ブック最新記事

『2.5次元文化論』須川亜紀子に訊く、“2.5次元”の可能性 「聖地を訪れたとき、我々は現実と虚構の世界を観ている」

『2.5次元文化論』須川亜紀子に訊く、“2.5次元”の可能性 「聖地を訪れたとき、我々は現実と虚構の世界を観ている」

2.5次元ーー二次元と三次元の間に潜むものはなにか? そんな問いかけを続ける研究者がいる。このほど『2.5次元文化論 舞台・キャ…

後藤護の「マンガとゴシック」第1回:楳図かずおのゴシック・マンガ――「赤んぼう少女」から「まことちゃんハウス」まで

後藤護の「マンガとゴシック」第1回:楳図かずおのゴシック・マンガ――「赤んぼう少女」から「まことちゃんハウス」まで

ゴシック的筆法の二大スタイル――「恐怖マンガ」と「怪奇マンガ」  日本のマンガを「ゴシック」という高性能な美学的レ…

【漫画】真面目な父が突然「忍者になる」と言い出したら……? 予想外のラストシーンに思わずほっこり

【漫画】真面目な父が突然「忍者になる」と言い出したら……? 予想外のラストシーンに思わずほっこり

「父さん 忍者になる事にしたんだ」  そんな突飛なセリフから始まる創作マンガ『父が忍者になった話』。ギャグテイストな出…

『天使なんかじゃない』『君に届け』の共通点は? 時代を超えて愛される学園恋愛マンガの主人公

『天使なんかじゃない』『君に届け』の共通点は? 時代を超えて愛される学園恋愛マンガの主人公

これまでに多くの高校、学園を舞台とした作品が生まれてきた。幼いころは「高校生になったらこんな学生生活が待っているのか」と胸をとき…

恩田陸が明かす、17年ぶり“理瀬シリーズ”の創作秘話 「どのようにオチをつけるかは最初に決めていません」

恩田陸が明かす、17年ぶり“理瀬シリーズ”の創作秘話 「どのようにオチをつけるかは最初に決めていません」

『六番目の小夜子』(1992年)でデビューした恩田陸は、本年で作家活動30周年を迎えた。ホラーやミステリ、ファンタジーやSF、青…