『SWITCH』細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』50ページ徹底特集 STUTSによる『まめ夫』楽曲制作秘話も

『SWITCH』細田守監督最新作を徹底特集

 映像とともに生み出される2021年の音楽のあり方を紐解く『SWITCH』サウンドトラック特集号(8月号)が、7月20日にスイッチ・パブリッシングより発売された。

『SWITCH』サウンドトラック特集号(8月号)を試し読み(書影をクリック)

画像をクリックして試し読み

 細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』の50ページ特集では、監督をはじめ、キャスト・メインテーマ・劇伴など国内外さまざまなクリエイターが参加した本作の音楽と映像の魅力を紐解く。細田守はなぜ本作のテーマに「歌」を据えたのか。そしてさまざまな「音楽」の鳴る仮想世界〈U〉はどのようして作られたのか。細田監督をはじめ、主人公・すず/ベル役を務めたミュージシャンの中村佳穂、メインテーマを手がけた常田大希(millennium parade)、YOASOBIボーカル・ikuraとしても活躍するシンガーソングライターの幾田りら の撮り下ろしインタビューに加え、「竜」役を務めた佐藤健のインタビューを掲載。

 さらに音楽監督・岩崎太整をはじめ、ルドウィグ・フォシェル、坂東祐大ら作曲家陣が語る音楽制作の舞台裏とは。「歌」や「音楽」にフォー カスして本作の魅力を紐解くとともに、仮想世界〈U〉のプロダクションデザインを手がけたイギリス人建築家・ デザイナーのエリック・ウォン、〈U〉のコンセプトアートを手がけたアニメーションスタジオ「カートゥーン・ サルーン」などの海外クリエイター陣を取材。貴重な絵コンテやアート資料とともに本作の映像を解き明かしている。また物語の舞台となった高知県も取材している。

 また、今号ではAdo、Eveが『SWITCH』初登場。新鋭アーティストの表現の源泉を探る貴重なインタビューを掲載している。さらに、STUTSが語る『大豆田とわ子と三人の元夫』の楽曲制作秘話とは。ドラマ史に残るエンディングの仕掛けを振り返る。

■書誌情報
『SWITCH』Vol.39 No.8(2021年8月号)
特集:サウンドトラック2021
発売日:2021年7月20日
価格:900円+税
商品ページ:http://www.switch-store.net/SHOP/SW3908.html

(c)2021 スタジオ地図



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる