広瀬香美の記事一覧

(3件)

4才からピアノ、5才から作曲を始め、福岡女学院音楽科から国立音楽大学作曲科へ進学。いわゆるエリート音楽家の道を着実に進んでいた彼女は、大学時代にL.A.で観たボビー・ブラウンとベイビー・フェイスのコンサートをきっかけに、ポップスの世界へ歩みだす。マイケル・ジャクソンのヴォイス・トレーナー、セス・リグスに師事し、約3年間のレッスンの後、92年ファースト・アルバム『Bingo!』でデビュー。93年に発表した、シングル「ロマンスの神様」が爆発的なセールスを記録し、一躍その名を世に知らしめた。その後も、数々のシングルがヒットし、さらにドラマやミュージカルの音楽プロデュース、他のアーティストへの楽曲提供(広末涼子、川中美幸、内田有紀など)と幅広く活動。98年にはヒット・シングルを網羅したベスト・アルバム『The Best Love Winters』を発表している。大手スポーツ用品店の冬期CM曲にタイ・アップされていることから、「夏のチューブ、冬の広瀬」という印象が強いが、彼女の音域の広い歌声とドラマティックで耳ざわりのよいメロディには、温かい包容力がある。00年からアーティストとしての活動を縮小し、未来のアーティストを育てるべく「スーパーキッズ養成コース」を開講するなど、音楽教育に力を注いでいる。

広瀬香美の楽曲はなぜ聴衆の心を掴む? ゲレンデからオフィスまで“平成の女性”象徴したヒロイン像

広瀬香美の楽曲はなぜ聴衆の心を掴む? ゲレンデからオフィスまで“平成の女性”象徴したヒロイン像

「小室哲哉は地方のマーケットを見抜いた」速水健朗がJPOP激動期としての90年代を分析

「小室哲哉は地方のマーケットを見抜いた」速水健朗がJPOP激動期としての90年代を分析

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版