TRFの記事一覧

(10件)

92年、小室哲哉プロデュースのもと日本初のレイヴ・ユニットとしてデビュー。TRF=TK RAVE FACTORYというグループ名はこれに由来するものだ。また、ヴォーカル、サウンド・クリエイター、ダンサー(3人)——という一風変わったメンバー構成をとっている。
93年にシングル「GOING 2 DANCE」をリリースして以来、00年までにシングル/アルバムを含め30枚以上の作品を発表。なかでも、6thシングル「survival dAnce」から「Overnight Sensation」において「5枚連続ミリオン・セールス」という記録を打ち立てた。メンバー全員がダンス・ミュージックへ傾倒しているだけあり、楽曲にはハウスやR&B、ソウル、ディスコ、ユーロビートといった、あらゆる「踊らせる」テイストがいかんなく発揮されている。そして、YUKIの繊細さと力強さを併せもったソウルフルなヴォーカルは、そのテンションを倍増させるほどのスケールだ。また、そんな彼女を支える、SAM、CHIHARU、ETSUの躍動感あふれるソリッドなダンスや、サウンドにヴィヴィッドなアクセントをつけるKOOのDJスキルがあるからこそ、TRFは光り輝いているのだろう。——近頃はクラブ・シーンへ積極的に目を向け、リミックス・ナンバーにも力を入れている。

TRF DJ KOO×守尾崇が語る、90年代J-POPとエイベックスサウンドが現代に伝えるもの

TRF DJ KOO×守尾崇が語る、90年代J-POPとエイベックスサウンドが現代に伝えるもの

中居正広、DJ KOOの意外な一面にがっかり 「イメージダウンなんですけど」

中居正広、DJ KOOの意外な一面にがっかり 「イメージダウンなんですけど」

TRF CHIHARU、小室哲哉引退の寂しさ語る「小室さんがいなかったら今の私たちは確実にいない」

TRF CHIHARU、小室哲哉引退の寂しさ語る「小室さんがいなかったら今の私たちは確実にいない」

小室哲哉はJPOPのリズムをどう変えたか 現役ミュージシャンが「TKサウンド」を分析

小室哲哉はJPOPのリズムをどう変えたか 現役ミュージシャンが「TKサウンド」を分析

TM西川貴教『UTAGE』でGLAY熱唱も不安げ「僕がGLAYを歌うとネットが荒れませんか?」

TM西川貴教『UTAGE』でGLAY熱唱も不安げ「僕がGLAYを歌うとネットが荒れませんか?」

「小室哲哉は地方のマーケットを見抜いた」速水健朗がJPOP激動期としての90年代を分析

「小室哲哉は地方のマーケットを見抜いた」速水健朗がJPOP激動期としての90年代を分析

ジャニーズのダンスはどう進化してきたか その独自性を支えるキーパーソンたち

ジャニーズのダンスはどう進化してきたか その独自性を支えるキーパーソンたち

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版