宗像明将の記事一覧

(121件)

AKB48『Teacher Teacher』が映す“現在のJ-POP” 作家陣とサウンドから分析

AKB48『Teacher Teacher』が映す“現在のJ-POP” 作家陣とサウンドから分析

THE BEATNIKSが貫き続ける“美学” 7年ぶりのワンマン公演レポート

THE BEATNIKSが貫き続ける“美学” 7年ぶりのワンマン公演レポート

GLIM SPANKYの音楽にある“ポピュラーミュージックの核心” 武道館公演を体感して気づいたこと

GLIM SPANKYの音楽にある“ポピュラーミュージックの核心” 武道館公演を体感して気づいたこと

三宅彰×加茂啓太郎対談 2人が考える“音楽プロデューサーの役割”

三宅彰×加茂啓太郎対談 2人が考える“音楽プロデューサーの役割”

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

妄想キャリブレーション、東京公演で見せた“47都道府県ツアー”の意義

妄想キャリブレーション、東京公演で見せた“47都道府県ツアー”の意義

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

欅坂46、なぜ「ガラスを割れ!」が表題曲に? 収録曲に共通するイメージに迫る

欅坂46、なぜ「ガラスを割れ!」が表題曲に? 収録曲に共通するイメージに迫る

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

RYUJI IMAICHI、堂々たるR&B路線へーーソロ第一弾「ONE DAY」の音楽性を読む

RYUJI IMAICHI、堂々たるR&B路線へーーソロ第一弾「ONE DAY」の音楽性を読む

Task have Fun、フィロソフィーのダンス、sora tob sakana……2018年期待のインディーズアイドルは?

Task have Fun、フィロソフィーのダンス、sora tob sakana……2018年期待のインディーズアイドルは?

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

バンドじゃないもん!「歌うMUSIC」に詰まった歴史 日本青年館公演を終え次なるステージへ

バンドじゃないもん!「歌うMUSIC」に詰まった歴史 日本青年館公演を終え次なるステージへ

新しい地図、配信楽曲「72」の音楽的特徴は? 小西康陽の手腕が光るサウンドや歌詞に注目

新しい地図、配信楽曲「72」の音楽的特徴は? 小西康陽の手腕が光るサウンドや歌詞に注目

矢野顕子の弾き語りは自由で圧倒的だった 『さとがえる/ ひきがたるツアー』東京公演レポ

矢野顕子の弾き語りは自由で圧倒的だった 『さとがえる/ ひきがたるツアー』東京公演レポ

A.B.C-Z、年末を飾る新シングルの聴きどころは? 豪華作家陣によるサウンドと歌詞から考察

A.B.C-Z、年末を飾る新シングルの聴きどころは? 豪華作家陣によるサウンドと歌詞から考察

矢野顕子にとって弾き語りはライフワークだーー宗像明将『Soft Landing』詳細レビュー

矢野顕子にとって弾き語りはライフワークだーー宗像明将『Soft Landing』詳細レビュー

ゆるめるモ!は結成5年を経てどこへ向かう? プロデューサー田家大知に改めて訊く

ゆるめるモ!は結成5年を経てどこへ向かう? プロデューサー田家大知に改めて訊く

UNISON SQUARE GARDENが追求する、3ピースバンドの可能性ーー最新曲から考察

UNISON SQUARE GARDENが追求する、3ピースバンドの可能性ーー最新曲から考察

BOYS AND MENが伝える、歌謡曲とJ-POPの素晴らしさ エンタメ集団としてさらなる高みへ

BOYS AND MENが伝える、歌謡曲とJ-POPの素晴らしさ エンタメ集団としてさらなる高みへ

嵐が示した“アルバム”というフォーマットの可能性 宗像明将の『「untitled」』評

嵐が示した“アルバム”というフォーマットの可能性 宗像明将の『「untitled」』評

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

世良公則が体現する日本語ロックの“もうひとつの歴史” デビュー40周年記念アルバムを読み解く

世良公則が体現する日本語ロックの“もうひとつの歴史” デビュー40周年記念アルバムを読み解く

アカシックが2ndアルバムで確立した、バンドの個性と通底するポップセンス 「メロディは大衆向きに作ってる」

アカシックが2ndアルバムで確立した、バンドの個性と通底するポップセンス 「メロディは大衆向きに作ってる」

Happinessは“最高”の新作でJ-POPを更新する Ava1ancheら迎えた『GOLD』収録曲を聴く

Happinessは“最高”の新作でJ-POPを更新する Ava1ancheら迎えた『GOLD』収録曲を聴く

Dorothy Little Happy“5人再集結”に見た、圧倒的なエンタメ性とショービズの怖ろしさ

Dorothy Little Happy“5人再集結”に見た、圧倒的なエンタメ性とショービズの怖ろしさ

Flower、歌とダンス意識した「たいようの哀悼歌」で初の首位獲得 同曲が引き出したグループの魅力

Flower、歌とダンス意識した「たいようの哀悼歌」で初の首位獲得 同曲が引き出したグループの魅力

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版