> インタビュー

インタビューの記事一覧

(502件)

監督やディレクター、アクターを対象に、作品の意図や背景について詳しくインタビュー

一度却下された企画が実現? 『絶対零度』プロデューサーが明かす、シリーズ3作目の誕生秘話

一度却下された企画が実現? 『絶対零度』プロデューサーが明かす、シリーズ3作目の誕生秘話

『半分、青い。』衣装担当が明かす、鈴愛が“ボーダー柄”の理由 「着こなし過ぎない部分も大事」

『半分、青い。』衣装担当が明かす、鈴愛が“ボーダー柄”の理由 「着こなし過ぎない部分も大事」

板野友美が語る、『イマジネーションゲーム』が描く女性の幸せ 「私は自分らしく生きていきたい」

板野友美が語る、『イマジネーションゲーム』が描く女性の幸せ 「私は自分らしく生きていきたい」

安藤政信が語る、メジャー作品にもインディーズ作品にも出る理由 「振り幅として考えると面白い」

安藤政信が語る、メジャー作品にもインディーズ作品にも出る理由 「振り幅として考えると面白い」

沢村一樹が語る『絶対零度』“ミハン”のチームワーク 「AIでは読めない、新しい結束が生まれた」

沢村一樹が語る『絶対零度』“ミハン”のチームワーク 「AIでは読めない、新しい結束が生まれた」

“ミニシアターシネコン”はビジネスとして成立する UPLINK代表・浅井隆が語る、UPLINK吉祥寺の狙い

“ミニシアターシネコン”はビジネスとして成立する UPLINK代表・浅井隆が語る、UPLINK吉祥寺の狙い

広瀬アリスが語る、女優としてのスタンス 「イメージを崩して、壊して、作り上げての繰り返し」

広瀬アリスが語る、女優としてのスタンス 「イメージを崩して、壊して、作り上げての繰り返し」

南沙良×蒔田彩珠『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』対談 「2人なら大丈夫だと思っていた」

南沙良×蒔田彩珠『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』対談 「2人なら大丈夫だと思っていた」

峯田和伸が語る、音楽と役作りの密接な関係 「『高嶺の花』直人が目指すのはエルヴィス」

峯田和伸が語る、音楽と役作りの密接な関係 「『高嶺の花』直人が目指すのはエルヴィス」

ドレスコーズ 志磨遼平、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』を語る 「世界中でずっと愛される理由がわかる」

ドレスコーズ 志磨遼平、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』を語る 「世界中でずっと愛される理由がわかる」

池松壮亮×松居大悟監督『君が君で君だ』対談 気鋭の俳優と監督が追いかけた尾崎豊の姿

池松壮亮×松居大悟監督『君が君で君だ』対談 気鋭の俳優と監督が追いかけた尾崎豊の姿

オダギリジョーが語る、“少し異質”な演技論 「『役になりきる』という言葉は大きな勘違い」

オダギリジョーが語る、“少し異質”な演技論 「『役になりきる』という言葉は大きな勘違い」

新鋭フランス女性監督がバイオレンス描写に込めた美意識 『REVENGE リベンジ』インタビュー

新鋭フランス女性監督がバイオレンス描写に込めた美意識 『REVENGE リベンジ』インタビュー

「観客をいきなり1973年に連れて行きたかった」 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』監督インタビュー

「観客をいきなり1973年に連れて行きたかった」 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』監督インタビュー

『ハン・ソロ』ロン・ハワード監督が語る、監督交代劇の裏側と興行不振に対する赤裸々な思い

『ハン・ソロ』ロン・ハワード監督が語る、監督交代劇の裏側と興行不振に対する赤裸々な思い

小澤雄太×森田桐矢×八神蓮が語る、古典エンタテイメント舞台『暁の帝~壬申の乱編~』への意気込み

小澤雄太×森田桐矢×八神蓮が語る、古典エンタテイメント舞台『暁の帝~壬申の乱編~』への意気込み

玉城ティナ×小関裕太×佐藤寛太×金子大地が語り合う、『わたしに××しなさい!』の“ドキドキ”

玉城ティナ×小関裕太×佐藤寛太×金子大地が語り合う、『わたしに××しなさい!』の“ドキドキ”

『天命の城』ファン・ドンヒョク監督が語る、時代劇制作への葛藤 「自由がないともどかしく感じていた」

『天命の城』ファン・ドンヒョク監督が語る、時代劇制作への葛藤 「自由がないともどかしく感じていた」

柾木玲弥が語る、一つの役への捉え方の変化 「与えられる役割を見つけて、求められる俳優に」

柾木玲弥が語る、一つの役への捉え方の変化 「与えられる役割を見つけて、求められる俳優に」

志尊淳×浅香航大×小越勇輝×堀井新太が語る、『ドルメンX』が描く“芸能界のリアル”

志尊淳×浅香航大×小越勇輝×堀井新太が語る、『ドルメンX』が描く“芸能界のリアル”

中村倫也が語る、30代の役者としての人生観 「“まーくん”や“江口さん”とインプットされることが名誉」

中村倫也が語る、30代の役者としての人生観 「“まーくん”や“江口さん”とインプットされることが名誉」

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版