『私の家政夫ナギサさん』自分の尺度の幸せを掴む難しさ メイの周囲に結婚相手候補が続々登場

『私の家政夫ナギサさん』自分の尺度の幸せを掴む難しさ メイの周囲に結婚相手候補が続々登場

 理想の結婚相手は「今の生活を1ミリも変えなくていい人がいい」。

 わかる、わかるよ、わかりみが深いよ……と、すべての働く女子から聞こえてきそうな、セリフが飛び出した。『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)第4話。

 仕事はバリバリこなすけれど家事は苦手なメイ(多部未華子)は、「いつかは結婚」と思いながらも、具体的に結婚している自分の姿が想像できない。母・美登里(草刈民代)から「メイには仕事も家事も両立できるようになってほしい」と育てられたメイ。だが、美登里は結婚と同時に仕事を辞めている。一番身近な大人の女性である“お母さん”から「自分のようになってはダメ」と言われてしまっては、他にロールモデルとなる女性を探さなければならない。だが、なかなかその「仕事も家事も両立」が難しいのだ。そんな完璧にやるなんて、24時間じゃ全然足りない。

 バリバリと仕事をこなすアラサー女性は、自分の花園を築いているタイミングだ。仕事も覚えて面白くなってきたところ。金銭的にも自由がきくし、オシャレも、旅行も、楽しい時期。自己投資した分だけ内面も外見も磨かれていく実感もある。だから「今の生活を1ミリも変えたくない」のだ。

 もちろん、頭ではわかっている。結婚とは1人でするものではないのだから、パートナーがいれば生活は変わらざるを得ないということを。きっと休日も好きなだけ寝てるわけにもいかないだろう。今よりも早起きして2人分の朝食を作って、2人分の洗濯をして、仕事から帰ってきたら2人分の洗濯物を取り込んで、畳んで……と、メイに至っては自分の分だってできていないのに、2人分もなんて想像できるわけがない。

 時間もお金も100%自分のために使っても足りないくらいの生活なのに、そこに誰かを入れる余裕なんて。でも、それを変えてもいいと思えるほどの相手=運命の人が、「いつか」現れるかもしれない。そんな淡い期待を抱きながら、今日も仕事に勤しむのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる