“普通の人”を演じさせれば天下一品 重岡大毅が醸し出す悲哀とおかしみ

“普通の人”を演じさせれば天下一品 重岡大毅が醸し出す悲哀とおかしみ

「ママは死んじゃった。もう会えない。寂しいよな。パパも寂しい。陽(はる)、寂しいときはね、一緒に……一緒に泣こう」  文字に起…

『おかえりモネ』が描き出すそれぞれの“傷” 朝ドラが向き合ってきた「震災をどう扱うか」

『おかえりモネ』が描き出すそれぞれの“傷” 朝ドラが向き合ってきた「震災をどう扱うか」

多くのエンターテインメント作品がそうであるように、ここ10年の朝ドラは「震災をどう扱うか」という課題と向き合う必要があったように…

『おちょやん』が伝えた“今ある人生”の尊さ ブレることなく貫かれた“普通”の理念

『おちょやん』が伝えた“今ある人生”の尊さ ブレることなく貫かれた“普通”の理念

「もしあのまま私ら一緒にいてたら、どないな人生があったんやろか」 「そないなこと、考えてもしゃあないがな」 「そうですな。今…

『#リモラブ』が考察するそれぞれの“ディスタンス” 顔の見えないやりとりの先に何がある?

『#リモラブ』が考察するそれぞれの“ディスタンス” 顔の見えないやりとりの先に何がある?

人間関係の失敗はたいてい「距離感の失敗」で生まれると言ってもいい。『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系)を観ていると…

『親バカ青春白書』はまさに令和時代のホームコメディ “懐かしさ”と“今どきっぽさ”の共存

『親バカ青春白書』はまさに令和時代のホームコメディ “懐かしさ”と“今どきっぽさ”の共存

毎週日曜日、脱力系の笑いでお茶の間をほっこりさせてきた『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が今夜、最終回を迎える。福田雄一が監督と…