さだまさしの記事一覧

(15件)

長崎が生んだ至宝、もしくは和製ニール・ヤングこと、さだまさし。あのノスタルジーを過剰に増幅させる孤高の美声は、聴くものに有無を言わせぬ圧倒的な存在感を与える。そして日本情緒と普遍性を極めた数々の名曲は、我々の脳裏から決して離れることはないだろう。グレープ時代の「精霊流し」(74年)、愛情とペーソスに満ちた「関白宣言」(79年)、ハンカチなしでは聴けない「親父の一番長い日」(79年)、田中邦衛を思い出す「北の国から」(82年)……などなど。誰が何を言おうと、もの凄く良い。

『MUSIC FAIR』2800回記念番組4週に渡り放送 加山雄三からももクロまで全14組34名が登場

『MUSIC FAIR』2800回記念番組4週に渡り放送 加山雄三からももクロまで全14組34名が登場

『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)が、全14組34名のアーティストが参加した公開収録の模様を3月7日、14日、21日、28…