竜とそばかすの姫の記事一覧

(58件)

竜とそばかすの姫の記事一覧です

『竜とそばかすの姫』『スパイダーマンNWH』など、Amazon Prime Videoにて8月配信

『竜とそばかすの姫』『スパイダーマンNWH』など、Amazon Prime Videoにて8月配信

Amazon Prime Videoで8月から配信される新着コンテンツが発表された。  映画やテレビ番組が見放題のAmazon…

山下達郎、Mr.Children、millennium parade×Belle、奥華子……細田守が作品主題歌に求めるものとは?

山下達郎、Mr.Children、millennium parade×Belle、奥華子……細田守が作品主題歌に求めるものとは?

近日、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が地上波初放送される。インターネット上の仮想世…

『竜とそばかすの姫』に刻まれたネット社会の問題点 主人公の行動が賛否両論を呼んだ理由

『竜とそばかすの姫』に刻まれたネット社会の問題点 主人公の行動が賛否両論を呼んだ理由

細田守監督作『竜とそばかすの姫』が『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で地上波初放送される。今作の見どころは非常に多い。公開時に…

『劇場版 呪術廻戦 0』北米で初登場No.2 『鬼滅の刃』に続く大ヒットの背景に配給戦略も

『劇場版 呪術廻戦 0』北米で初登場No.2 『鬼滅の刃』に続く大ヒットの背景に配給戦略も

『呪術廻戦』旋風がアメリカの映画館に上陸した。2022年3月18日~20日の北米興行収入ランキングは、おなじみ日本の人気コミック…

“リッチな体験”が映画化成功のカギに? 2021年を振り返るアニメ評論家座談会【後編】

“リッチな体験”が映画化成功のカギに? 2021年を振り返るアニメ評論家座談会【後編】

2021年のアニメ界を振り返るために、レギュラー執筆陣より、アニメ評論家の藤津亮太氏、映画ライターの杉本穂高氏、批評家・跡見学園…

日本アカデミー賞優秀アニメーション賞5作品で振り返る、日本アニメ映画の現在地

日本アカデミー賞優秀アニメーション賞5作品で振り返る、日本アニメ映画の現在地

日本映画の祭典ともいえる日本アカデミー賞。その公式サイトを見ると「映画芸術、技術、科学の向上発展のために日本アカデミー賞を設け、…

藤津亮太の「2021年 年間ベストアニメTOP10」 キーワードは音楽、仕事と私、ロボットアニメ

藤津亮太の「2021年 年間ベストアニメTOP10」 キーワードは音楽、仕事と私、ロボットアニメ

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

佐藤健は時代の体現者 『るろ剣』『竜とそばかすの姫』で2021年“エンタメ界の顔”の代表に

佐藤健は時代の体現者 『るろ剣』『竜とそばかすの姫』で2021年“エンタメ界の顔”の代表に

コロナ禍によって、不安定な日々が続く世の中。いまだエンターテインメント業界も楽観視できない状況にあるが、それでも、映画、ドラマ、…

のざわよしのりの「2021年 年間ベストアニメTOP10」 長編シリーズと秀逸なオリジナル作

のざわよしのりの「2021年 年間ベストアニメTOP10」 長編シリーズと秀逸なオリジナル作

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

杉本穂高の「2021年 年間ベストアニメTOP10」 アニメ作品に反映された“変化”の兆し

杉本穂高の「2021年 年間ベストアニメTOP10」 アニメ作品に反映された“変化”の兆し

リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2021年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、ア…

細田守と新海誠、2大ヒット作家が“都市と田舎”を扱う理由 写実的な描写の姿勢は真逆?

細田守と新海誠、2大ヒット作家が“都市と田舎”を扱う理由 写実的な描写の姿勢は真逆?

物語にとって、「場所」は極めて重要な意味を持つ。  それは、「たんなる舞台の下準備以上の存在」であるべきで、「登場人物にとって…

中村佳穂、幾田りら、アヴちゃん アーティストの声優活動にみる“歌と声”の深い関係

中村佳穂、幾田りら、アヴちゃん アーティストの声優活動にみる“歌と声”の深い関係

細田守監督の3年ぶり新作『竜とそばかすの姫』で、主人公・すず/ベル役に、演技未経験のシンガーソングライターの中村佳穂が抜擢された…