『アンナチュラル』メンバー再結集に歓喜の声

『ラストマイル』で石原さとみら6年ぶりに再結集! 『アンナチュラル』が愛される理由とは

満島ひかりが主演を務め、岡田将生との共演で2024年夏に公開されるオリジナル映画『ラストマイル』に、ドラマ『アンナチュラル』(T…

石原さとみが同性から支持される理由

石原さとみの出演するドラマにハズレなし! “あざとかわいい”のに同性から支持される理由

石原さとみが主演を務め、亀梨和也と共演を果たすドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)が4月9日よりスタートとなる。  202…

安田顕が演じる“おじさん”はなぜ魅力的?

安田顕、“おじさん請負人”としての華麗な仕事ぶり 長年のキャリアで築いた芝居の引き出し

世の中には、色んなタイプの“おじさん”がいる。頑固で少し面倒臭いおじさん、ダンディでカッコいいおじさん、お茶目でみんなに癒しを与…

『厨房のありす』2つの事件の真相が明らかに

『厨房のありす』2つの事件の真相が明らかに ありすと倖生を包む優しさに見えた“希望”

五條製薬で25年前に起きた火事と、9年前の横領事件の真相と向き合う決心を決めたありす(門脇麦)と倖生(永瀬廉)は、五條製薬の創立…

『厨房のありす』ありすと倖生が“恋人”に

『厨房のありす』“ありす”門脇麦と“倖生”永瀬廉が“恋人”に 蒔子が明かした衝撃の事実

「もう隠し通せない。横領のことも。火事のことも」と、心護(大森南朋)と誠士(萩原聖人)が話していたことを百花(大友花恋)から聞か…

『大奥』宮舘涼太が見せた2つの顔

『大奥』“定信”宮舘涼太が見せた2つの顔 “お知保”森川葵は苦しみからようやく解放される

人を人とも思わぬ冷酷な表情と、貧しい子供たちに向ける慈愛に満ちた微笑み。どちらが彼の本当の顔なのだろう。『大奥』(フジテレビ系)…

『厨房のありす』晃生の死の真相が明らかに

『厨房のありす』晃生の死の真相と思いが明らかに 怪しすぎる“真犯人候補”誠士と蒔子夫婦

倖生(永瀬廉)の父・晃生(竹財輝之助)は、なぜ自ら命を絶ったのか。『厨房のありす』(日本テレビ系)第8話では、晃生の死の真相とそ…

『さよならマエストロ』指揮者は中間管理職?

『さよならマエストロ』指揮者=中間管理職? 『のだめ』『リバオケ』との巧みな差別化

どんなジャンルや題材のドラマにも、誰もが思い浮かべる“◯◯といえば”な名作が存在する。例を挙げるとするなら、学園ドラマといえば『…

『大奥』世継ぎ争いに一旦のピリオド

『大奥』世継ぎ争いにピリオド 小芝風花、西野七瀬、森川葵が見せた三者三様の母の顔

神様は倫子(小芝風花)にどれだけ試練を与えるのだろう。親友のような存在であった付き人のお品(西野七瀬)が愛する家治(亀梨和也)の…

金子大地の芝居は“余韻”を残す

『ユーミンストーリーズ』『おっさんずラブ』『鎌倉殿』 金子大地の芝居は“余韻”を残す

世代を超えて愛される“ユーミン”こと、松任谷由実の楽曲から着想を得た短編小説がドラマ化。夜ドラ『ユーミンストーリーズ』(NHK総…

『おっさんずラブ』春田&牧よ永遠に!

『おっさんずラブ』よ永遠に! 続編で深まった“大切な人を大切にすること”の意味

「もっと生きて、はるたんと牧の幸せをそばでずっと見ていたいよー!」  黒澤(吉田鋼太郎)の切実な願いは、この作品を愛する私たち…

『大奥』家治とお品に迫られた選択

『大奥』“家治”亀梨和也と“お品”西野七瀬に迫られた選択 “倫子”小芝風花がどん底状態に

愛する者と陽の下で身を寄せ合い、夢を語らう。お品(西野七瀬)にとって、その幸せは決して手に入らぬものだった。  『大奥』(…

藤原大祐の“油断ができない”存在感

藤原大祐、“油断ができない”存在感でスター街道へ 『リビングの松永さん』もハマり役に

岩下慶子原作のドラマ『リビングの松永さん』(カンテレ・フジテレビ系)では、ピュアで健気な女子高生の“ミーコ”こと園田美己(髙橋ひ…