奥田民生、ミレパ、YOASOBIらも参加、Ginza Sony Park『Sony Park展』が開催決定

奥田民生、ミレパ、YOASOBIらも参加、Ginza Sony Park『Sony Park展』が開催決定

 Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)が、2024年(※)に完成予定の「新Ginza Sony Park」に向けた建設工事を始める2021年10月を前に、Ginza Sony Parkとしてのファイナルプログラム『Sony Park展』を2021年6月26日より開催する。

 同プログラムは、ソニーが取り組む多様な6つの分野「ゲーム、音楽、映画、エレクトロニクス、半導体、金融(ファイナンス)」をテーマに、ソニーミュージックの6組のアーティストたちが加わって展開するというもの。
 岡崎体育、奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、millennium parade、YOASOBI、Creepy Nutsの6組のアーティストが加わって、3か月あまりにわたり数々の企画を展開する。また、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というソニーのPurpose(存在意義)から、テクノロジーとデザインをテーマにした3つのイベントをあわせて開催。ソニーファウンダーのひとりであり、ソニービルを創業した盛田昭夫氏の生誕100年を記念した「Bar Morita」もオープンする。

 さまざまな事情で来園できない場合にも、バーチャルでのウォークスルー体験や、各アーティストが出演するオンラインイベントを楽しめる特設サイトが公開予定だという。

■企画概要
「Sony Park展」
期間:2021年6月26日から9月30日、11時から19時まで
   Bar Moritaのみ12時から20時まで(毎週月曜定休日)となる。
(※)準備のための休止期間がある。
(※)開催日時はやむを得ず変更となる場合がある。
場所:Ginza Sony Park(PARK B2からB4/地下2から4階)
料金:入場無料(一部 事前予約制)
特設サイト:https://www.ginzasonypark.jp/sonyparkten/
ハッシュタグ:#sonypark展

■ イベント詳細
「変わり続けるソニーがいま取り組む6つの分野」をテーマにした6つのイベント(事前予約制)
事前予約:
予約数には限りがあるため、各期間ともひとり1回(1メールアドレスあたり1回、2枚まで)の予約となる。詳細は予約ページにて。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる