>  >  >  > Hi-STANDARDの情報

Hi-STANDARDの情報

(ハイ・スタンダード)

現在のパンク/メロコア・シーンを牽引したのは、間違いなくハイ・スタンダードだ。今では取り立てて珍しくないが、英語詞にいち早くアプローチしたことや、当初から海外に目を向けグローバルに活動したことなど、その功績は大きい。
91年、難波章浩“ナンバ”(vo&b)、横山健“ケン”(g)、恒岡章“ツネ”(dr)を中心に結成。94年にミニ・アルバム『ラスト・オブ・サニーデイ』でデビューして以来、オフスプリング/ラグワゴン/ランシド/NOFX/グリーンデイなどと共演を果たし、海外のバンドとのパイプラインを強化した。そうやってライヴ・バンドとしての実力を磨き、その成果を『グローイング・アップ』や『アングリー・フィスト』といった作品にすかさず反映。そして、99年リリースの『メイキング・ザ・ロード』に至っては、約70万枚のビッグ・セールスを記録——今までシーンに縁遠かった層にまで「メロコア」「ハイスタ」の2大キーワードを浸透させたのだ。
彼らが多くの人々に支持される理由は、結成当初から貫き通している熱いパンク・スピリットや、「みんなで歌える」をモットーとした音楽スタイルにあるだろう。それはイコール、社会的な一面をもち合わせた等身大の歌詞、一聴しただけで強烈な印象を残すフックの効いたメロディと言える。また、ナンバのパワフルなヴォーカル、ケンのアグレッシヴなギター・ワーク、ツネのタイトなドラミングといった、3人の絶妙なバランスも忘れてはいけないところだ。
00年8月、『AIR JAM 2000』を最後に活動停止。その後、横山健はBBQ CHICKENSのメンバーとして活動し、04年にはソロ・デビューを果たす。

Hi-STANDARDの記事
『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』、ライブアクトに平井堅追加 RADWIMPS初公開映像も
『AIR JAM 2016』ライブ映像、1日限定開催のHi-STANDARD写真展にて先行上映決定
横山健、ハイスタのサウンドに込めた“主張”を語る「受けるわけないことをやってみよう」
横山健が語る、Hi-STANDARDの新たなロマン「ハイスタじゃないと得られないものを体験したい」
Hi-STANDARD、Shout it Out、岡崎体育……彼らは新作でターニングポイントをどう越えた?
Hi-STANDARD、カバーシングル『Vintage & New, Gift Shits』ジャケット公開
THE YELLOW MONKEYは“攻め”の姿勢選んだ 15年ぶりシングル『砂の塔』分析
Hi-STANDARD、16年ぶり新作ネット通販&配信開始 メンバーインタビュー&フルMVも公開に
Hi-STANDARDの“告知なし新作リリース”はなぜ事件か? 石井恵梨子による緊急寄稿
Hi-STANDARD、突如リリースの新作はどう広まった? “フラゲ日”以降の盛り上がりを追う
Hi-STANDARD、16年ぶりシングルを本日リリース 12月にはカバー新作&東北・新潟ツアー開催も
BRAHMAN、『尽未来祭』のタイムテーブルを発表 オープニングアクトにJOHNSONS MOTORCARが追加
Ken Yokoyamaが明かす『Mステ』出演の真意 「古くなった俺でも、まだやれることはある」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版