筋肉少女帯の記事一覧

(11件)

大槻ケンヂ(vo)のサブ・カルチャー全般へのオマージュが、ハード・ロック/ハードコア・パンク/ミクスチャーをベースとした轟音へヴィ・サウンドのなかで大爆発。——日本ミュージック・シーンにおける最強かつ最高の異端バンド、それが筋肉少女帯なのだ。その歴史は意外と古く、82年に大槻と竹馬の友・内田雄一郎(b)にて結成。有頂天のケラ主宰のナゴム・レーベルより、85年に「とろろの脳髄伝説」を発表。ナゴムのレーベル・カラーゆえか、当時はキワモノ的お笑いバンドといった風情もあったが、石野卓球(電気グルーヴ)率いる「人生」と共に、いわゆるナゴム・ギャルから熱狂的な人気を博していた。数々のメンバー・チェンジを経て音楽的素養を向上させていった彼らは、88年、シングル「仏陀L」にてメジャー・デビュー。その後、日本のインド・高円寺讃歌ともとれる「日本印度化計画」、失恋男の悲哀を高木ブーに喩えた「高木ブー伝説」が話題となり、徐々に知名度を上げていく。また、90年に発表されたアルバム『サーカス団パノラマ島へ帰る』は、江戸川乱歩的なオドロオドロしい詞世界とハイ・テンションなサウンドが拮抗した90'sジャパニーズ・ロックを代表する1枚といえる。唯一無比の独自性を獲得した彼らはその後、『月光蟲』、『断罪!断罪!また断罪!!』といった「名作にして問題作」を生み出した。——残念ながら、99年に解散。

大槻ケンヂが吉田豪の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に登場 番組初となる男性ゲストに

大槻ケンヂが吉田豪の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に登場 番組初となる男性ゲストに

橘高文彦が語る、32年の音楽人生で得た知恵と覚悟「HR/HMを貫いてきたことに誇りを感じる」

橘高文彦が語る、32年の音楽人生で得た知恵と覚悟「HR/HMを貫いてきたことに誇りを感じる」

見事なまでに〈100%筋少〉ーー市川哲史が筋肉少女帯『おまけのいちにち(闘いの日々)』を聴く

見事なまでに〈100%筋少〉ーー市川哲史が筋肉少女帯『おまけのいちにち(闘いの日々)』を聴く

結成から33年ーー筋肉少女帯・大槻ケンヂが語る“異能のヴォーカル”の矜持と、バンドの現在地

結成から33年ーー筋肉少女帯・大槻ケンヂが語る“異能のヴォーカル”の矜持と、バンドの現在地

『WORLD HAPPINESS』第2弾出演者とメインビジュアル発表 野宮真貴、スチャ、筋少ら追加に

『WORLD HAPPINESS』第2弾出演者とメインビジュアル発表 野宮真貴、スチャ、筋少ら追加に

音楽における「サブカル」とは? 円堂都司昭が戦後カルチャー史から紐解く

音楽における「サブカル」とは? 円堂都司昭が戦後カルチャー史から紐解く

筋肉少女帯、新アルバムでももクロ「労働賛歌」カバー 秋には東名阪巡るライブツアーも

筋肉少女帯、新アルバムでももクロ「労働賛歌」カバー 秋には東名阪巡るライブツアーも

どちらも「息抜き」ではなく「本気」? 複数バンドで活躍するボーカリスト特集

どちらも「息抜き」ではなく「本気」? 複数バンドで活躍するボーカリスト特集

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版