U2の記事一覧

(10件)

ロックとは? バンドとは? ——常にシリアスな問題提起を掲げ、音楽的冒険を繰り返しながらも、圧倒的にユニヴァーサルな成功を獲得した奇跡のグループ、U2。ボノ(vo)、エッジ(g)、アダム・クレイトン(b)、ラリー・ミューレン(dr)という鉄壁の布陣から成る。
76年にアイルランドはダブリンで結成。80年、『ボーイ』にてシーンに登場する。パンク/ニューウェイヴの息吹を十分に吸い込んだ煽動的かつストイックなサウンドを展開。そして、「ブラッディ・サンデー」「ニュー・イヤーズ・デイ」など、彼らの代表曲を収録した83年の衝撃作『WAR(闘)』にて爆発的支持を獲得していく。ここで聴ける、エッジ特有のディレイ・エフェクターを多用した硬質で切れのいいギター・プレイはロック史における一つのハイ・ライトと言えよう。
イギリス/アイルランドを代表するグループとなった彼らは、84年の『焔(ほのお)』にて大胆な音楽性のシフト・チェンジを計る。プロデューサーにブライアン・イーノ、ダニエル・ラノアを招聘し、ロックンロールの聖地アメリカ南部へのオマージュ的要素が色濃いサウンドに挑戦した。ブルース/カントリー/R&R……の要素がU2という名のメルティング・ポットのなかで溶け合い、従来のそれとはまったく異質な感触のロックのニュー・スタンダードを生みだしたのだ。そして、前作のルーツ探求の流れを発展/普遍化させた87年の『ヨシュア・トゥリー』のメガ・セールスで全世界のロック・シーンの頂点に登りつめたのであった。
その後も、グレイテスト・ロック・バンドの座に安住することなく大胆な変化を遂げていく彼ら。まず、91年にエレクトロニック・エレメントをふんだんに取り入れた『アクトン・ベイビー』を発表し、新境地へと突入。93年には、ロック・スターU2をあざ笑うかのごとく自嘲的なテイストに覆われた『ZOOROPPA』にてエレクトロニカ路線を強化。その反面、U2節ともいえる真摯でエモーショナルな風情は大幅に後退し、往年のファンを困惑させたのであった。がしかし、97年の『ポップ』にて、『アクトン・ベイビー』より続く新たなるチャレンジは一定の成果をあげた。大ヒット・ナンバー「ディスコティック」が象徴するように、エレクトロニカなフレイヴァーを全面に出しつつも、結果としては大衆的な味わいのポップ・フィールドにソフト・ランディング。"先鋭性"と"U2らしさ"が同居した傑作といえるであろう。
こうして、20年近くに渡り"ロック探求の旅"を続けてきた彼らは、00年に『ヨシュア・トゥリー』の匂い漂う原点回帰的色合いの濃い『オール・ザット・ユー・キャント・オール・ビハインド』を発表。声/ギター/ベース/ドラム、すなわち"うたとバンド演奏"が生み出すロック的ダイナミズムを再確認したのであった。……実に感動的なアルバムである。

U2、『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』で13年ぶり来日公演開催へ

U2、『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』で13年ぶり来日公演開催へ

ケンドリック・ラマー、Haim、The Chainsmokersも参加 U2最新作を“いま”聴くべき理由

ケンドリック・ラマー、Haim、The Chainsmokersも参加 U2最新作を“いま”聴くべき理由

U2が『Songs Of Experience』に込めたメッセージーー歌詞やライナーから小野島大が紐解く

U2が『Songs Of Experience』に込めたメッセージーー歌詞やライナーから小野島大が紐解く

フェンダーはなぜ日本法人を設立したのか? 山野楽器との契約終了への懸念と期待

フェンダーはなぜ日本法人を設立したのか? 山野楽器との契約終了への懸念と期待

嵐、66万枚突破で圧倒的首位の背景 “横綱相撲”に終わらない攻めの一手とは?

嵐、66万枚突破で圧倒的首位の背景 “横綱相撲”に終わらない攻めの一手とは?

X JAPANはU2よりも27年早かった!? 市川哲史が明かす、無料配信にまつわる秘蔵エピソード

X JAPANはU2よりも27年早かった!? 市川哲史が明かす、無料配信にまつわる秘蔵エピソード

無料配信で波紋を呼ぶU2の新作、肝心の内容は? サウンドと歌詞の変化を分析

無料配信で波紋を呼ぶU2の新作、肝心の内容は? サウンドと歌詞の変化を分析

iPhone6発表と同時にU2の新アルバム無料配信 バンドとAppleの狙いとは?

iPhone6発表と同時にU2の新アルバム無料配信 バンドとAppleの狙いとは?

U2とライブ・ネイション契約締結が意味するもの 音楽ビジネスの主舞台は「興行」へ

U2とライブ・ネイション契約締結が意味するもの 音楽ビジネスの主舞台は「興行」へ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版