>  > チャート一刀両断!

チャート一刀両断!の記事一覧

(207件)

一線で活躍するライターが、シングル/アルバムチャートを分析。音楽シーンを読み解くヒントに。

D-LITE(from BIGBANG)は稀有なアーティスト? 新作の“J-POP愛”を紐解く

D-LITE(from BIGBANG)は稀有なアーティスト? 新作の“J-POP愛”を紐解く

欅坂46、なぜ「不協和音」が表題曲なのか? 5形態全7曲で表現されたグループの現在

欅坂46、なぜ「不協和音」が表題曲なのか? 5形態全7曲で表現されたグループの現在

松田聖子の活動が示す、“これからの社会”におけるキャリアの作り方

松田聖子の活動が示す、“これからの社会”におけるキャリアの作り方

BiSH人気拡大の背景は? “パンクバンドそのもの”で勝負するグループの本気度

BiSH人気拡大の背景は? “パンクバンドそのもの”で勝負するグループの本気度

YUKIはまだまだ挑戦の真っ最中にあるーー最新作『まばたき』に漲った歌声の強さ

YUKIはまだまだ挑戦の真っ最中にあるーー最新作『まばたき』に漲った歌声の強さ

Lead「トーキョーフィーバー」、“音の配分”に感じた匠の技 ヒップホップに傾斜したサウンドを聴く

Lead「トーキョーフィーバー」、“音の配分”に感じた匠の技 ヒップホップに傾斜したサウンドを聴く

SILENT SIRENが志向してきた“ポップなロックサウンド”のど真ん中 ベスト盤に詰め込まれた軌跡

SILENT SIRENが志向してきた“ポップなロックサウンド”のど真ん中 ベスト盤に詰め込まれた軌跡

小沢健二『流動体について』の歌詞は何を伝える? 宗像明将が“多層的な構造”を読む

小沢健二『流動体について』の歌詞は何を伝える? 宗像明将が“多層的な構造”を読む

“活動安定期”に再びチャートを賑わす条件は? BIGBANG新作などから検証

“活動安定期”に再びチャートを賑わす条件は? BIGBANG新作などから検証

NEWS「EMMA」に感じた「チャンカパーナ」との類似性 楽曲手掛けたヒロイズムの手腕を読む

NEWS「EMMA」に感じた「チャンカパーナ」との類似性 楽曲手掛けたヒロイズムの手腕を読む

Suchmosはなぜ大ブレイクしたか? 『THE KIDS』の“今の時代らしさ”を読む

Suchmosはなぜ大ブレイクしたか? 『THE KIDS』の“今の時代らしさ”を読む

関ジャニ∞が歌う「なぐりガキBEAT」は爽快スカ・ナンバー! “和ジャマイカ折衷”の楽曲を聴く

関ジャニ∞が歌う「なぐりガキBEAT」は爽快スカ・ナンバー! “和ジャマイカ折衷”の楽曲を聴く

ONE OK ROCK、“世界のポップスター”へと歩み進めるか “日本の常識”超えたサウンドを聴く

ONE OK ROCK、“世界のポップスター”へと歩み進めるか “日本の常識”超えたサウンドを聴く

w-inds. 橘慶太、クリエイターとしての能力を発揮 最新曲における2つのポイント

w-inds. 橘慶太、クリエイターとしての能力を発揮 最新曲における2つのポイント

Little Glee Monsterが獲得した音楽的個性 “歌うま”超える表現力で更なる成長へ

Little Glee Monsterが獲得した音楽的個性 “歌うま”超える表現力で更なる成長へ

NMB48、新曲「僕以外の誰か」でアグレッシブな側面を強く押し出す

NMB48、新曲「僕以外の誰か」でアグレッシブな側面を強く押し出す

SMAPは“才能のプラットフォーム”だった 『SMAP 25 YEARS』首位でチャート締めくくる

SMAPは“才能のプラットフォーム”だった 『SMAP 25 YEARS』首位でチャート締めくくる

星野源「恋」なぜロングヒット? 『逃げ恥』メッセージとリンクした“主題”歌としてのあり方

星野源「恋」なぜロングヒット? 『逃げ恥』メッセージとリンクした“主題”歌としてのあり方

ピコ太郎「PPAP」の“共通ネタ”としての強さ アルバムは音楽的切り口も楽しめる作品に

ピコ太郎「PPAP」の“共通ネタ”としての強さ アルバムは音楽的切り口も楽しめる作品に

2016年は欅坂46の年だった 彼女たちがアイドル・シーンを席巻した理由

2016年は欅坂46の年だった 彼女たちがアイドル・シーンを席巻した理由

RADWIMPS、“頼もしい覚悟”が伝わる新作『人間開花』で2作連続首位獲得

RADWIMPS、“頼もしい覚悟”が伝わる新作『人間開花』で2作連続首位獲得

AKB48と乃木坂46の違いに見る秋元康の作家性 「強度」と「意味」描かれた2作から読む

AKB48と乃木坂46の違いに見る秋元康の作家性 「強度」と「意味」描かれた2作から読む

[Alexandros]、初のアルバム首位獲得! 彼らが体現するロックバンドとしての新しさとは

[Alexandros]、初のアルバム首位獲得! 彼らが体現するロックバンドとしての新しさとは

でんぱ組.inc新作、音楽的スケールの大きさ 地球の裏側にまで向かうファンキーなサウンドを紐解く

でんぱ組.inc新作、音楽的スケールの大きさ 地球の裏側にまで向かうファンキーなサウンドを紐解く

嵐『Are You Happy?』堂々の首位獲得 “嵐の5人=なんだかハッピー”のイメージより強く

嵐『Are You Happy?』堂々の首位獲得 “嵐の5人=なんだかハッピー”のイメージより強く

THE YELLOW MONKEYは“攻め”の姿勢選んだ 15年ぶりシングル『砂の塔』分析

THE YELLOW MONKEYは“攻め”の姿勢選んだ 15年ぶりシングル『砂の塔』分析

Happiness、高度なパフォーマンスで同世代が支持 真の意味での“SPEEDの後継者”となるか

Happiness、高度なパフォーマンスで同世代が支持 真の意味での“SPEEDの後継者”となるか

SEKAI NO OWARIは社会にどう目を向けた? アイリッシュ・トラッド色濃い「Hey Ho」を聴く

SEKAI NO OWARIは社会にどう目を向けた? アイリッシュ・トラッド色濃い「Hey Ho」を聴く

宇多田ヒカル『Fantôme』、発売初週のセールス推移は? 傑作ポップスはこう広まる

宇多田ヒカル『Fantôme』、発売初週のセールス推移は? 傑作ポップスはこう広まる

嵐、リオ五輪テーマ曲は“ブラジル×ジャニーズ”の新機軸? 洗練されたダンス・ポップ調の楽曲に

嵐、リオ五輪テーマ曲は“ブラジル×ジャニーズ”の新機軸? 洗練されたダンス・ポップ調の楽曲に

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版