奥田民生の記事一覧

(52件)

ミュージシャンとしてプロデューサーとして、奥田民生ほど気負わずに、そして明確に自己のカラーを打ち出しているひとも珍しいだろう。87年にユニコーンのヴォーカリストとして、アルバム『ブーム』でデビュー。CDセールスやライヴ動員はうなぎ登りに数字を伸ばし、「メイビー・ブルー」や「大迷惑」など数々のヒットを生んだ。しかし、人気の絶頂期にあった93年、ラジオ『オールナイト・ニッポン』への出演を最後に突然解散。ファンのみならず音楽業界にも衝撃が走った。しかし、そんな周囲の声をもろともせず、奥田本人は充電期間ならぬ「釣り期間」に悠々自適に突入していったのだ。
そして、翌94年、シングル「愛のために」でソロ・デビューを果たすやいなや、いきなり100万枚を超すセールスでシーンに復活。その後、「息子」や「イージュー★ライダー」など数々の名曲を生み出すと共に、パフィーやダウンタウン・浜田雅功のプロデュースでも手腕を発揮した。その各々のキャラクターを最大限に活かした楽曲には、ゆるいムードと共に確信犯的な采配が詰まっているといえるだろう。また、井上陽水とのユニットや元ジェリーフィッシュのアンディー・スターマーとのコラボレート作品などもある。ツアーにおいても毎回凝った趣の演出をみせており、オリジナル・ヴァージョンとはまた違った角度から楽曲を披露。アコースティック・ギター1本のみで公演された『ひとり股旅』ツアーなどは記憶に新しいところだ。
いい意味で円熟することなく我が道を突き進む奥田民生は、今や日本のミュージック・シーンのニュー・スタンダードである。

吉川晃司、DA PUMP、倖田來未……古舘伊知郎とのトークやゲスト招いたコラボ ライブで魅せるWOWOW『INVITATION』

吉川晃司、DA PUMP、倖田來未……古舘伊知郎とのトークやゲスト招いたコラボ ライブで魅せるWOWOW『INVITATION』

ライブやコンサートがままならない状況にある中で、少しでも人々の心に明かりを灯したいとの思いでスタート。豪華アーティストのライブパ…

『天才てれびくん』シリーズが歴代てれび戦士たちと作り上げてきた名曲を考察 子どもの目線で歌われる時代性や未来がテーマに

『天才てれびくん』シリーズが歴代てれび戦士たちと作り上げてきた名曲を考察 子どもの目線で歌われる時代性や未来がテーマに

1993年4月の放送開始以来、”天てれ”の呼び名で親しまれているNHK Eテレの人気番組『天才てれびくん』シリーズ。出演する子役…

ジョン・レノンの音楽は、なぜ日本のアーティストたちに歌われるのか? 言葉を超えて伝わる純粋なまでのメッセージ性

ジョン・レノンの音楽は、なぜ日本のアーティストたちに歌われるのか? 言葉を超えて伝わる純粋なまでのメッセージ性

感じたことをそのまま、まっすぐに唄う。何かに屈することなく、包み隠さず、躊躇しないで、自分の思いを、感じたことを訴える。そしてそ…

『VIVA LA ROCK 2020』第3弾出演アーティスト&日割り発表 赤い公園、奥田民生、宮本浩次、ユニゾン、レキシら25組追加

『VIVA LA ROCK 2020』第3弾出演アーティスト&日割り発表 赤い公園、奥田民生、宮本浩次、ユニゾン、レキシら25組追加

5月2日から5日にさいたまスーパーアリーナをスタジアムモードにして開催する『VIVA LA ROCK 2020』の第3弾出演アー…

奥田民生、レキシ、クリープハイプ……イメージを更新し続けるアーティストの新作

奥田民生、レキシ、クリープハイプ……イメージを更新し続けるアーティストの新作

アーティストしてのイメージをしっかり訴求しつつ、作品ごとにそれを更新し続ける。音楽シーンのなかで長くキャリアを続けるために必要な…

トム・ミッシュや奥田民生のレコーディング模様も 宅録/多重録音の今を伝える5作

トム・ミッシュや奥田民生のレコーディング模様も 宅録/多重録音の今を伝える5作

今回のテーマは「宅録/多重録音の今を伝える5作」。新譜をキュレーションする前に、まずはYouTubeから二つ紹介しましょう。 …