吉高由里子の記事一覧

(73件)

吉高由里子の記事一覧です

吉高由里子が見つけた「何のために働くのか」の答え 『わたし、定時で帰ります。』撮影を終えて

吉高由里子が見つけた「何のために働くのか」の答え 『わたし、定時で帰ります。』撮影を終えて

『わたし、定時で帰ります。』撮影終了 吉高由里子「皆さんと一緒に4カ月間過ごせて幸せでした」

『わたし、定時で帰ります。』撮影終了 吉高由里子「皆さんと一緒に4カ月間過ごせて幸せでした」

中丸雄一と向井理の異なる仕事観 『わたし、定時で帰ります。』は変わり続ける時代の美徳を描く

中丸雄一と向井理の異なる仕事観 『わたし、定時で帰ります。』は変わり続ける時代の美徳を描く

TKO 木下隆行『わたし、定時で帰ります。』出演 「吉高さんがいつも温かく僕をいじってくださる」

TKO 木下隆行『わたし、定時で帰ります。』出演 「吉高さんがいつも温かく僕をいじってくださる」

『わたし、定時で帰ります。』“バランサー型”ヒロイン像が新鮮! 従来のお仕事ドラマとの違い

『わたし、定時で帰ります。』“バランサー型”ヒロイン像が新鮮! 従来のお仕事ドラマとの違い

『わた定』は多様化する幸せの形を探る “ハッピーエンド”とは異なる方法で描く、人々の変化

『わた定』は多様化する幸せの形を探る “ハッピーエンド”とは異なる方法で描く、人々の変化

清水くるみ、『わたし、定時で帰ります。』に出演 中丸雄一のSNSに登場した謎の女性役に

清水くるみ、『わたし、定時で帰ります。』に出演 中丸雄一のSNSに登場した謎の女性役に

『わたし、定時で帰ります。』“新人時代”だからこそできることがある 双方向的に学びを得る姿勢

『わたし、定時で帰ります。』“新人時代”だからこそできることがある 双方向的に学びを得る姿勢

『わた定』を見て「働き方改革」について考える 向井理と中丸雄一、正反対の男性が描かれる意図

『わた定』を見て「働き方改革」について考える 向井理と中丸雄一、正反対の男性が描かれる意図

吉高由里子が語る、30代になってからの“働く喜び” 「人間としての醍醐味を感じられる」

吉高由里子が語る、30代になってからの“働く喜び” 「人間としての醍醐味を感じられる」

我が家 坪倉由幸、『わたし、定時で帰ります。』で内田有紀の夫役に 「ドキドキしています」

我が家 坪倉由幸、『わたし、定時で帰ります。』で内田有紀の夫役に 「ドキドキしています」

『わたし、定時で帰ります。』吉高由里子×向井理×ユースケ・サンタマリアが語る仕事観

『わたし、定時で帰ります。』吉高由里子×向井理×ユースケ・サンタマリアが語る仕事観

現代を生きる私たちは何を直視すべきか? 『検察側の罪人』が投げかけた問いを考える

現代を生きる私たちは何を直視すべきか? 『検察側の罪人』が投げかけた問いを考える

木村拓哉と二宮和也の組み合わせを楽しむだけではない 『検察側の罪人』の“異様さ”を解説

木村拓哉と二宮和也の組み合わせを楽しむだけではない 『検察側の罪人』の“異様さ”を解説

なぜ私たちは“木村拓哉”を求め続けてしまうのか 『検察側の罪人』最上役の生々しさを紐解く

なぜ私たちは“木村拓哉”を求め続けてしまうのか 『検察側の罪人』最上役の生々しさを紐解く

二宮和也、『検察側の罪人』で感情を爆発 『ブラックペアン』に重なる迫力の演技に注目

二宮和也、『検察側の罪人』で感情を爆発 『ブラックペアン』に重なる迫力の演技に注目

木村拓哉と二宮和也、アプローチの異なる名演! 『検察側の罪人』が必見作である理由

木村拓哉と二宮和也、アプローチの異なる名演! 『検察側の罪人』が必見作である理由

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版