成馬零一の記事一覧

(148件)

『anone』瑛太はなぜ不気味なのか? 坂元裕二ドラマにおける“ヤバい他者”の役割

『anone』瑛太はなぜ不気味なのか? 坂元裕二ドラマにおける“ヤバい他者”の役割

広瀬すずの“虚構の家族”は何を意味する? 『anone』が示した、テレビドラマと視聴者の関係

広瀬すずの“虚構の家族”は何を意味する? 『anone』が示した、テレビドラマと視聴者の関係

『劇場版 アイドルキャノンボール2017』は“中年アイドルファン”の気持ちを代弁する

『劇場版 アイドルキャノンボール2017』は“中年アイドルファン”の気持ちを代弁する

『anone』“見えない娘”は何を意味する? 坂元裕二が描こうとする偽物=ファンタジー

『anone』“見えない娘”は何を意味する? 坂元裕二が描こうとする偽物=ファンタジー

『anone』第3話はクライムサスペンスに “虚実の対比”描いた水田伸生の巧みな演出

『anone』第3話はクライムサスペンスに “虚実の対比”描いた水田伸生の巧みな演出

広瀬すずは田中裕子の怪演とどう対峙する? ドミノ倒しのような『anone』第2話

広瀬すずは田中裕子の怪演とどう対峙する? ドミノ倒しのような『anone』第2話

『anone』は何を問いかける? 『Mother』から『カルテット』まで、坂元裕二の作家性の変化

『anone』は何を問いかける? 『Mother』から『カルテット』まで、坂元裕二の作家性の変化

2018年、ドラマ界のトレンドはどう変わる? ドラマ評論家座談会【後編】

2018年、ドラマ界のトレンドはどう変わる? ドラマ評論家座談会【後編】

『おんな城主 直虎』から『西郷どん』へ 大河ドラマは朝ドラを超えるか?

『おんな城主 直虎』から『西郷どん』へ 大河ドラマは朝ドラを超えるか?

2017年のフジドラマ、実は良作揃い? 『コード・ブルー』から『民衆の敵』まで意欲作を検証

2017年のフジドラマ、実は良作揃い? 『コード・ブルー』から『民衆の敵』まで意欲作を検証

年末企画:成馬零一の「2017年 年間ベストドラマTOP10」 朝ドラ一人勝ちの時代が終焉

年末企画:成馬零一の「2017年 年間ベストドラマTOP10」 朝ドラ一人勝ちの時代が終焉

『明日の約束』完成度高いシナリオに見る、関西テレビの方向性 課題はエンタメ性か?

『明日の約束』完成度高いシナリオに見る、関西テレビの方向性 課題はエンタメ性か?

『HiGH&LOW THE MOVIE 3』評論家座談会【後編】 「映画界におけるブランドになった」

『HiGH&LOW THE MOVIE 3』評論家座談会【後編】 「映画界におけるブランドになった」

『奥様は、取り扱い注意』で新しい作風を確立 脚本家・金城一紀の作家性を読み解く

『奥様は、取り扱い注意』で新しい作風を確立 脚本家・金城一紀の作家性を読み解く

乃木坂46・西野七瀬、『電影少女』では“お色気シーン”への期待も? ドラマ評論家が考察

乃木坂46・西野七瀬、『電影少女』では“お色気シーン”への期待も? ドラマ評論家が考察

菅田将暉は“バカと天才は紙一重”を体現できる俳優だーー『おんな城主 直虎』虎松役の魅力

菅田将暉は“バカと天才は紙一重”を体現できる俳優だーー『おんな城主 直虎』虎松役の魅力

櫻井翔、30代でたどり着いたミステリアスな役者像 『先に生まれただけの僕』校長役がハマる理由

櫻井翔、30代でたどり着いたミステリアスな役者像 『先に生まれただけの僕』校長役がハマる理由

今期、もっとも観るべきドラマは? ドラマ評論家が選ぶ、秋ドラマの注目作ベスト5

今期、もっとも観るべきドラマは? ドラマ評論家が選ぶ、秋ドラマの注目作ベスト5

『ナラタージュ』小川真司Pインタビュー 「この映画が当たれば、文芸作品の需要が増えるかも」

『ナラタージュ』小川真司Pインタビュー 「この映画が当たれば、文芸作品の需要が増えるかも」

『HiGH&LOW THE MOVIE 2』評論家座談会【後編】「国境を超えたら、状況が一気に変わる可能性もある」

『HiGH&LOW THE MOVIE 2』評論家座談会【後編】「国境を超えたら、状況が一気に変わる可能性もある」

SNSで人気のドラマは本当に“良作”なのか? 大根仁監督『ハロー張りネズミ』の真価

SNSで人気のドラマは本当に“良作”なのか? 大根仁監督『ハロー張りネズミ』の真価

『コード・ブルー』の成功は月9を変えるか? 賛否両論を呼んだ作風の意義

『コード・ブルー』の成功は月9を変えるか? 賛否両論を呼んだ作風の意義

『コード・ブルー』ヒットに導いた仕掛け人、増本淳プロデューサーの手腕を読む

『コード・ブルー』ヒットに導いた仕掛け人、増本淳プロデューサーの手腕を読む

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版