私の家政夫ナギサさんの記事一覧

(60件)

私の家政夫ナギサさんの記事一覧です

『いちばんすきな花』で多部未華子が表現する人間の芯の強さ 表情や声色で訴えかける力

『いちばんすきな花』で多部未華子が表現する人間の芯の強さ 表情や声色で訴えかける力

清らかな佇まいの中に、凛と咲く花のような強さを感じる多部未華子。その眼差しは「潮ゆくえ」という人間の芯の強さをはっきりと捉えてい…

“キスシーンなし”の作品も 『恋つづ』『はじこい』など恋愛色の強い火10枠に変化?

“キスシーンなし”の作品も 『恋つづ』『はじこい』など恋愛色の強い火10枠に変化?

TBS系で火曜22時から放送されるドラマ枠・通称“火10”では、仕事と恋愛に勤しむヒロインの姿が描かれてきた。  ヒロインを上…

大森南朋、『ちむどんどん』で見せた柔らかさ 賢三は近年の朝ドラの系譜を継いだ父親に?

大森南朋、『ちむどんどん』で見せた柔らかさ 賢三は近年の朝ドラの系譜を継いだ父親に?

4月11日からついに始まったNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。沖縄本土復帰50年の節目に合わせて放送される本作は、自然豊かな…

眞栄田郷敦、約2年で急成長の背景とは 『プロミス・シンデレラ』『東リベ』などから考察

眞栄田郷敦、約2年で急成長の背景とは 『プロミス・シンデレラ』『東リベ』などから考察

俳優、特に若手にとって“勢い”は大切だ。たとえば「いつテレビを観ても出ている」「出演映画が切れないな」と思ううち、顔と名前が一致…

林遣都一人芝居の新しさ、男女ともに好感『わたナギ』 2020年を振り返るドラマ座談会

林遣都一人芝居の新しさ、男女ともに好感『わたナギ』 2020年を振り返るドラマ座談会

新型コロナウイルスの感染拡大による撮影の中止、放送延期という未曾有の事態を乗り越えながら、各局、各配信サービスなどから多種多様な…

年末企画:藤原奈緒の「2020年 年間ベストドラマTOP10」 コロナ禍だからこそ生まれた幸せな作品

年末企画:藤原奈緒の「2020年 年間ベストドラマTOP10」 コロナ禍だからこそ生まれた幸せな作品

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2020年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

ドラマ主演で活躍する未来の女優を募集 田辺エージェンシー×秋元康×TBSによるプロジェクト発足

ドラマ主演で活躍する未来の女優を募集 田辺エージェンシー×秋元康×TBSによるプロジェクト発足

全国の10代の女性を対象に、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成する「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日』」が発足し…

『わたナギ』ロスはなぜ起きる? 火曜ドラマが描くアラサー女性の心境と呪いからの解放

『わたナギ』ロスはなぜ起きる? 火曜ドラマが描くアラサー女性の心境と呪いからの解放

9月1日に惜しまれながら最終回を迎えたTBS火曜ドラマ『私の家政婦夫ナギサさん』(以下『わたナギ』)。本作に代表されるように、特…

『私の家政夫ナギサさん』特別編の放送決定! メイとナギサさんがはじめての夫婦喧嘩!?

『私の家政夫ナギサさん』特別編の放送決定! メイとナギサさんがはじめての夫婦喧嘩!?

TBS火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のスペシャルドラマ、『私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン!特別編』2時間スペシャルが、…

『けもなれ』から『わたナギ』まで 平成/令和のドラマで描かれる“多様性”のテーマ

『けもなれ』から『わたナギ』まで 平成/令和のドラマで描かれる“多様性”のテーマ

あらゆるルールや常識がひしめく中で生きていく私たちだが、そこに必要以上にがんじがらめになって苦しんでいる人もいるのが現実。特に何…

『わたナギ』大森南朋が“ツンデレ”キャラではない新鮮さ “頭ポンポン”シーンが排除された理由

『わたナギ』大森南朋が“ツンデレ”キャラではない新鮮さ “頭ポンポン”シーンが排除された理由

『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)は、四ツ原フリコによる漫画をドラマ化したものである。このドラマは、ヒロインの仕事と恋愛を描く…

