奥田民生、YouTuber活動で「収入なし」 それでも動画配信を続ける理由とは?

 YouTuberとしても活動するミュージシャンの奥田民生が10月27日に放送された情報・ワイドショー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にVTR出演。なぜ、YouTubeで配信を続けるのか、そして、変わりゆくエンタメ業界とどう向き合うべきか私見を述べた。

 VTRでは、ピアニストの清塚信也が奥田のYouTube配信スタジオ訪れる模様を公開。都内某所の一角を間借りした同スタジオでは、これまで100本以上の動画が制作されている。その動画の主な内容は、「DIYレコーディング」と銘打った奥田がアナログデッキでレコーディングする模様を公開するというもの。完成した曲はすぐにデジタル配信され、ファンの耳に届けられているという。

 50代になってからYouTubeでの配信を始めたという奥田。清塚からなぜ今YouTubeの世界に飛び込んだのかと聞かれると、「YouTubeを見るとそのスピード早いというが一番すごいところだと思うので、それができないかなと思って」と同メディアの持つ即時性に惹かれたと告白。

 しかし、YouTubeについて「甘く考えていた」とも。「割と見てくれたら収入があるんじゃないかと。これだけYouTuberっていうのが世の中にいるんだから。全然ないですね」と苦笑いし、「再生回数がすさまじくないとそれで飯が食えないですよね。実際やってみてわかりましたけど、僕程度の再生回数では収入はないです」と活動の難しさを吐露した。

 また、定額制や無料で音楽が聴けるようになっている現状に嫌悪感はないかと問われると、「CDはなくなるでしょうね。ゼロになるんじゃないかって僕は勝手に思っています」とキッパリ。続けて、「確かにタダで聴かれると儲からないので、Tシャツなどのグッズを売ったり、ライブを開催したりするしかないんですよ。そうやって考えるしかないんですよ」と時代の変化に柔軟に対応する姿勢を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!