宗像明将の記事一覧

(136件)

乃木坂46、『帰り道は遠回りしたくなる』で首位獲得の歴史を更新 収録曲からポイントを考察

乃木坂46、『帰り道は遠回りしたくなる』で首位獲得の歴史を更新 収録曲からポイントを考察

スカート 澤部渡、“変わらないこと”でポップミュージックに注ぐ熱意「楽しみ方の提案はしたい」

スカート 澤部渡、“変わらないこと”でポップミュージックに注ぐ熱意「楽しみ方の提案はしたい」

ラストアイドル、参加プロデューサー陣が手腕を発揮 4thシングルの音楽的な振り幅に注目

ラストアイドル、参加プロデューサー陣が手腕を発揮 4thシングルの音楽的な振り幅に注目

NMB48 山本彩の卒業シングル『僕だって泣いちゃうよ』は“功労者”の門出にふさわしい作品に

NMB48 山本彩の卒業シングル『僕だって泣いちゃうよ』は“功労者”の門出にふさわしい作品に

AKB48、『センチメンタルトレイン』で“アイドルの不在”をどう昇華した? MVと楽曲から考える

AKB48、『センチメンタルトレイン』で“アイドルの不在”をどう昇華した? MVと楽曲から考える

はちみつロケット、培ってきたポテンシャルを堂々と見せつけた1stワンマンライブ

はちみつロケット、培ってきたポテンシャルを堂々と見せつけた1stワンマンライブ

堂本剛ソロプロジェクト ENDRECHERI、最新チャート1位獲得の痛快さ ファンクなサウンドを分析

堂本剛ソロプロジェクト ENDRECHERI、最新チャート1位獲得の痛快さ ファンクなサウンドを分析

ハナレグミがハナレグミたるゆえんーーボーカリストとしての存在感示した『ツアー ど真ん中』千秋楽

ハナレグミがハナレグミたるゆえんーーボーカリストとしての存在感示した『ツアー ど真ん中』千秋楽

登坂広臣が語る、ソロ活動で目指すビジョン「USのトレンドをオンタイムで表現したい」

登坂広臣が語る、ソロ活動で目指すビジョン「USのトレンドをオンタイムで表現したい」

BanG Dream!発ユニット Roselia、『R』は“大衆性”満たす作品に 収録曲の聴きどころを分析

BanG Dream!発ユニット Roselia、『R』は“大衆性”満たす作品に 収録曲の聴きどころを分析

崎山蒼志が生み出す、他の何者にも似ていない音楽 宗像明将の『夏至 / 五月雨』評

崎山蒼志が生み出す、他の何者にも似ていない音楽 宗像明将の『夏至 / 五月雨』評

GOMES THE HITMAN 山田稔明が明かす、結成25年の歴史と再始動に至った背景

GOMES THE HITMAN 山田稔明が明かす、結成25年の歴史と再始動に至った背景

“原宿系”アイドル 天晴れ!原宿が初チャートイン 新作は若年層ファンのトレンドを知る指針の一つに

“原宿系”アイドル 天晴れ!原宿が初チャートイン 新作は若年層ファンのトレンドを知る指針の一つに

callme、“楽曲派”アイドルが打ち出す良質な音楽 サブスク時代にふさわしい新アルバムを解説

callme、“楽曲派”アイドルが打ち出す良質な音楽 サブスク時代にふさわしい新アルバムを解説

フィロソフィーのダンス、生バンド編成ライブで到達した“新しい次元”

フィロソフィーのダンス、生バンド編成ライブで到達した“新しい次元”

AKB48『Teacher Teacher』が映す“現在のJ-POP” 作家陣とサウンドから分析

AKB48『Teacher Teacher』が映す“現在のJ-POP” 作家陣とサウンドから分析

THE BEATNIKSが貫き続ける“美学” 7年ぶりのワンマン公演レポート

THE BEATNIKSが貫き続ける“美学” 7年ぶりのワンマン公演レポート

GLIM SPANKYの音楽にある“ポピュラーミュージックの核心” 武道館公演を体感して気づいたこと

GLIM SPANKYの音楽にある“ポピュラーミュージックの核心” 武道館公演を体感して気づいたこと

三宅彰×加茂啓太郎対談 2人が考える“音楽プロデューサーの役割”

三宅彰×加茂啓太郎対談 2人が考える“音楽プロデューサーの役割”

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

妄想キャリブレーション、東京公演で見せた“47都道府県ツアー”の意義

妄想キャリブレーション、東京公演で見せた“47都道府県ツアー”の意義

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

欅坂46、なぜ「ガラスを割れ!」が表題曲に? 収録曲に共通するイメージに迫る

欅坂46、なぜ「ガラスを割れ!」が表題曲に? 収録曲に共通するイメージに迫る

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

RYUJI IMAICHI、堂々たるR&B路線へーーソロ第一弾「ONE DAY」の音楽性を読む

RYUJI IMAICHI、堂々たるR&B路線へーーソロ第一弾「ONE DAY」の音楽性を読む

Task have Fun、フィロソフィーのダンス、sora tob sakana……2018年期待のインディーズアイドルは?

Task have Fun、フィロソフィーのダンス、sora tob sakana……2018年期待のインディーズアイドルは?

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

欅坂46、BiSH、エビ中……『アイドル楽曲大賞』はメジャーアイドルシーンの何を写したか?

欅坂46、BiSH、エビ中……『アイドル楽曲大賞』はメジャーアイドルシーンの何を写したか?

バンドじゃないもん!「歌うMUSIC」に詰まった歴史 日本青年館公演を終え次なるステージへ

バンドじゃないもん!「歌うMUSIC」に詰まった歴史 日本青年館公演を終え次なるステージへ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版