PUFFYの記事一覧

(11件)

だらだらだらだら……ゆっくりとしたものを見ていると妙に心が和んだりする。せかせかした生活を送ってる人って、みんなそうじゃなかろうか。で、大貫亜美と吉村由美に感じるのもまさにそういう「たら〜ん」としたムードだ。
シングル「アジアの純真」でデビューしたのが96年。奇妙奇天烈な歌詞と、のほほんとした雰囲気が受け、たちまち大ブレイク。主に奥田民生(元ユニコーン)がプロデュースを担当し、さらに井上陽水やトータス松本(ウルフルズ)、草野正宗(スピッツ)らが提供する楽曲群は、ビートルズやセックス・ピストルズなどのリフをサクっと拝借したり、ルンバやディスコを取り入れたり……と、とにかく遊びゴコロのあるキャッチーさが売り。そして、いろいろなスタイルを「ちょっとやってみたら、できちゃった」的ノリでフレキシブルにこなす、パフィーの2人。そのイージー・ゴーイングぶりがたっぷりの脱力感をさらに増長させている。アジアやアメリカ(02年にはライヴ・ツアーも敢行)などにおける注目度の高さから見ても、彼女たちから得られる奇妙な心の弛緩は、万国共通に欲されているものだという気がする。まるで一卵双生児のようなヴィジュアルもインパクト強いし……。

『NHK紅白歌合戦』曲目発表 2016年の傾向は?

『NHK紅白歌合戦』曲目発表 2016年の傾向は?

2016年12月31日放送の『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)出場歌手の曲目が発表された。  星野源がドラマ『逃げ恥』人…

小室哲哉、奥田民生、大友良英らが語る「ハイレゾ」の可能性は? 『ウォークマンぴあ』目玉記事ご紹介

小室哲哉、奥田民生、大友良英らが語る「ハイレゾ」の可能性は? 『ウォークマンぴあ』目玉記事ご紹介

ウォークマンの35周年を記念するムック本『ウォークマンぴあ』が、10月28日に発売された。  同書のメイン企画である「ウォークマ…