説トリッパー」編集長・池谷真吾が語る、文芸誌の領域 「境界線はなくなり〈すべて〉が小説になった」

小説雑誌は一般的に純文学系とエンタテインメント系に大別できるが、季刊「小説トリッパー」は、両方を扱っている点に独自色がある。また…

批評誌『エクリヲ』、ポストクリティークと3DCGを特集 本邦初訳となる論考も掲載

批評誌『エクリヲ』、ポストクリティークと3DCGを特集 本邦初訳となる論考も掲載

批評誌『エクリヲ』は「ポストクリティーク」「“異物(オーパーツ )” としての3DCG」を特集した最新号(vol.12)を5月2…

『風の谷のナウシカ』に表れる宮崎駿の“矛盾”とは? 『ミヤザキワールド』と『ナウシカ考』、2冊の書籍から考察

『風の谷のナウシカ』に表れる宮崎駿の“矛盾”とは? 『ミヤザキワールド』と『ナウシカ考』、2冊の書籍から考察

昨年末、宮崎駿に関連する書籍が相次いで2冊発売された。スーザン・ネイピア著『ミヤザキワールド 宮崎駿の闇と光』と赤坂憲雄著『ナウ…

『風の電話』映画監督・諏訪敦彦初の単著発表 西島秀俊、三浦友和のインタビューも収録

『風の電話』映画監督・諏訪敦彦初の単著発表 西島秀俊、三浦友和のインタビューも収録

映画の制度に挑戦し、その独自のスタイルが世界を驚かせてきた映画監督・諏訪敦彦、初の単著となる『誰も必要としていないかもしれない、…

仏文学者・澤田 直が語る、ミシェル・ウエルベックの読み方「詩と批評が融合している」

仏文学者・澤田 直が語る、ミシェル・ウエルベックの読み方「詩と批評が融合している」

ミシェル・ウエルベックの新刊『セロトニン』は、巨大生化学メーカーを退職した男・フロラン=クロード・ラブルストが、過去の女性たちへ…