山田涼介「圭ちゃんの人柄が心を開かせてくれました」 田中圭との共演を語る

山田涼介「圭ちゃんの人柄が心を開かせてくれました」 田中圭との共演を語る

山田涼介と田中圭が表紙を飾った『デジタルTVガイド』最新ドラマ超特大号‼(2020年10月号)が、8月24日に東京ニュース通信社…

『私の家政夫ナギサさん』お手本ではないヒロイン像を描く理由 多様性を認めるキッカケ作りに

『私の家政夫ナギサさん』お手本ではないヒロイン像を描く理由 多様性を認めるキッカケ作りに

生きるために仕事をしているのに、仕事に殺されそうになる。現代で働く人なら、誰もがそんな瞬間を味わったことがあるのではないだろうか…

“時代性”が色濃く現れる!? 『MIU404』『わたナギ』など、人気ドラマの背景にある女性Pの存在

“時代性”が色濃く現れる!? 『MIU404』『わたナギ』など、人気ドラマの背景にある女性Pの存在

人気ドラマの続編を除き、今期ドラマの話題を独占状態の『MIU404』と『私の家政夫ナギサさん』(いずれもTBS系)。この2作の大…

『私の家政夫ナギサさん』は日本版『マイ・インターン』? 相原メイが置かれた板挟みの状況

『私の家政夫ナギサさん』は日本版『マイ・インターン』? 相原メイが置かれた板挟みの状況

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)に癒されるという人が続出している。製薬会社のMR職でバリキャリの主人公・相原メイ(…

『わたどう』横浜流星、『MIU404』星野源ら、人気俳優たちが今期ドラマで見せる“シリアス演技”

『わたどう』横浜流星、『MIU404』星野源ら、人気俳優たちが今期ドラマで見せる“シリアス演技”

新型コロナウイルスが猛威を振るっている2020年、国内のテレビドラマ業界も大きな打撃を受けた。放送時期の延期、あるいは撮影が間に…

“おじさん”がモチーフの作品も誕生 大森南朋、堺雅人ら、ドラマで活躍する40代以降の俳優たち

“おじさん”がモチーフの作品も誕生 大森南朋、堺雅人ら、ドラマで活躍する40代以降の俳優たち

『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、『半沢直樹』(TBS系)、『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)、そして『竜の道 二つの…

単純なハッピーエンドで終わらないのが火曜ドラマ 『わたナギ』で考え直す他者との境界線

単純なハッピーエンドで終わらないのが火曜ドラマ 『わたナギ』で考え直す他者との境界線

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)は、これまで第1〜5話にかけて、まだまだ「家事が得意=女子力が高い」と言われる現代…

Twenty★Twenty、全15組75名の秘蔵グラビア&歌声の音声解析 『週刊ザテレビジョン』

Twenty★Twenty、全15組75名の秘蔵グラビア&歌声の音声解析 『週刊ザテレビジョン』

チャリティーソング「smile」のために結成されたジャニーズの期間限定ユニット、Twenty★Twentyが表紙を飾る『週刊ザテ…

瀬戸康史、古川雄大、桜田通、平埜生成らが活躍 今期ドラマにも多数出演の“テニミュ”俳優たち

瀬戸康史、古川雄大、桜田通、平埜生成らが活躍 今期ドラマにも多数出演の“テニミュ”俳優たち

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で約9年間連載されていた許斐剛による同名漫画を原作としたミュージカル『テニスの王子様』。通称“テニ…

『私の家政夫ナギサさん』で描かれた様々な“決断” 新たな呪いの発動も

『私の家政夫ナギサさん』で描かれた様々な“決断” 新たな呪いの発動も

「立派なお仕事ね。家政夫/家政婦さんって」  家事によって、家族が救われるということ。家事代行サービスが、誰でもできる雑用では…

『私の家政夫ナギサさん』ドラマと原作漫画の違い 母娘の物語はどう昇華された?

『私の家政夫ナギサさん』ドラマと原作漫画の違い 母娘の物語はどう昇華された?

家政婦さんに来てもらいたいくらい忙しい! 多くの働く人にとって、家事と仕事の両立は永遠のテーマだろう。「家事は潔くアウトソーシン…

高橋メアリージュンの“良き同僚”がハマり役! 『私の家政夫ナギサさん』薫が追いかける幸せ

高橋メアリージュンの“良き同僚”がハマり役! 『私の家政夫ナギサさん』薫が追いかける幸せ

「私と付き合ってもらえませんか!」。現在放送中のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第4話で、会って2回目の田所優太(瀬…

『私の家政夫ナギサさん』自分の尺度の幸せを掴む難しさ メイの周囲に結婚相手候補が続々登場

『私の家政夫ナギサさん』自分の尺度の幸せを掴む難しさ メイの周囲に結婚相手候補が続々登場

理想の結婚相手は「今の生活を1ミリも変えなくていい人がいい」。  わかる、わかるよ、わかりみが深いよ……と、すべての働く女子か…