> 作品評

作品評の記事一覧

(440件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

筒香嘉智が見せた“本気の顔”ーー『FOR REAL ベイスターズ、クライマックスへの真実。』レビュー

筒香嘉智が見せた“本気の顔”ーー『FOR REAL ベイスターズ、クライマックスへの真実。』レビュー

『島々清しゃ』は不器用な大人たちを包み込むーー沖縄の離島で“グルーヴ”が生まれるまで

『島々清しゃ』は不器用な大人たちを包み込むーー沖縄の離島で“グルーヴ”が生まれるまで

アジア最大のヒット作『人魚姫』、チャウ・シンチーの笑いとヒューマニズムを読む

アジア最大のヒット作『人魚姫』、チャウ・シンチーの笑いとヒューマニズムを読む

『ドラゴン×マッハ!』を大傑作と呼ぶべき理由 人間ドラマとしての側面から読み解く

『ドラゴン×マッハ!』を大傑作と呼ぶべき理由 人間ドラマとしての側面から読み解く

今だから発見できる、デヴィッド・ボウイの狂気  サエキけんぞうの『ジギー・スターダスト』評

今だから発見できる、デヴィッド・ボウイの狂気  サエキけんぞうの『ジギー・スターダスト』評

ケガ人続出の物騒なロードレースに胸キュン!? ラブコメ映画としての『疾風スプリンター』

ケガ人続出の物騒なロードレースに胸キュン!? ラブコメ映画としての『疾風スプリンター』

名優デ・ニーロ、73歳にしてキャリアぶち壊す!? 『ダーティ・グランパ』“お下劣”演技の衝撃

名優デ・ニーロ、73歳にしてキャリアぶち壊す!? 『ダーティ・グランパ』“お下劣”演技の衝撃

ゲイたちの戦いに宿る、R・エメリッヒの作家性 『ストーンウォール』の破壊的な美しさ

ゲイたちの戦いに宿る、R・エメリッヒの作家性 『ストーンウォール』の破壊的な美しさ

『傷物語<冷血篇>』が示したアニメ映画の新潮流 “三部作構成”のメリットを考える

『傷物語<冷血篇>』が示したアニメ映画の新潮流 “三部作構成”のメリットを考える

川口敦子の『ミューズ・アカデミー』評:ホセ・ルイス・ゲリンと濱口竜介がみつめる現代映画の焦点

川口敦子の『ミューズ・アカデミー』評:ホセ・ルイス・ゲリンと濱口竜介がみつめる現代映画の焦点

ジャ・ジャンクー最大のヒット作『山河ノスタルジア』は、新時代の中国国民映画となる

ジャ・ジャンクー最大のヒット作『山河ノスタルジア』は、新時代の中国国民映画となる

ディズニー、なぜ過去の名作を実写リメイク? 『ピートと秘密の友達』が描き直す“人情”の物語

ディズニー、なぜ過去の名作を実写リメイク? 『ピートと秘密の友達』が描き直す“人情”の物語

木村拓哉は木村拓哉をやめるわけにはいかないーー役者として無限の可能性を示した『無限の住人』

木村拓哉は木村拓哉をやめるわけにはいかないーー役者として無限の可能性を示した『無限の住人』

庵野秀明、山崎貴に続くのは山田洋次と黒沢清!? 『海賊とよばれた男』が示す日本映画とVFXの関係

庵野秀明、山崎貴に続くのは山田洋次と黒沢清!? 『海賊とよばれた男』が示す日本映画とVFXの関係

地獄の目隠し鬼ごっこが怖い! 『ドント・ブリーズ』を大ヒットに導いた発想力

地獄の目隠し鬼ごっこが怖い! 『ドント・ブリーズ』を大ヒットに導いた発想力

菊地成孔の『アズミ・ハルコは行方不明』評:「若い映画」なのか、「そんなに若くない映画」なのかはっきりしてくれよ

菊地成孔の『アズミ・ハルコは行方不明』評:「若い映画」なのか、「そんなに若くない映画」なのかはっきりしてくれよ

加村真美、菊地麻衣、永尾まりや……『咲-Saki-』ライバル校で注目すべき若手女優たち

加村真美、菊地麻衣、永尾まりや……『咲-Saki-』ライバル校で注目すべき若手女優たち

LGBT同士の愛が社会に訴えたものーー大塚シノブが『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』を観る

LGBT同士の愛が社会に訴えたものーー大塚シノブが『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』を観る

『ヒトラーの忘れもの』が伝える痛みのリアリティ 美しい海と地雷が意味するもの

『ヒトラーの忘れもの』が伝える痛みのリアリティ 美しい海と地雷が意味するもの

アメリカで高評価の『Looking/ルッキング』、TVドラマ界に一石を投じた“愛と友情のかたち”

アメリカで高評価の『Looking/ルッキング』、TVドラマ界に一石を投じた“愛と友情のかたち”

すべてはおっぱいのためにーー青春映画『14の夜』はなぜ愛おしいのか?

すべてはおっぱいのためにーー青春映画『14の夜』はなぜ愛おしいのか?

『映画 妖怪ウォッチ』アニメ×実写のハイブリッドで娯楽大作に! 自虐ネタ満載の作風を読む

『映画 妖怪ウォッチ』アニメ×実写のハイブリッドで娯楽大作に! 自虐ネタ満載の作風を読む

福士蒼汰 × 小松菜奈『ぼく明日』が感情を揺さぶる理由 三木孝浩監督の音楽演出に迫る

福士蒼汰 × 小松菜奈『ぼく明日』が感情を揺さぶる理由 三木孝浩監督の音楽演出に迫る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版