大豆田とわ子と三人の元夫の記事一覧

(82件)

大豆田とわ子と三人の元夫の記事一覧です

岩松了、“重鎮顔”でドラマ&映画に引っ張りだこ 劇作家・演出家として培った俯瞰力

岩松了、“重鎮顔”でドラマ&映画に引っ張りだこ 劇作家・演出家として培った俯瞰力

ニンマリ笑うしたり顔がよく似合う。その笑顔が時として怪しくも、チャーミングにも見える。何だか哀愁があり、そしてその中に滑稽さや情…

日本のドラマ・映画はどこに進むのか 成馬零一×西森路代が語り合う、コロナ禍で起きた変化

日本のドラマ・映画はどこに進むのか 成馬零一×西森路代が語り合う、コロナ禍で起きた変化

コロナ禍が続く2022年現在。コロナ禍となってから約2年の月日が流れる中、日本のエンタメ界にもさまざまな変化が訪れている。配信プ…

オダギリジョー、なぜ初朝ドラは今だった? 『カムカム』は改めて絶頂なタイミングに

オダギリジョー、なぜ初朝ドラは今だった? 『カムカム』は改めて絶頂なタイミングに

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で、2代目ヒロイン・るい(深津絵里)の夫である大月錠一郎を演じるオダギリジョー。若き…

成馬零一の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 “わかりにくさ”に心惹かれる1年

成馬零一の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 “わかりにくさ”に心惹かれる1年

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

小田慶子の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 描かれる“エントリーシート世代”の生き方

小田慶子の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 描かれる“エントリーシート世代”の生き方

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

岡田将生が2021年に与えた驚き 『まめ夫』『ドライブ・マイ・カー』『聖地X』で新境地に

岡田将生が2021年に与えた驚き 『まめ夫』『ドライブ・マイ・カー』『聖地X』で新境地に

コロナ禍によって、不安定な日々が続く世の中。いまだエンターテインメント業界も楽観視できない状況にあるが、それでも、映画、ドラマ、…

田幸和歌子の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 “人と人を分断させない”様々な視点の秀作

田幸和歌子の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 “人と人を分断させない”様々な視点の秀作

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

藤原奈緒の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 心の痛みに触れ、現代を暖かく照らす

藤原奈緒の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 心の痛みに触れ、現代を暖かく照らす

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

麦倉正樹の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 ますます問われる地上波ドラマの存在意義

麦倉正樹の「2021年 年間ベストドラマTOP10」 ますます問われる地上波ドラマの存在意義

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

『おかえりモネ』菅波の魅力はギャップにあり? 安達奈緒子らドラマの名手が描く男性像

『おかえりモネ』菅波の魅力はギャップにあり? 安達奈緒子らドラマの名手が描く男性像

連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合)で、「#俺たちの菅波」なるTwitterのハッシュタグまで登場するほどの人気ぶりを見…

日本のTVドラマは新しい家族のロールモデルを描けるか? 『#家族募集します』の最終的な選択に注視

日本のTVドラマは新しい家族のロールモデルを描けるか? 『#家族募集します』の最終的な選択に注視

寮、下宿、ルームシェア、シェアハウス。言い方や形態は様々だが、見ず知らずの他人が一つ屋根の下で共同生活をおこなう様子を描いた物語…

恋愛映画から不良漫画まで なぜ“ファミレス”が物語の舞台に選ばれるのか?

恋愛映画から不良漫画まで なぜ“ファミレス”が物語の舞台に選ばれるのか?

『コントが始まる』(日本テレビ系)と『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、以下『まめ夫』)は、春クールに話題とな…

『まめ夫』『あのキス』『ドラゴン桜』 2021年春ドラマから浮かび上がるヒットの法則

『まめ夫』『あのキス』『ドラゴン桜』 2021年春ドラマから浮かび上がるヒットの法則

2021年の春ドラマはアツかった。  オーソドックスな恋愛ストーリーから入れ替わりもの、人生に迷う若者の日常を描いた作品や受験…

もっとも“きゅん”だった作品と役者は? 4月期ドラマを動画座談会で振り返る

もっとも“きゅん”だった作品と役者は? 4月期ドラマを動画座談会で振り返る

リアルサウンド映画部の動画企画【今日もドラマできゅんです】。 本企画では、ライターのNana Numotoが民放連続ドラマに多く…

クセのある役柄で脚光を浴びた永山瑛太と岡田将生 『まめ夫』『リコカツ 』で再評価

クセのある役柄で脚光を浴びた永山瑛太と岡田将生 『まめ夫』『リコカツ 』で再評価

4月期ドラマが好評のうちに終了した今、一抹の寂しさの中で思い起こされるのがインパクトのある役柄で脚光を浴びた岡田将生と永山瑛太の…

『まめ夫』の元夫たちは“妖精”? とわ子の命題を通して描かれた、矛盾を肯定する生き方

『まめ夫』の元夫たちは“妖精”? とわ子の命題を通して描かれた、矛盾を肯定する生き方

急にできた空き時間や訪れた休日に、携帯に手を伸ばして誰かに連絡するか1人のまま自由に過ごすか考える時、ふと思い出す大豆田とわ子の…

ドラマ主題歌のあり方に変化? 『大豆田とわ子』『イチケイのカラス』『ナイト・ドクター』……フジテレビが仕掛ける新たな試み

ドラマ主題歌のあり方に変化? 『大豆田とわ子』『イチケイのカラス』『ナイト・ドクター』……フジテレビが仕掛ける新たな試み

新クールのドラマが始まるたびに話題を振りまく主題歌。そんなドラマ主題歌が、今、変革期を迎えようとしている。  たと…

『大豆田とわ子と三人の元夫』は理想の男女関係を描き出した 坂元裕二の過去作と比較考察

『大豆田とわ子と三人の元夫』は理想の男女関係を描き出した 坂元裕二の過去作と比較考察

※本稿は『大豆田とわ子と三人の元夫』最終回のネタバレを含みます。  男性の脚本家で坂元裕二ほどのフェミニストはいないのではない…

“お父さん”といえば誰? 佐野史郎、平田満、酒向芳ら、父親役で主人公を見守る常連俳優陣

“お父さん”といえば誰? 佐野史郎、平田満、酒向芳ら、父親役で主人公を見守る常連俳優陣

離婚活動“リコカツ”がテーマのドラマ『リコカツ』(TBS系)で、北川景子演じる主人公・咲の父親役が、体調不良により降板した佐野史…

『大豆田とわ子と三人の元夫』は何の話だったのか? 最終話は不思議な構成に

『大豆田とわ子と三人の元夫』は何の話だったのか? 最終話は不思議な構成に

昨夜6月15日、最終回を迎えた『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、以下『まめ夫』)は、住宅建設会社しろくまハウ…