>  >  > 関西弁の“名曲”が多い理由

関西弁の歌詞の“名曲”が多い理由 言葉がメロディに与える影響を考える

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 標準語に比べて、方言の歌は少ない。なぜか「歌詞」というだけで、日常のお喋りでは方言むき出しのアーティストも、標準語で言葉を紡ぎがちだ。しかし、そんな方言の中でも例外なものがある。関西弁だ。全ての歌を関西弁で歌うアーティストは少ない。けれど、ポイントで関西弁を用いた歌を作るアーティストはそれなりにいる。なにより、「関西弁の歌こそがそのアーティストの代表曲」になっている例がとても多いのだ。

トイレの神様/植村花菜

 植村花菜の「トイレの神様」は、関西弁を用いた歌が自身の代表曲になった最たる例であろう。歌詞が話題となって売れたこの歌は、サビの末尾が「関西弁」だったからこそ、より多くの共感を得た歌になったように感じる。距離感が近くなった、「本当のお話」感が出た、植村花菜の言葉で、実話を紡いでる感が生まれた……そんな効果があったように思う。同じく、関西弁で言葉を紡ぐことで多大な共感を得た歌としては、三木道三の「Lifetime Respect」も挙げられるだろう。レゲエというジャンルにおいて、日本の音楽史的快挙を成し遂げたヒットソングなのだが、この歌もサビの関西弁が印象的だったからこそ、多くの人を魅了したことに間違いない。関西弁になると、途端に言葉のフックが強くなるし、独特の響きが生まれやすい。「や」や「ん」や「E」の母音の音が印象に残りやすくなる。

 ところで、関西弁がある程度、全国区になっているのは、吉本などのお笑い芸人の力によるものが大きい。明石家さんまをはじめ、全国放送のテレビに出る、関西弁を喋る芸人が躍進したからこそ、関西弁だけは方言という立場でありながら、多くの人が認知し、独特のイメージを持つ方言になった。逆を言うと、歌詞において標準語が支配的になっているのは、マスメディアで話す人=標準語となっているからこそ、ある程度パブリック性を要する場面では、標準語で言葉を紡ぐべきという考えが普遍的になったように感じる。

ウルフルズ – ええねん

 また、関西弁は単に言葉のフックが強いだけでなく、メロディに良い影響を与えることも多い。例えば、ウルフルズの「ええねん」は、基本的にずっと同じメロディが続くシンプルな歌だ。けれど、ほぼ全てのフレーズの末尾を〈ええねん〉という関西弁で締めることで、本来なら単調なはずのシンプルな歌なのに、その「単調さ」を感じさせず、最後まで疾走感のある歌になっている。これは、韻を踏むという技法を終始使っているから、という部分もあるのだろうが、それ以上に関西弁が果たしている役割が大きいように感じる。「ん」の音で終わることや、母音をしっかりと響かせることなどが、標準語をメロディに乗せる場合とは違うグルーブを生み出すことになり、独特のビート感を生んでいるのだ。

 実際、メロディに疾走感を与えるために意図的に関西弁を使うロックバンドも多い。その代表がヤバイTシャツ屋さんだ。

      

「関西弁の歌詞の“名曲”が多い理由 言葉がメロディに与える影響を考える」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版