ウルフルズの記事一覧

(22件)

「ガッツだぜ」「バンザイ」のメガ・ヒットで一躍国民的人気ロック・バンドとなったウルフルズ。しかし、ソウル/ファンク/R&B/R&Rといったアメリカン・ルーツ・ミュージックをこよなく愛し、そして大衆的ポップ性とリアルな表現欲求との間に発生する「ジレンマ」と常に戦ってきた“生粋のロック・ミュージシャン”であることは忘れてはならない。
90年、シングル「やぶれかぶれ」にてデビュー。コアなロック・ファンの間でのみ高い評価を受け、まさに知るひとぞ知る存在であった彼ら、一般的な認知度はまだまだであった。転機となったのは、伊藤銀次をプロデューサーとして迎えた94年のアルバム『すっとばす』であろう。お得意のソウル・フレイヴァーに関西的な人情/面白テイストを付加——結果、ウルフルズ独自の「ダサかっこいい」お馴染みのスタイルが確立したのだ。そして95年、ディスコ・ビートを大胆に取り込んだ「ガッツだぜ」の大ヒットへと繋がっていった。
99年には人気メンバーであるジョンB.チョッパーが脱退——動向が心配されるなか、同年、男気あふれる会心作『トロフィー』を発表。その健在ぶりに安堵の声があがった。以降も安定した人気を保持していくウルフルズ、01年には坂本九のカヴァー曲「明日があるさ」が久々のビッグ・セールスを記録した。
02年12月には、これまでの集大成とも言える『ウルフルズ10周年5時間ライブ!! 〜50曲ぐらい歌います〜』を敢行、大盛況を博す。そして、同ライヴにも出演したジョンB.チョッパーが03年に正式復帰!
しかしながら、2009年7月、翌月に開催される夏の野外コンサート「ヤッサ!」をもって無期限の活動休止することを発表。「解散でなく活動休止といったのは、4人ともウルフルズがすごく好きだから。休止して、ウルフルズがここで出などうするんじゃ!という気持ちになったら立ち上がる。」とファンへ説明した。

関西弁の歌詞の“名曲”が多い理由 言葉がメロディに与える影響を考える

関西弁の歌詞の“名曲”が多い理由 言葉がメロディに与える影響を考える

ウルフルズ、配信シングル「リズムをとめるな」MV公開

ウルフルズ、配信シングル「リズムをとめるな」MV公開

ウルフルズ、新曲「リズムをとめるな」配信リリース トータス松本によるラジオ番組で初オンエア

ウルフルズ、新曲「リズムをとめるな」配信リリース トータス松本によるラジオ番組で初オンエア

ウルフルズ、4年ぶりの全国ライブハウスワンマンツアー開催

ウルフルズ、4年ぶりの全国ライブハウスワンマンツアー開催

『大阪文化芸術フェス2018』開催決定 キックオフイベントはウルフルズが担当

『大阪文化芸術フェス2018』開催決定 キックオフイベントはウルフルズが担当

亀梨和也と山下智久、“亀と山P”以前からの仲の良さを語る「幼馴染みに近い」

亀梨和也と山下智久、“亀と山P”以前からの仲の良さを語る「幼馴染みに近い」

ミスチル、イエモン、ウルフルズ、LUNA SEA……25周年迎えるキャリアバンド、2017年の動きは?

ミスチル、イエモン、ウルフルズ、LUNA SEA……25周年迎えるキャリアバンド、2017年の動きは?

アジカン、ウルフルズ、ペトロールズ……トリビュート&カバー盤が映すグループの本質と時代性

アジカン、ウルフルズ、ペトロールズ……トリビュート&カバー盤が映すグループの本質と時代性

ウルフルズ、25周年記念トリビュートアルバム発売 JUJU、Superfly、チャットら12組参加へ

ウルフルズ、25周年記念トリビュートアルバム発売 JUJU、Superfly、チャットら12組参加へ

坂本冬美、“Love Songsシリーズ”最終章でウルフルズ・トータス松本とコラボ

坂本冬美、“Love Songsシリーズ”最終章でウルフルズ・トータス松本とコラボ

ウルフルズ、復活後に見えた“バンドの原点”を語る「暑苦しくて、なんか明るい、それがウルフルズ」

ウルフルズ、復活後に見えた“バンドの原点”を語る「暑苦しくて、なんか明るい、それがウルフルズ」

ウルフルズ、新曲MV公開 トータス松本「病気を書き出してそれに音楽用語を混ぜながら歌詞を書いた」

ウルフルズ、新曲MV公開 トータス松本「病気を書き出してそれに音楽用語を混ぜながら歌詞を書いた」

ウルフルズ、吉田沙保里選手らとコラボしたASICSキャンペーンMV公開

ウルフルズ、吉田沙保里選手らとコラボしたASICSキャンペーンMV公開

ウルフルズ、新曲『ロッキン50肩ブギウギックリ腰』がドラマ主題歌に決定

ウルフルズ、新曲『ロッキン50肩ブギウギックリ腰』がドラマ主題歌に決定

ミスチル、ユニコーン、ウルフルズ、GLAY…90年代を彩ったバンドが今もモテ続ける理由とは?

ミスチル、ユニコーン、ウルフルズ、GLAY…90年代を彩ったバンドが今もモテ続ける理由とは?

嵐、西野カナ、氣志團……春ドラマ「主題歌」の傾向と対策

嵐、西野カナ、氣志團……春ドラマ「主題歌」の傾向と対策

前田敦子とAKB48大島優子の“約束”とは? 『Mステ』で現在の交流明かす

前田敦子とAKB48大島優子の“約束”とは? 『Mステ』で現在の交流明かす

ウルフルズ、4年半ぶりに再始動  ソウルフルでコミカルな音楽性はなぜ支持され続ける?

ウルフルズ、4年半ぶりに再始動  ソウルフルでコミカルな音楽性はなぜ支持され続ける?

スピッツ、初の日本武道館公演を開催ーー結成から27年の軌跡を振り返る

スピッツ、初の日本武道館公演を開催ーー結成から27年の軌跡を振り返る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版