街山みほ×佐藤周×いまおかしんじ、新鋭×ベテラン初コンビで描いた『ヘタな二人の恋の話』

街山みほ×佐藤周×いまおかしんじ、新鋭×ベテラン初コンビで描いた『ヘタな二人の恋の話』

新鋭監督とベテラン監督が、監督・脚本としてタッグを組んだ映画『ヘタな二人の恋の話』が7月1日から公開される。  『橘アヤコは見…

“大怪獣のあとしまつ”は日本映画史の中で繰り返し描かれてきた? 特撮と笑いの難しさ

“大怪獣のあとしまつ”は日本映画史の中で繰り返し描かれてきた? 特撮と笑いの難しさ

「超大作怪獣映画」とは何か?  先日、山崎貴監督の新作映画エキストラ募集が話題となった。タイトルは伏せられているものの、〈超大…

『映画秘宝』休刊から3カ月で復刊 編集部が独断と偏見で決める「2010年代映画ベスト10」も

『映画秘宝』休刊から3カ月で復刊 編集部が独断と偏見で決める「2010年代映画ベスト10」も

2020年1月21日発売の3月号をもって休刊していた映画雑誌『映画秘宝』が、双葉社より復刊した。  Amazonでは予…

濱口竜介『天国はまだ遠い』から小川紗良『最期の星』まで 無料公開中の必見インディ映画を紹介

濱口竜介『天国はまだ遠い』から小川紗良『最期の星』まで 無料公開中の必見インディ映画を紹介

東京では現在、新作旧作含めて1本も映画が上映されていない。先の大戦末期では、空襲のさなかにも映画は上映されていたというから、空前…

モルモット吉田の『ペンタゴン・ペーパーズ』評:スピルバーグが問う報道をめぐる姿勢

モルモット吉田の『ペンタゴン・ペーパーズ』評:スピルバーグが問う報道をめぐる姿勢

1971年と2045年――2本連続で公開されるスティーヴン・スピルバーグの新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』と『レディ…

松坂桃李、日本映画界に欠かせない俳優に 『不能犯』『娼年』『孤狼の血』まで、その演技を考察

松坂桃李、日本映画界に欠かせない俳優に 『不能犯』『娼年』『孤狼の血』まで、その演技を考察

映画の中で描かれる嘘にリアリティを与えるためには、俳優の力が不可欠だ。これが特撮映画ならば、特撮技術とそれを見せるセンスがなけれ…

瀬々敬久監督が語る、『ヘヴンズ ストーリー』から7年の変化 「“自由”が大切な時代になっている」

瀬々敬久監督が語る、『ヘヴンズ ストーリー』から7年の変化 「“自由”が大切な時代になっている」

2010年に公開された瀬々敬久監督作『ヘヴンズ ストーリー』のBlu-ray&DVD が発売中だ。ベルリン映画祭で「国際批評…

『ビジランテ』は入江悠の次の10年を予感させるーー逃れられない地方都市の“郷愁”と“断絶”

『ビジランテ』は入江悠の次の10年を予感させるーー逃れられない地方都市の“郷愁”と“断絶”

映画に取り込める郷里を持つ映画監督は強い。誰にでも出身地ぐらいはあるだろうが、そこで撮ったからといって、土の匂いや空気まで映画に…

偉大な映画音楽はいかにして生まれたのか? 圧巻のドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』評

偉大な映画音楽はいかにして生まれたのか? 圧巻のドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』評

“映画批評の今”をテーマとした菊地成孔とモルモット吉田との対談(菊地成孔×モルモット吉田、“映画批評の今”を語る 「芸で楽しませ…

菊地成孔×モルモット吉田、“映画批評の今”を語る 「芸で楽しませてくれる映画評は少ない」

菊地成孔×モルモット吉田、“映画批評の今”を語る 「芸で楽しませてくれる映画評は少ない」

 菊地成孔の新刊『菊地成孔の欧米休憩タイム』(購入はこちらから)が、現在発売中だ。同書は、英語圏(欧米国)以外、特にアジ…

『東京ヴァンパイアホテル』は園子温の原点? 映画でもテレビドラマでもない稀有な1本

『東京ヴァンパイアホテル』は園子温の原点? 映画でもテレビドラマでもない稀有な1本

メジャーで『新宿スワンⅡ』(17年)を、ロマンポルノ・リブートプロジェクトではローバジェットで『アンチポルノ』(17年)を、その…

映画について書く・語るという行為は新たな時代に突入しているーー『映画評論・入門!』モルモット吉田インタビュー

映画について書く・語るという行為は新たな時代に突入しているーー『映画評論・入門!』モルモット吉田インタビュー

映画評論とは何か? それはなくてはならないものなのか? 気鋭の映画評論家・モルモット吉田氏の初の単著『映画評論・入門! 観る、読…

モルモット吉田の『3月のライオン』評:比較で浮かび上がる羽海野チカの世界

モルモット吉田の『3月のライオン』評:比較で浮かび上がる羽海野チカの世界

映画を比べるのは、品の良いことではないという意見がある。片方を持ち上げるために、別の映画を持ち出してきて貶めるのは下品ではないか…

年末企画:モルモット吉田の「2016年日本映画 年間ベスト脚本TOP5」

年末企画:モルモット吉田の「2016年日本映画 年間ベスト脚本TOP5」

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2016年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマの三…